姫路市 姫路市立美術館「杉浦さやか・井上ミノル展」

先日、兵庫県姫路市にあります姫路市立美術館で開催されていました、「杉浦さやか・井上ミノル展」へ行ってきましたよ。

convert_20170902203734.jpg 
いただいたパンフレットには、
「イラストレーター、そしてイラストエッセイストとして活躍の杉浦さやかと井上ミノルの世界を大規模に紹介する展覧会。出品作品は、初期の原画から、本展のための書き下ろしまで、600点以上です。会場には、ふたりの作家がクリエイティブな視点から編み出した“暮らしを楽しむためのヒント”があふれています。日々の暮らしの中に意外なおもしろさや、愛着を見いだすことができれば、小さなしあわせがたくさん見つかることでしょう。想像力・創造力を味方につければ、暮らしに新しい豊かさが生まれることでしょう。
会場内には、小学生以下の子どもも参加できる創作コーナーや絵本コーナーを設置するほか、会期中には作家と触れ合えるイベントを多数行います。
小さな子どもと暮らす母親でもある杉浦さやかと井上ミノル。ふたりのプロデュースによるそれぞれの空間をお楽しみください。」
とありました。

会場内は女性がほとんどでした。
展覧会はとても見応えがあって楽しく、面白く、いくら時間があっても足りない位でした。
美しい原画に見蕩れてしまって暫く居座ってしまいました。

convert_20170902203754.jpg 
ただ、展示位置が高めに設定されていたのか、背が低いせいなのか、最後の方は首が疲れてしまいました。
車椅子の人は展示物が文字が見えないんじゃないかしら…。

この特別企画展はすごく充実した時間を過ごせましたが、常設展示は面白くありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント