飯田市 旧山本中学校杵原校舎

ツアーバスは恵那峡山菜園を出発しまして、長野県飯田市にあります、旧山本中学校杵原校舎へ到着しました。
今回はミステリーツアーなので、予備知識無く訪れました。
直前まで行先が分からないというのも中々楽しいものですね。

convert_20180304103704.jpg

この杵原学校の木造校舎は、十数年前まで利用されていて、現在は国の登録有形文化財に指定されています。

convert_20180304103713.jpg

昭和24年に建てられた木造平屋建、切妻造、桟瓦葺の建物は、昭和中期の懐かしい学校校舎の姿を今も留めています。  

授業イベントがあるそうで、教室に入り、着席しました。
すると左の扉から、先生の登場。
皆の中から学級委員(仮)が決められ、その方の号令にて、起立、礼、着席となりました。

convert_20180304103723.jpg 
今回は音楽の授業です。
配られたカスタネットやトライアングル、鈴などを手にして、足踏みオルガンの伴奏の元、皆で合唱しました。
最初は小声でしたが、次第に大きな声となり、昔を思い出して元気良く合唱しましたよ。
小学生の頃を思い出しますね。
皆さま童心に戻られたようで、すごく楽しそうでした。

映画を撮影された縁で、山田洋次監督が名誉校長となっているそうです。

convert_20180304103733.jpg 
昭和の時代を感じさせる、とても懐かしい校舎でした。

convert_20180304103743.jpg 
水飲み場は、冬場は凍結の関係からか、使用禁止。

convert_20180304103753.jpg 
こけみんには懐かしい風景でしたが、今の時代も蛇口から水を飲んだりするのかしら。

地元の果物等が売られていました。

convert_20180304103803.jpg 
まるい大きな干し柿が売っていましたので、購入しました。
帰宅後食べたら、すごく甘くて美味しくて、びっくりしました。

校舎前には、立派な枝垂れ桜が植わっていました。

convert_20180304103813.jpg 
桜の時期にはおまつりも開催されるそうです。

convert_20180304103825.jpg 
懐かしく、美しい風景に癒されました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント