GW

間も無くゴールデンウィークという黄金週間がやってくるわけですけれども、どこへも行かず寝て過ごす休日っていうのもアリですよね。

convert_20150304212158.jpg

ねえ、どうか、アリだとおっしゃって。
スポンサーサイト

名古屋ふらんす

ダックワーズで餅とクリームを挟んだ一品。
さっくりとした皮ともっちりとした中身との歯触りが楽しい美味しいお菓子でございました。

convert_20150315143645.jpg

最近食欲が抑え切れません。
こけみんの満腹中枢は故障しているようです。

叱られました。

ウエストがゴムのズボンを穿くんじゃない。
絶対に痩せない。

とのお言葉を、とある先生から頂戴いたしました。



こけみんのズボンは全てゴムです。
だからなのですね。

赤穂市 まほろば

毎週木曜日の正午、赤穂市役所の前に移動パン屋さんが来ると聞きまして、早速行ってきましたよ。
兵庫県三木市にあります、まほろば、という社会福祉法人がお作りになっているパンだそうです。

こけみん、汗を散らかしながら時間に間に合うように到着。
正午前でしたが、既にお客様がたくさんいらっしゃいました。

convert_20150427175502.jpg

写真では分かりませんが、トラックの片面が棚になっておりまして、色々なパンが並んでおり、ぞっくぞっくいたしましたよ。
あれも欲しい、これも欲しい…、
だけれども体重が…、
いやいや、こんな機会滅多にないのだから…、
等と葛藤しつつも、気になるものを選び抜いて購入いたしました。
ええ、これでも控えた方ですよ。
トレイにパンを山盛り乗せお会計を済ませて、恵比須顔で帰りました。

食パン、クロワッサン。

convert_20150427175519.jpg

食パンは酵母仕立てでして、トーストしていただきましたが、甘酒の風味といいますか、ふんわりと懐かしい香りとお味がいたしましたよ。
クロワッサンはさくさくでこれまた美味しかった。

パンプキンマフィン、アーモンドトースト、いちご大福、クリームパン。

convert_20150427175538.jpg

マフィンは優しいお味。
アーモンドトーストをトーストし直していただきましたが、これまた美味い。
いちご大福はふんわりパン生地の中にいちごやら餡が入っているという珍しい一品。
クリームパンは王道の美味さ。

嗚呼…どれも美味しかった。
ええ、全て自分用です。
二日と持ちませんでした。
もっと買うべきでした。

備前市 備前♡日生大橋

本日、岡山県備前市にあります、備前♡日生大橋を渡ってきましたよ。
備前♡日生大橋…という、まさかのハートが挟まった名前の橋は、2015年(平成27年)4月16日に開通したばかり。
この橋で、鹿久居島が本土と繋がったのでございます。
鹿久居島は既に頭島という島と繋がっておりましたので、これで一気に交通の便が良くなりました。
船を使わずとも気軽に頭島、鹿久居島に行く事が出来るようになりました。

国道250号から市立日生病院が見える道を曲がれば、島に続く橋が見える筈です。
そこからは一直線。
気持ちの良い景色が広がります。

convert_20150426203305.jpg

交通量は多く、観光目当ての車が大多数でした。
一気に交通量が増えて、島民の方は戸惑っているのではないでしょうか。

橋の中央付近には待避所がありまして、車をとめて景色を眺める事が出来ます。

convert_20150426203243.jpg

牡蠣のイカダがたくさん並んでいました。
壮観ですね。

convert_20150426203211.jpg

冬の時期、日生はカキオコ目当ての観光客の方で溢れ返ります。
次のシーズンは良い牡蠣がたくさんとれると良いですね。

鹿久居島は山ばかりで人がほとんど住んでいません。
観光施設もお店もないので車をそのまま走らせ、頭島への橋へ向かいました。
現時点ではドライブしか楽しめない状況です。

鹿久居島と頭島を繋ぐ橋を渡ります。

convert_20150426203340.jpg

こちらの橋は十年程前に完成したそうです。
立派な橋ですね。

頭島に入ると一気に道が狭くなります。
頭島の人口は400人弱とのこと。
ほとんどが漁業関係者なのでしょうか。
もしくはミカンが有名な島ですので、そちら関係の方も多いかも知れません。

convert_20150426203322.jpg

頭島には電気屋さん、ちっちゃい銀行もありました。
実際に営業していたのか分かりませんが、陸続きになりますと一気に生活が便利になるのでしょうね。
車を持っていれば、すぐに町に出られる。

convert_20150426203359.jpg

けれども、今まで活躍していた渡船は不要となって、運航自体なくなりそうですよね。
そういえば明石海峡を渡っていたフェリーも、今はもう運航していないような。

convert_20150426203422.jpg

飲食店、観光施設はありません。
日生まで戻りましょう。
これから隠れ家的お店等が出来るかもしれません。
車を使えば本当に気軽に行ける場所になりました。
良い方向に向かうと良いですね。

おつまみ。

こけみんはお酒が飲めない…というよりも、不味いと感じてしまいます。
美味しく飲めたら良いなあといつも思っているのですけれども。

convert_20150315143521.jpg

酔っ払ったこけみんは誰彼構わず絡みそうな気もするので、これで良いのかもとも思ってしまいます。

姫路市 姫路キヤッスルグランヴィリオホテル 華楽の湯

兵庫県姫路市にあります、姫路キヤッスルグランヴィリオホテルの華楽の湯へ行ってきましたよ。
2月にオープンした、日帰り温泉が楽しめる施設となっております。

ホームページの説明には、
「華楽の湯は、大小あわせて5種類のお風呂と、ikiサウナやオンドル、岩盤浴など、寛ぎと癒しを感じていただける温浴施設です。また、カラオケルームやリラックスコーナー、コミックコーナーも併設しておりますので、大人も子供も一日中退屈せずに楽しんでいただけます。」
とあります。

姫路駅からですと徒歩15分くらいかしら。
ホテルまで無料のシャトルバスが出ておりますので、時間が合えばそれに乗ってもよろしいかと思います。
車の方は無料で駐車場を使えますが、時間制限がありますので注意が必要でございます。

ということで、こけみんは駅から徒歩で参上仕りましたよ。

convert_20150322092516.jpg

気軽にホテルで温泉が楽しめるって良いですよね。
何かリッチな気分になれますし。

靴箱に入れてから自販機でチケットを購入いたします。
贅沢に岩盤浴にも入ってみましょう。
フロントで手続きを済ませて、作務衣等を受け取ります。

先ずはロッカーへ。
とっても広い。
姫路城グランドオープン前に行かせていただいたので、大変空いておりました。
岩盤浴専用の衣服に着替えて施設に向かいます。

ていうか、岩盤浴…お客こけみんだけ?
サウナ、岩盤浴、オンドル等の施設は別料金でしたが、独り占め状態で大変満足いたしました。
逆に誰もいないっていうのはちょっと怖い気もいたしましたが。
ほら、サウナで倒れても誰も助けに来てくれなさそうじゃないですか…。

ものすごく堪能してから、お風呂場へと向かいます。
洗い場は広く、存分に身を清めます。
お風呂の数は控え目でしたが、ゆったりと寛ぐことができました。
極楽という言葉はまさしくこの瞬間が相応しいと思います。
お客様は色々な年代の方がいらしており、それぞれ恵比須顔で寛いでいらっしゃいました。

お勧めの施設でございます。
極楽を味わえます。

美噌元 美噌汁最中

お土産にいただいた一品。
普通の最中かと思いきや、お湯を注ぐとお味噌汁になるのだそうです。

convert_20150330204455.jpg

色々な種類があり、こけみんは、「ゆったり」をいただきましたよ。
パッケージには、
「愛媛裸麦味噌をベースに信州味噌をブレンド。ゆったりとした気分になります。具にはほうれん草と油揚げが入っています」
とありました。

マグカップに最中を入れてお湯を注ぎ、熱々をいただきます。
お味噌の風味が美味しく、ご飯が進みました。
ひと時の贅沢を頂戴いたしました。
ご馳走様でした。

ムーミン

こけみんはお年寄りでございますから、幼い頃にムーミンのアニメを見た事がありますが、面白くて見ていた印象がございません。
意味が分からないところが多々あった記憶があります。

convert_20150322092747.jpg

子供向けのお話ではなく、大人が味わうためのアニメだったのではないかと推察いたします。


そしてムーミンの肉は美味しかったです。
ご馳走様。

ひこにゃん…、

ひこにゃん…、

convert_20150322085659.jpg

会いたい…。





食べてしまってごめんなさい。

あまいものが、

あまいものが食べたい。
四六時中食べていたい。

convert_20150322092422.jpg

一瞬で幸せになることのできるお薬なのです。

ちょっと病んでますかね。

神戸市 神戸ハーバーランド温泉 万葉倶楽部

兵庫県神戸市にあります、神戸ハーバーランド温泉 万葉倶楽部に行ってきましたよ。
JR神戸駅から地下道で繋がっておりますので、雨の日でも気軽に行ける場所でございます。
店舗はプロメナ神戸というビルの中に入っており、温泉、お食事、宿泊もできるようになっています。
こけみんは日帰りで利用させていただきました。

convert_20150322093808.jpg

休日に行かせていただいたのですが、フロントは人であふれていました。
盛況しているみたいですね。
のんびりと待つ事にしてようやくこけみんの番。
オーソドックスなマル得セット入館料2,300円(税別)を申し込みました。
JAF割引があるようでしたので利用し、少しお安くなりました。有難い。

まずは浴衣を選びます。
こけみんは作務衣をチョイス。
何はともあれ、温泉に入りましょう。
人が多過ぎるのではないかと思いましたが、温泉は混み合うこともなく、丁度良い人数。
ゆっくりと浸かる事が出来ました。
とても気持ち良かった。
こけみんのような御老体には極楽の世界ですね。

湯上り後は作務衣に着替えてリラックスルームでのんびり。
頭にはフードのようなものがあるのでそれを下ろせば自分の世界に入れます。
テレビも一台ずつありますから、誰にも邪魔されずに寛ぐことができます。
至福を感じながら転寝しつつ、思い切り休日を楽しみました。

しかしながら時間は無常にも過ぎ行くもの。
帰りの時間と相成り、極楽から現世へと戻ったのであります。
そして神戸駅にて、屋上の展望足湯庭園に行くのを失念していた事に気付きました。
泣きながら新快速に乗ったのであります。

備前市 星尾豆腐店

岡山県備前市にありますお豆腐屋さん、星尾豆腐店。
美味しいお豆腐が買えるということで前々から聞いておりましたが、漸く念願叶って購入したのであります。

店構えは、和の落ち着いたお洒落な佇まい。

convert_20150330204655.jpg

お店に入ると、お若い御主人が出迎えてくれました。
この御仁が美味しいお豆腐を作るのか。
中々のやり手ですな。
等とじろじろ見てしまいました、すみません。

店内は意外と狭く、こじんまりとしていました。
通販利用の方が多いのかもしれません。

どれにしようかな。
と、悩んだ末、おぼろとうふと、黒胡麻とうふを購入いたしました。
無料でおからもいただきました。
ラッキー。

convert_20150330204907.jpg

早速夕餉に二種類のお豆腐を冷奴でいただきました。
やさしいお味のおぼろとうふ、黒胡麻の風味に負けない大豆のお味がする黒胡麻とうふ。
そしておからは卯の花に。
大満足でございます。
ご馳走様でした。

山陰の味 大風呂敷

お土産の、山陰の味 大風呂敷。
味わった後で気付きました。
どこへお出掛けになったお土産なのか尋ねるのを。

convert_20150222120214.jpg

目の前に甘いものを出されると、こけみんは何も見えなくなるのです。

姫路市 芦屋ローゲンマイヤー 塩バタークレッセント

姫路に行った時、芦屋ローゲンマイヤーで塩バタークレッセントを購入するのが定番となってしまいました。

 ↓これ。この三日月の形のパン。
convert_20150322092541.jpg

すんごく美味しい。

また別の日に買って来たのがこれ。
 ↓四個も買ってきちゃった。
convert_20150322093821.jpg

塩とバターの絶妙な風味、底がこんがりさくさくでとても美味しい。



しかしながら最近食べ過ぎたのか否か、風味が落ちたように感じてしまう。
さくさく感が無くなった。
初めて食した際の感動をもう一度味わいたいものです。

かまぼこのハトヤ かまぼこ屋さんのチーズケーキ

兵庫県姫路市にある、老舗のかまぼこ屋さん、ハトヤ。
かまぼこの美味しさは間違いないのですけれども、ご覧になって、右側の商品。
かまぼこのチーズケーキ。
魚のすり身がしっかりと入ったチーズケーキなのです。
誰がこの組み合わせを考えたのか。
その発想に驚いてしまいます。

convert_20150322092528.jpg

冷やかし半分で購入、そしていただいたのでありますけれども。
驚きました。
ほんわりとかまぼこの風味がお口の中で広がり、そしてチーズケーキの美味しさが後から来ます。
不味くはありません、逆に美味しい。
甘いだけのチーズケーキとは違う、おつまみになりそうなチーズケーキなのです。
驚きの体験をしました。
まだ食べたことの無い方、一度味わってみてはいかがでしょうか。

備前市 カメイベーカリー

先日、岡山県備前市にありますパン屋さん、カメイベーカリーに行ってきましたよ。
日生の込み入った道の奥にあるパン屋さんですので、大きな車では行き辛い場所となっております。

にしては、すごく賑わっていました。
お客様がたくさん来店されていましたよ。

convert_20150330204559.jpg

下町のような場所ですので、馴染みのお客様が多いのでしょう。
買い慣れた感じで皆さま次々とパンを選んでいらっしゃいました。

品揃えは特に目新しいものというものは無く、オーソドックスなパンが並んでおりました。
こういう味だろうな、と分かるパンばかりでした。
つまり、皆さまが日常的に召し上がっているパンが並んでいる、ということです。
次々と売れていくパン。
地元に愛されたパン屋さんということでしょう。

ということで、こけみんもパンを購入いたしました。
ドーナツ、さくらあんぱん、デニッシュ食パン。

convert_20150330204845.jpg

食パンはトーストすると本当に美味しかったですよ。
毎日食べても飽きない味ってあると思うのです、それですよそれ。

そしてカメイベーカリーはケーキも売っているんですよね。
しかも安い。
1個250円程度の値段設定。

お孫さんに強請られてケーキを買い求めていた方やら、今日のおやつにと残る全てのエクレアを買われた方、等々。
地元に愛されているとはこういう事なのだな、と分かる光景でした。

convert_20150330205044.jpg

こけみんも二つ購入。
美味しかったのはもちろんでございますが、郷愁を感じたひと時でもありました。
ご馳走様でした。

赤穂市 奥藤酒造まつり

先月末、兵庫県赤穂市で開催されました、奥藤酒造まつりへ行ってきましたよ。
奥藤酒造のある坂越は、情緒ある街並みとなっております。

convert_20150330205106.jpg

蔵前の広場ではお店が出ておりました。

convert_20150330205136.jpg

焼き物やら骨董品等々。
酒造まつりというぐらいですから利き酒があるようでしたが、お酒は苦手なので見るだけにいたしました。

convert_20150330205154.jpg

あら、手打ち蕎麦ののぼりが…。
こけみん、お腹が空いてたんですよね~~…ごくり。

convert_20150330205249.jpg

“先生”と呼ばれる御仁が蕎麦を打っておられました。

convert_20150330205233.jpg

お手伝いをされているレディがたくさんいらっしゃいました。
お弟子さんなのかしら。
蕎麦打ち教室の教え子の方かしら。

600円を支払ってとろろそばをいただくことにしました。
蔵の中でいただくお蕎麦。
なんとも雰囲気が良いですよね。

convert_20150330205215.jpg

到着。
いただきます。

ふむふむ、さすが手打ち、コシがありますね。
そう、まるでこんにゃく麺のような…。
残念ながらお蕎麦の風味は皆無でしたが、食感は良かったです。
あと、飲み物がありませんでしたので、熱々のお茶が欲しかった。
こけみんは冷え性なのです。

御座候

姫路土産は、御座候。
定番です。

convert_20150322093833.jpg

餡は赤か白を選べるのですが、赤一択でございましょう。

convert_20150322093845.jpg

もちろん焼き立てが一番なのですが、翌日に食べる場合はチンすると美味しい。

熱々の御座候。
日本茶と一緒にいただくと至福の極みでございます。

こけみんのような年齢の者にとっては、本当に大好きなお菓子なのでございます。

備前市 Cafe晴風船 (はるふうせん)

先日、岡山県備前市にありますカフェ、Cafe晴風船 (はるふうせん)へ行ってきましたよ。

お散歩中に偶然見付けたカフェ。
美味しそうなパンケーキがおすすめメニューとして看板に出ておりましたので、それにつられてふらふらと入ってしまいました。

古い建物の一階を改装したのでしょうか。
現代風のお洒落なカフェでございます。
ただしカフェ以外の未改装部分は中々に年季を感じる代物でありました。

convert_20150330204738.jpg

内装も外観に見合うお洒落な雰囲気。
いらっしゃいませ、と可愛らしい店員さんが出迎えてくれました。
入って失敗した、というお店がたまにありますが、今回はアタリでございました。
とっても良い感じ。

メニューを眺めます。
ランチも美味しそうでございましたが、今回は余りお腹が空いておりませんでしたのでパンケーキ狙いで。
色々なパンケーキがどれも美味しそうでした。
ただ注意書きに、20~30分かかる、とのことでした。
美味しいものが食べられるならば待つ時間も楽しいものですよ。

可愛らしい店員さんにオーダーを通して出来上がりを待ちます。
そしてパンケーキという代物なのですけれども、こけみんの認識としてはメレンゲたっぷりのふわふわ生地スイーツでございます。
ホットケーキとはまた違う美味しいスイーツなのでございますよ。
無論、本来のパンケーキの語彙とは違うかもしれませんが。

待つ間に窓に飾っている本等を手に取り、読書に耽ります。
厨房の方ではメレンゲを泡立てる音、プレートに生地を乗せて焼いている姿がありました。
オーダーが入ってから準備をするので時間がかかるのでしょうね。

ということで、こけみんのパンケーキが到着。

convert_20150330204800.jpg

オーダーしたのは極々ノーマルなパンケーキ。
はちみつをたっぷりと掛けていただきます。
メレンゲのふわふわ感、程良い甘さの生地にうっとり。
美味しい。

お連れの方のバナナキャラメルのパンケーキ。

convert_20150330204824.jpg

こちらもふわっふわ。

他にフルーツが乗った豪華なパンケーキ等があるようで、次はそちらを食べたいと思いました。
パンケーキが美味しかったのだから、ランチも美味しいのでしょうね。

良いお店を見付けました。
とっても嬉しいです。
また行かせていただきますね。

赤穂市 Fuwari(ふわり)

先日、兵庫県赤穂市にありますパン屋さん、Fuwari(ふわり)へ行ってきましたよ。
土曜日のみ営業しているパン屋さんでございます。
場所は普通の住宅街でして、お店…というよりも、御自宅の一角を店舗に改装しておられます。

convert_20150406182010.jpg

駐車場は、ガレージの一角にあるスペース。
玄関を抜けてお店へと向かいます。
一見リビングかしらと思うところが店舗のようでして、靴からスリッパに履き替えてお店の中へ。

お店の中はお手製のパンが並んでおりました。
丁寧に作られたパンがたくさん。
どれを買おうかしらと悩みに悩んで不審者めく徘徊をしてしまいました。

まずは食パン。

convert_20150406182138.jpg

食パンはパン屋さん全体の味が分かりますよね。
トーストしていただきましたら、小麦の美味しさに嬉しくなりました。

メロンパン。

convert_20150406182206.jpg

レモンピールが入っていて美味しかった。

お腹が空いていたので、調理パンも。

convert_20150406182257.jpg

安定の美味しさです。

うぐいすあんパン。

convert_20150406182330.jpg

甘さ控え目でこれも美味しい。

レーズンシュガーパン。

convert_20150406182352.jpg

たっぷり入ったレーズンがジューシー。

美味しいものを食べると幸せになれますね。
ご馳走様でした。

備前市 山東水餃大王

先日、岡山県備前市にあります、山東水餃大王へ行ってきましたよ。
お店は、日生町の国道250号線沿いにございます。

赤い文字が目印なんですけれども、営業しているのか否か、ちょっと悩んでしまう外観なのでございます。

convert_20150330204714.jpg

おそるおそる入りますと、従業員の方が出迎えてくれました。
店内も少々雑然としておりましたが、営業中とのことで安心いたしました。

こちらのお店は水餃子が有名なのだそうです。
店内でいただくことも可能ですが、冷凍の餃子を持ち帰る事も出来ます。
こけみんは冷凍餃子をお願いすることにいたしました。

一番小さな袋を選びまして、お値段1080円。
お店の方曰く、冷凍で3、4か月大丈夫とのこと。
こけみん、そんなに待ち切れませんよ。
今から涎が垂れてしまいます。

支払いを済ませてほくほく顔で自宅へと戻りました。

convert_20150330205011.jpg

これで二人分でしょうか。
早速茹でまして、特製のタレに付けていただきます。
ええ、冷凍保存する間もありませんよ。
茹で上がった餃子はふっくらと膨らんでおり、一口サイズながらボリュームアップしておりました。

……おいしい…。

つるりとした皮の感覚、具のジューシー加減。
最高です。
美味しい、美味しい、とたくさん食べてしまい、後で多少胃もたれを起こしてしまいました。
それほど美味しく、食べやすい餃子でした。
ご馳走様でした。

次に行く時は大人買いをしてしまいそうで、恐ろしいです。

クッピーラムネ

おみやげにビッグサイズのクッピーラムネを購入したのですけれども、逆に迷惑だったかしら…。



食べ切るまで幾日掛かるのでしょう…。

赤穂市 満月バー

先の満月の日、兵庫県赤穂市で開催されました、満月バーに行ってきましたよ。
満月の夜だけ営業する立ち飲みワインバーなのでございます。

皆既月食ということで期待しておりましたが、生憎の曇天模様。
お月様を拝む事は出来ませんでした。
前回の皆既月食の折にも満月バーに御邪魔させていただきましたので、良しとしましょう。

そして食に走りましょう。

convert_20150406184153.jpg

飲みましょう、飲みましょう。

DSC_0217_convert_20150406204739.jpg

と言いながら、こけみんはお酒が得意ではありませんので、アップルサイダー。
サイダーでも飲めば酔っ払う事ができますよ。

convert_20150406184245.jpg

この日は職場のレディに付き合っていただきました。

見て、このご馳走!!

convert_20150406184135.jpg

さくらぐみのお料理の数々です。

カップに入ったにんじんのムースに驚きました。
中にホタルイカの姿が。
御匙で掬い上げたにんじんのムースから、飛び出しているホタルイカの足…。
何ともシュールな絵面に笑ってしまいました。

convert_20150406184258.jpg

個性的で美味しいですねえ。
イノシシのパテ、初めて食べる味でした。
野性味溢れるお味。
面白かったですよ。

赤穂パン盛合せ。

convert_20150406184312.jpg

中央にはオリーブオイル。
ちょん、と付けていただきます。
あこうぱんも有名なお店になりましたよね。

食べて、飲んで、お喋りして、二時間程度で残念ながら雨が落ちてきました。
急いで精算を済ませて車で帰宅。
しかしちょうど良い頃合いだったのかもしれません。

年を取ると立ち飲みスタイルが堪えて、二時間程度で足腰が戦慄くのでございます。

赤穂市 普門寺 花まつり

4月4日、去年に引き続き、兵庫県赤穂市にあります普門寺の花まつりへお邪魔させていただきましたよ。
詳しくは、昨年の様子をご参照くださいませ。

今回は途中から行かせていただきました。
既に火は移され、煙を上げて燃えておりました。

convert_20150406182424.jpg

経文の声が響く中、山伏の皆さまが火を整えていらっしゃいます。

convert_20150406183416.jpg

雨の心配がありましたが、雨粒は落ちて来ず、煙は美しくたなびいておりました。

convert_20150406183429.jpg

護摩木でしょうか。
手に取ったものに刀を宛がい、念じた後に火へと投じておられました。

convert_20150406183445.jpg

次第に火は落ち着き始めます。
改めて思うに、火、って不思議ですよね。
温もりにもなり、全てを焼き尽くす炎にもなるんですもの。

convert_20150406183609.jpg

この後は、火渡りが始まります。
こけみんは今年これが目的で来たのです。

受付で500円を納め、手拭をいただきます。

convert_20150406183646.jpg

すみません、不勉強なので上下が逆かも知れません。
これは梵字でしょうか。
なんと書かれているのでしょう。

火渡りの用意が整えられている間、レディ達の踊りが場を繋ぎます。

convert_20150406183730.jpg

でぇしょん踊り、フラダンスの踊り子さんが華麗に舞う中、着々と火渡りの準備が整います。

こけみんも裸足になって手拭を頭に巻き、準備万端です。

convert_20150406183758.jpg

まだ煙が立ち上る中、火渡りが始まります。
列に並び、順番を待ちます。
熱くないのかしら…。
不安の中、こけみんの番になりました。
背中に手指で何やら文字を書いていただきまして、山伏の方が見守る中、煙の中に飛び込みました。
焦げた丸太の上を歩いて行きます。
転びそうになるのでゆっくり…と思いましたが、ゆっくり歩くと足の裏が多少熱い。
なので、注意深く、成る丈早足で進みました。
無事渡り切った後は、また背裏に何かしていただきました。
大丈夫だ、と思っていてもやはり緊張いたしました。
実に良い体験をさせていただきました。

ふがふがしながら普門寺近くにある、おせどに寄ってみました。

桜が満開でした。

convert_20150406183830.jpg

こんなに綺麗なお花が一週間と持たないなんてもったいない。

convert_20150406183923.jpg

けれども、そう思うからこそ、より美しいと思うのでしょうね。

convert_20150406183954.jpg

どなたもいらっしゃらなかったので、満開の桜を独り占めいたしました。

convert_20150406184016.jpg

誰も見ていないところでもひっそりと花を咲かせている桜の木々。

convert_20150406184034.jpg

はらはらと散り行く様は何とも風流でございます。

で、次第に花より団子的気分に移りまして、おまつりの出店で購入いたしましたマフィンを食べるべく帰宅。

convert_20150406184330.jpg

お手製の大きなマフィンを二つも頬張り、充実した一日に感謝したのでございました。

赤穂市 かふぇ・ど・くら

兵庫県赤穂市のコーヒー専門店、かふぇ・ど・くら のモーニングに行ってきましたよ。

convert_20150322092645.jpg

和風の建物で、店内も落ち着いた雰囲気。

convert_20150322092631.jpg

開店時間辺りに行かせていただきましたが、次々と常連さんが店内に訪れ、あっという間に席は埋まってしまいました。
人気のあるお店なのですね。

モーニングは最近始められたとのこと。
こけみんはアーモンドトーストを頼みました。

convert_20150322092557.jpg

まずはコーヒー。
とても良い香り。

続いてプレートに乗ったトースト等のセット。

convert_20150322092613.jpg

トーストはさくさくとして美味。
心地良い満足感を得られるボリュームでございました。
ご馳走様でした。

赤穂市 のんびり坂越 SAKOSHI 街並み文化の集いⅤ

先日、兵庫県赤穂市で開催されました、のんびり坂越 SAKOSHI 街並み文化の集いⅤに行ってきましたよ。
坂越の奥藤酒造さんの中庭を中心に、出店やライブ、着付け等、色々な催しが開催されたのでございます。

坂越の街並みは情緒があって良い所です。

convert_20150330204030.jpg

奥藤酒造さんの中庭に御邪魔いたします。
多くの人で賑わっていましたよ。

convert_20150330204142.jpg

ちょうどアコースティックライブが開催されていました。

convert_20150330204235.jpg

出店ものぞいてみましょう。
お花が安かったので購入。
甘酒が100円で出ていましたので、そちらも購入いたしました。

convert_20150330204255.jpg

冬に作り置きしたのでしょうか少々酸っぱい。
塩、しょうがを少し入れると尚良いお味になったのでは。
ぺろりと飲み干しまして、奥藤酒造敷地内にある郷土資料館へ。

convert_20150330204309.jpg

以前この資料館にお邪魔させていただいた時は雑然としていて倉庫のような感じでしたが、この時は綺麗に整えられていました。

convert_20150330204323.jpg

二階に上がりますと、年代物の道具が並んでいました。

convert_20150330204345.jpg

足元のギシギシ具合が少々怖い。
中々乙な郷土資料館、この雰囲気は中々良いです。

convert_20150330204411.jpg

床が落ちぬ間に、外へ。

飴細工の出店のお姉さまがすごかった。

convert_20150330204435.jpg

熱々のとけた白い飴を棒に刺し、手で整えて色々な形を作り上げていくのです。
その技たるや、子供以上に大人も見蕩れてしまうほどです。
実際こけみんは出来上がるまで、目が離せませんでした。
白の飴の塊が綺麗な色の、わんこやにゃんこ、金魚やぶたさんになるんですから!
このお姉さま、タダ者じゃないです。
本当のプロでした。

感心しながら駐車場へ。
その途中、旧坂越浦会所から男の人の声が…。

convert_20150330203923.jpg

一体なにごと、と思ったら、落語寄席をしていました。

坂越、最近すごく良い感じになっています。

体調の悪い時は、

体調の悪い時は、

無理をしてはいけません。

convert_20150322092723.jpg

美味しいものをたっぷりと食べて、

ゆっくり寝れば、

目覚めはきっと良い筈です。


ということで、お休みなさい。

桜!

今日、仕事帰りに満開近い桜をぱちり。

convert_20150402211656.jpg

春の訪れを随分前から知っていて、準備をしていて、そして蕾が緩んで満開に。
自然ってすごいですよね。

仕事の疲れが癒されました。

第三十番札所 宝厳寺

西国三十三所、第三十番札所 宝厳寺。
滋賀県長浜市の竹生島にあるお寺です。
竹生島は琵琶湖に浮かぶ島ですので、船でしか行く事が出来ません。
こけみんは彦根港から渡りましたが、長浜港、今津港からも行く事が出来ます。

彦根港からは約40分の船旅でした。

convert_20150315142335.jpg

島の周囲は崖が多く、昔の人はどうやってこの島に建物を造ったのか。
きっと大変な思いをしたのでしょうね。

convert_20150315142306.jpg

地図でも分かるように、島のほとんどが坂でした。

船着き場近くでは、一軒だけお土産物屋さんが開いていました。

convert_20150315142357.jpg

無人島ですので、こちらの従業員の方も通っておられるのでしょう。

拝観料400円を支払いまして、参道をあがります。

convert_20150315142417.jpg

かわらけ投げが出来るようで、かわらけが売られていましたが、こけみんの投擲技術では他人に怪我を負わせかねぬと思い、買う事はしませんでした。

道は全て坂です。

convert_20150315142445.jpg

坂を上がり切ると、

宝厳寺の本堂に到着です。

convert_20150315142538.jpg

お参りをしましょう。

convert_20150315142623.jpg

弁才天様が御本尊のようです。

奉納されている赤い小さなものは、

convert_20150315142639.jpg

弁天様の幸せ願いダルマだそうです。

御朱印をいただきます。

convert_20150315142610.jpg

西国三十三所を全て回り切るにはどれ程時間がかかるのでしょうね。

不動明王様もいらっしゃいました。

convert_20150315142656.jpg

お参りを済ませた後は、また少し坂道。

三重塔です。

convert_20150315140325.jpg

塔の傍に立派なモチの木がありました。

convert_20150315142715.jpg

ここからの眺めは素晴らしい。

convert_20150315142734.jpg

船着き場も見えますね。

convert_20150315142750.jpg

塔から下に向かいます。

convert_20150315142812.jpg

唐門は改修工事中でした。
唐門から観音堂を抜けて舟廊下へ。

convert_20150315142825.jpg

都久夫須麻神社、
竹生島神社とも呼ばれている神社へ。

convert_20150315142921.jpg

二礼二拍手一礼で参拝いたします。

convert_20150315142846.jpg

神殿の向かいに竜神拝所があります。

convert_20150315142904.jpg

竜神様が祭られていました。

convert_20150315142933.jpg

ここからかわらけを投げ、鳥居をくぐり抜けることが出来れば願いが叶うそうです。

convert_20150315142947.jpg

皆さま投げておられましたが、なかなか難しいようです。

そして70分の滞在時間が迫り、船着き場へと向かいます。
観音堂のこの辺りの構造は、書寫山圓教寺や京都清水寺を思い出しました。

convert_20150315143003.jpg

船へと戻ると、丁度出航の時間でした。
充実した、素晴らしい70分を過ごす事が出来ました。

月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積む心地して