備前市 新橋餅

先日、岡山県備前市日生町にありますお餅屋さん、新橋餅へ行ってきましたよ。
日生を通る250号線沿いに店舗があります。

昔からのお餅屋さん、という感じで凄く雰囲気が良いですよね。

convert_20150330204627.jpg

お店には誰もいらっしゃらなくて、陳列棚の上にベルが置いてありました。
ええ、ブザーとかそういうのじゃなく、叩くとチーン、と鳴る、あの懐かしのベルでございます。

陳列棚の中には美味しそうなお菓子が並んでいました。
おはぎ、桜餅、柏餅、粟餅、豆大福…嗚呼、悩んでしまいます。
大人買いしたい…そしてお餅を思う存分頬張りたい…。
煩悩に脳味噌が支配されそうになりましたが、メタボリックな腹が更に成長するであろう未来に気付いて一つだけ選ぶことにしました。

ええ、15分ほど悩んだでしょうか…。
お店の人がいなくて良かったです。
明らかに不審者でした。

そして選んだのは王道の、おはぎ。
一つ一つがとても大きい。
チーン、とベルを鳴らしますと、奥から店の奥様が出てこられました。

convert_20150330204943.jpg

380円とのことでお安い。
袋に入れて貰い、ほくほく顔で持ち帰りました。

しかし途中で車の座席から落下し、形が変形してしまいました。
可哀想なおはぎ。
でも大丈夫よ、おはぎ。
形が少々歪になっても、こけみんは変わりなくあなたを愛している。

ということで、あんこたっぷりのおはぎをいただきました。
とっても美味しかったです。
ご馳走様でした。
次はどれを買いに行きましょう。
スポンサーサイト

上郡町 第2回上郡地区フェスタさくら

昨日、兵庫県赤穂郡上郡町で開催されました、第2回上郡地区フェスタさくらへ行ってきましたよ。
場所は鞍居川下流河川敷、上郡小学校北の辺りになります。

朝から雨でしたが、徐々にお天気は回復してくれました。

convert_20150330185327.jpg

桜はほとんどが蕾でしたが、次第に綻んでいる状態でした。

convert_20150330185351.jpg

昔からこの一体は桜が有名だったとのこと。
川沿いに並ぶ桜の木々が満開になれば、絶好のお花見スポットになるでしょうね。

河川敷に沿ってお店が並んでいました。
主催は自治会のようで、地元の方々がお菓子や焼きそば、たこ焼き等のお店を出されていました。

convert_20150330185417.jpg

そしてこけみんは人形焼を購入いたしました。
3個入りで100円。

convert_20150330185433.jpg

中にはさつまいもが入っていました。
モロヘイヤも入っているらしいです。

舞台ではちょうどエイサーが終わったところでした。
ゆるキャラもいらっしゃいました。
雨対策としてビニール袋で足を覆ってますね。
湿気は大敵なのでございましょう。

convert_20150330185452.jpg

えーー…と、誰が誰でしたっけ…。
円心くんとエイトちゃん、あとは…。

謎を残して土手へと上がりました。

convert_20150330185510.jpg

土手沿いにはフリーマーケットのお店がぽつぽつ。
ちょっとさみしい感じでしたので、次回は多くのお店が出ると良いですね。

小腹が空いていましたので、おでんを200円で買いました。

convert_20150330185521.jpg

こんにゃく2切れ、たまご、ごぼうてん、手羽元。
もちろん帰宅前にいただきましたとも。

モロヘイヤ粉末500円。

convert_20150330185538.jpg

上郡町ではモロヘイヤに力を入れているようですね。
モロヘイヤうどん等、特産品として売り出しているようです。

お手製お菓子、各50円。

convert_20150330185552.jpg

間違いなくお手製の味がいたしました。
スコーンには口内の水分を全て持って行かれました。

作業所の方のお手製お菓子。
各100円。

convert_20150330185605.jpg

生地にかぼちゃ、おいもをカットしたものが入っていました。
かぼちゃは余り味がしませんでしたが、おいもはきちんと味がありました。
バターたっぷり、リッチな味わいで大満足。

このおまつり、第2回ということは去年から始まったのでしょうか。
これから成長させていくおまつりなのでしょうね。
来年はどのようなおまつりになるのでしょう。
また行かせていただきますね。

彦根市 彦根城

滋賀県彦根市にあります、彦根城に行ってきましたよ。

JR彦根駅から徒歩10分の距離にあります。

convert_20150315142041.jpg

とはいっても、門の入口までの距離で少し早く歩いて、という感じですね。
駅から約1km程度の距離でございます。

convert_20150315143128.jpg

ほとんどの方が自家用車を利用されている印象です。
駐車場が混み合っておりました。

門の入口付近は車の往来も多く、横断や歩行の際には注意が必要でございます。

convert_20150315143144.jpg

城内は広くて坂が多いので、足腰の弱い方は行く場所を絞って赴くと良いと思います。

彦根城も目的の一つでございましたが、もう一つはひこにゃんと会うのも目的でございました。
大人気のひこにゃん。
一体何がそんなに人気なのか。
気になっていたのでございます。

彦根城博物館前で何やら賑わっているのを発見。
覗きに行くと、ひこにゃんが!

convert_20150315143226.jpg

すごく可愛い。

単なるゆるキャラと思っていたら、そうではありませんでした。
動き、仕草、どれをとってもすごく可愛い。
のんびり、ゆったり、ほんわか。
見ているだけでこちらまで心が温まるような心地でした。

ひこにゃん、おぐしが乱れたので職員さんにクシで整えて貰っている姿。

convert_20150315140257.jpg

可愛い…。

ちなみに手に持っているのはマラカスです。
マラカスふりふりして踊ってくれたのです。
アポロチョコの差し入れを貰って喜んでいたり。
すごくキュート。
みなさまが夢中になるのも納得いたしました。

30分でひこにゃんの体力の限界が訪れたので、御見送りをした後、天守へと向かいました。

convert_20150315143244.jpg

坂や階段がありますので、老体のこけみんは少々息があがりました。
自分では若いと思っていても、身体は正直でございます。

convert_20150315143304.jpg

天守が見えました。

convert_20150315143320.jpg

なぜでしょう、岡山城と似ているような印象を受けました。

convert_20150315143336.jpg

早速天守にのぼってみましょう。

convert_20150315143351.jpg

靴をナイロン袋に入れて中へと入ります。

convert_20150315143403.jpg

天守に入る前に写真を一枚。
ここからの眺めも良いものですね。

たくさんの観光客の方が天守を目指しておられました。

convert_20150315143415.jpg

階段は急で、はしごのような感じでした。
ですので皆さまゆっくりとあがられるため、大渋滞。
お城の中では長蛇の列が出来ておりました。

ようやくのぼることができました。

convert_20150315143427.jpg

絶景、という程ではないですけれども、穏やかな彦根の景色が美しかったです。

避難はしごを発見。

convert_20150315143438.jpg

気休めにしか思えませんでした。

天守には隠し部屋もあったようです。

convert_20150315143450.jpg

実際に使ったのかしら。

瓦が落ちないように固定されていると説明書きがされていました。
さて、どの辺りなのでしょう…。

convert_20150315143507.jpg

天守の規模の割に観光客が多かったため、待ち時間が発生しておりました。
ひこにゃんと併せて人気のお城なのですね。

近くにひこにゃん土産専門店がありましたら大人買いしていたかもしれません。
JR彦根駅に大きなお土産物屋さんがあれば良かったのにな、と思ったこけみんは、お土産物中毒なのでございます。

神戸市 神戸シーバス ファンタジー号

兵庫県神戸市の神戸シーバス ファンタジー号に乗ってきましたよ。
ファンタジー号は神戸港をクルージングする遊覧船でございます。
神戸港…良い響きですよね。

convert_20150322093029.jpg

神戸港をクルージングする遊覧船はいくつかありまして、その一つが神戸シーバスのファンタジー号となっています。
遊覧船の発着は中突堤中央ターミナル「かもめりあ」という場所になります。

convert_20150322093041.jpg

かもめりあの二階はテナントがなく寂しい状態。
また、近くの中突堤中央ビルも暗く閑散としておりました。
何か面白いお店が入ると良いのですが。

かもめりあの一階が遊覧船チケットブースになっており、こけみんはポートタワーセット券を購入いたしました。

convert_20150322093054.jpg

セット券は1,400円で、クルージングとポートタワーにも入ることができるのです。
お船は大体一時間おきの出航となっており、45分間のクルージングを楽しむ事ができます。

待ち時間に咽喉が乾いたので、自販機でお茶を購入しました。

convert_20150322093111.jpg

アタリが出ました。
荷物が増えて、嬉しいような悲しいような…。
コーヒーは後からいただくことにいたしましょう。

かもめりあから出て、5番乗り場に向かいます。

convert_20150322093125.jpg

よく手入れがされているお船です。

convert_20150322093137.jpg

乗船のため、たくさんの方が並んでおられました。

convert_20150322093149.jpg

出航10分くらい前から乗る事ができます。
列に並んでお船に乗り込みます。

船は一階と二階があり、多くのお客様が乗船できるようになっています。
こけみんはゆったりとした一階席に座りました。
各テーブルには、メニューが置いてありました。

convert_20150322093203.jpg

カフェのように飲み物を頼む事ができるようです。
メリケンサイダーが気になりましたが、さきほどこけみんはお茶を買ってしまいました。

さあ、出航です。

convert_20150322093217.jpg

スタッフの方はほとんどが女性の方でした。
元気良く、はつらつとした方々で気持ち良い対応をしてくださっていました。

convert_20150322093229.jpg

船内アナウンスで見どころなどを教えてくださいます。

自衛隊の潜水艦のメンテナンスを見る事ができるのはここだけらしいですよ。

convert_20150322093241.jpg

潜水艦の頭が浮いているのが見えます。

convert_20150322093254.jpg

潜水艦の下半身はどうなっているのでしょう。
気になります。

ルミナス神戸2に遭遇いたしました。

convert_20150322093306.jpg

あちらのお船は大きいですねえ。
手を振っておきましょう。

神戸空港です。

convert_20150322093316.jpg

丁度飛行機が着陸していました。

以前神戸空港からスカイマークで沖縄に行った事があります。

convert_20150322093328.jpg

スカイマークが撤退した場合、神戸空港はどうなるのでしょう。

港から大分離れましたね。

convert_20150322093341.jpg

鉄の塊の船が何故浮くのか。
鉄の塊の飛行機が何故空を飛ぶのか。
こけみんは未だ理解出来ていません。

空港連絡橋に差し掛かりました。

convert_20150322093355.jpg

下をくぐります。

convert_20150322093409.jpg

迫力ありますねえ。

ぐるりと一周した後は、折り返して港に戻ります。

convert_20150322093424.jpg

風が気持ち良いですね。

第一防波堤東灯台でございます。

convert_20150322093436.jpg

見辛いかもしれませんが、灯台に「神戸港」と書かれています。
港名を記した灯台は日本でここだけだそうです。

神戸大橋が見えてきました。

convert_20150322093449.jpg

だんだんと港に近付いています。

神戸メリケンパークオリエンタルホテルとポートタワーが見えてきました。

convert_20150322093502.jpg

そして定刻通りに帰着いたしました。
とても満足した船旅でした。
揺れも少なく設備も整っており、お手洗いも綺麗で安心できる船旅でした。

小休憩の後、再びファンタジー号は旅立って行きました。

convert_20150322093756.jpg

乗り場では従業員の方が大きな手の看板を振って見送りしていました。
従業員の方々は若い方が多く、一生懸命で笑顔で仕事をなさっておられました。

気持ち良い時間を有難うございました。

不朽園 菊紋最中

ぱりっ、とした皮が素晴らしい最中でございます。

convert_20150315142028.jpg

購入してから鞄の中で転がり過ぎ、食べようと思ったら皮が少し壊れてしまいました。
作り手の方に何やら申し訳ない心地です。

でも、

どんな姿であろうと、

美味しいものは美味しい、

そう叫びたいこけみんなのでございます。

山田屋まんじゅう

極薄の皮で包まれた上品な餡。
山田屋まんじゅうは素晴らしく美味しかった。

convert_20150322092302.jpg

まんじゅうって言葉が大好きなのでございます。
まんじゅうって名付けられたものにハズレはございません。

嗚呼…世の中のまんじゅうを買い占めて、毎日食したい。

鯛焼本舗 遊示堂 東駅前店

先日、兵庫県姫路市にあります、鯛焼本舗 遊示堂 東駅前店へ行ってきましたよ。
目的はもちろん、たい焼きでございます。

三十分かけて焼いています、との看板が出ていました。
期待で胸が膨らみ過ぎて、鳩胸になりそうです。

convert_20150322092448.jpg

どんなたい焼きなのでしょう。
うきうきします。
お金を支払ってたい焼きを受け取ります。
三十分も待つ事はありませんのでご安心を。

熱々です。

convert_20150322092502.jpg

食べると、生地はさっくり、香ばしい。
薄皮なのですね。
餡がぎっしり入っていました。
すんごく美味しい。

日本一のたい焼きが一番かと思っていましたが、これも美味い。
甲乙つけがたい。
皮の厚みや香ばしさ等、似ている分もありましたが、こちらの方が餡の甘さが控え目で、お豆の味がより際立っていました。

すごく美味しかった。
もう一度食べたい。
誰かお土産に買ってきてくれないかしら。

名古屋市 スカイプロムナード

愛知県名古屋市にあります、スカイプロムナードへ行ってきましたよ。

ホームページの紹介によりますとスカイプロムナードとは、

ミッドランドスクエアのオフィス棟44F-46Fにある屋外型展望施設です。
地上220Mで風を感じながら回遊し、名古屋の街並みをほぼ360度一望できます。
昼は壮大なスケールの眺望を、夜は幻想的な夜景を、それぞれ違った都会の表情をお楽しみください。

とあり、高層ビルからの眺望を楽しむ事が出来る施設となっております。
まずはエレベータで一気に屋上近くへ。

convert_20150315141708.jpg

近代的な内装の奥、券売機でチケットを購入します。
大人一人750円となっております。

convert_20150315141722.jpg

都会に見合う美しい受付嬢にチケットを渡します。
この時は雨が降りそうだったので、次回使える割引券をいただきました。
展望台は屋根に覆われているわけではなく、雨に当たる可能性があるようです。
しかし割引券…こけみん次いつここに来る事が出来るのか…。

エスカレータを使って展望施設へと向かいます。

convert_20150315141734.jpg

長いエスカレータです。

ふと、背後を見ると、あら、ちょっと怖いわ。

convert_20150315141746.jpg

転げ落ちそうな気がしたのでしっかりと手摺りを持ちました。
長いエスカレータは振り返ってはいけません。

こけみんが訪れた日は土曜日だったのですけれども、誰もいませんでした。

convert_20150315141758.jpg

恐らくここは、夜に訪れるべき場所なのでしょう。
名古屋の夜景、ライトアップされた展望施設はとても美しいでしょうね。

眼下には、名鉄百貨店が見えました。

convert_20150315141813.jpg

ナナちゃん人形をも凌駕するこけみんの視線。
こけみんは今、誰よりも高く皆を見下ろしている!

栄方面。

convert_20150315141825.jpg

名古屋駅と栄、どちらが賑わっているのでしょう。
名古屋駅の人の多さは半端無かったのですけれども。

なるほど、歩道に沿って屋根はあるようですけれども、風雨の関係で濡れるかもしれませんね。

convert_20150315141838.jpg

日頃の行いが良いためか、こけみんの散策時間には雨粒は落ちませんでした。

大名古屋ビルヂングの建て替えが進められているようです。

convert_20150315141851.jpg

駅前は更に賑わうのでしょうか。

名古屋城が遠くに見えます。

convert_20150315141904.jpg

今回は体力の衰えを理由に行かなかったのですけれども、随分前に訪れた際、城内にエレベータがあったのに驚きました。
空襲で焼失した後、再建されたようですね。

スカイプロムナードから見る、JRセントラルタワーズ。

convert_20150315141918.jpg

こちらのビルの方がちょっと低いのかしら。
にしても、凄いですね。
都会ですよ、都会。

十分満喫した後は階下へ…の前に、壁には世界遺産のパネル展示。

convert_20150315141932.jpg

何故ここに世界遺産…。
軽く違和感を覚えつつ、エレベータへと向かいます。

convert_20150315141944.jpg

一気に下界に下降。
さらば、天上界。

下界から見上げるJRセントラルタワーズ。

convert_20150315142002.jpg

近い将来、ビルはお月様を串刺しにするのじゃないかしら。

神戸市 南京町

先日、兵庫県神戸市にあります、南京町へ行ってきましたよ。

横浜、長崎、神戸。
日本三大チャイナタウンの一つが、神戸の南京町です。
こけみんは長崎だけまだ行った事がありませんが、神戸の南京町は横浜の中華街と比べて小規模です。
しかしながら、ぎゅ、と凝縮されるようにお店がひしめき合っておりまして、中々楽しい場所となっております。

convert_20150322092838.jpg

中央広場には、あずまやがあり、たくさんの観光客が写真を撮ったりなんかしておられました。
中国の方もいらしていましたが、南京町をどうご覧になったのでしょう。

さてさてこけみんの今回の目的なのですけれども、老祥記という豚まんなのでございます。
有名なお店でして、いつもたくさんの人が並んでらっしゃるのです。
どんなお味が、一度食べてみたかったんですよね。

convert_20150322092949.jpg

開店直後に行ったのですけれども、既に行列が出来ておりました。
写真中央、あずまやの辺りに行列が見えますでしょ?
道を挟んで写真左にお店があるのですけれども、そこへと続く行列です。

もちろんこけみんも行列に参加いたしました。

convert_20150322092802.jpg

お行儀良く順番が回って来るのを待ちます。

警備員の方が慣れた様子でお客様を案内していました。
行列は、いつもの事なのでしょう。

convert_20150322092823.jpg

土曜日でしたが朝の早い時間だったからでしょうか、20分程度で順番が回ってきました。
昼間等はもっと混み合うかもしれません。
1個90円で、3個以上からとのこと。
店内で食べる事も出来るようですが、こけみんは持ち帰りをお願いいたしました。
お土産に、と思って6個買い求めました。

ミッション終了。
晴れやかな心地で南京町をぶらりと散策。

convert_20150322092852.jpg

食べ歩きが出来るようで、皆さまお店で買った色々を手にして楽しそうに歩いてらっしゃいました。

convert_20150322092906.jpg

門の外と内とではがらりと雰囲気が変わります。

ファミリーマートもこんな感じに。

convert_20150322092922.jpg

他の店舗と品揃えは一緒なのかしら。
見学がてら入れば良かったと今更後悔。

公衆トイレだってこんな感じに。

convert_20150322092936.jpg

こちらも入れば良かったですね。

門を出る前に、屋台でごま団子を買い求めました。

convert_20150322093003.jpg

一つ100円。
とろりととろけるような熱々のお餅の中に、あんがぎっしり。
ごまを塗して揚げた団子は、本当に美味しかった。
再訪の際は絶対にまた食べたいと思います。

そしてお土産として持ち帰るはずだった、豚まん。

convert_20150322093742.jpg

六個全て食べてしまいましたすみません。
止まらなかったんです。
味見と思って食べただけなんです。
すみませんすみません。

神戸市 神戸ポートタワー

さてさて今回は、兵庫県神戸市にあります、神戸ポートタワーへ行ってきましたよ。
赤い鼓型の神戸港シンボルタワーでございます。

convert_20150322093514.jpg

近くで見上げると、迫力ありますねえ。
ウルトラマンよりも高く、ゴジラと同じぐらいの高さとのことです。

convert_20150322093730.jpg

昭和38年開館とのことですから、ところどころ、レトロの香りがいたします。
エレベータガールのお姉さんは今時の美しい方でしたが、服装がレトロなので全てがレトロに染まってしまっていました。
お土産物屋さんのレトロ感も半端ありません。
展望台のお土産物屋さんの店番の妙齢の御婦人のレトロ感が一番でございました。
昭和の香りが色濃く残っています。

最上階へはエレベータと階段を使って上がります。
神戸の美しい景色が広がって素晴らしいです。

convert_20150322093612.jpg

海と山に囲まれた神戸。
大好きな街です。

convert_20150322093556.jpg

夜は素晴らしい夜景が広がります。

convert_20150322093540.jpg

大学生の頃、六甲山から眺めた神戸の夜景が本当に素晴らしく、今でも心に残っています。

convert_20150322093527.jpg

高層ビルも増えました。

convert_20150322093628.jpg

ホテルの屋上では結婚式が行われていました。
幸せな一コマですね。

convert_20150322093715.jpg

こけみんも少し御裾分けをいただきたいですね。

非常階段を見付けました。

convert_20150322093700.jpg

展望台には従業員が、売店にいる妙齢の御婦人店員さんしかいなかったのですが、どう誘導してくださるのでしょう…。

スカイウォークなるものがありました。
強化ガラスから、地上が覗けるようです。

convert_20150322093647.jpg

ムスカの台詞が思わず口から出そうになりますね。

こけみんは観光地めぐりが大好きで、記念メダルも大好きなのです。
ということで、メダルを買いました。

convert_20150322093902.jpg

コレクションがまた一枚増えました。
すごく嬉しいのでございます。

そして何が一番怖かったかと申しますと、エレベータ乗り場の隙間から、地上がスカスカに見えた事です。
赴いた折には、一度ご覧になると良いかと思います。

桑名市 ナガシマスパーランド

三重県桑名市にある、ナガシマスパーランドに立ち寄ったわけですけれども、

convert_20150315140357.jpg

若者がうじゃうじゃいらっしゃいました。
皆さま、とても楽しそうでした。

convert_20150315140427.jpg

若い頃はこけみんもあんなにはしゃぐことが出来たのでしょうか。
今は何をしてもはしゃぐことが出来なくなりました。

convert_20150315140440.jpg

で、結局ナガシマスパーランドで何をしたかと申しますと、

convert_20150315140455.jpg

アトラクションの見学でした。
ああ、これは絶対酔うな、これも激しく酔うな、それしか考えられなかったこけみんは、もう御老体です。

convert_20150315140508.jpg

上に下に、左右にと、これでもかッというアトラクションが多い。
絶叫マシーンが大好きな御仁には、凄く楽しい場所となっております。

convert_20150315140529.jpg

しかしながらこけみんは乗り物系等に弱いので、乗っている最中にクチから何かを散らかす可能性があります。
背後のひとにご迷惑を掛けてはならないので、見学だけさせていただいたのでございます。
ていうか、見ているだけで酔ってしまいました。
本当は乗りたいんだけれどね。


そしてこんな自販機を発見。

convert_20150315140413.jpg

10円で買える紙コップ自販機。
出てきた紙コップで温泉水を飲むということのようです。
アルカリ性単純温泉、ミネラルウォーターとして飲用出来るとのこと。
確かにミネラル分たっぷりのような気がします。

彦根市 献上伊吹そば つる亀庵

先日、滋賀県彦根市にございますお蕎麦屋さん、献上伊吹そば つる亀庵へ行ってきましたよ。
彦根城の近くですので、主に観光客の方が利用されるお店のようです。

日曜日の昼間でしたので、列が出来ておりました。
六番目に名前を書いてのんびりと待ちます。

convert_20150315143047.jpg

和風のお洒落な建物です。
新しいお店なのでしょうか。
色々観察している間に順番が回ってきました。
20分程待ったでしょうか。
こけみんの名前が呼ばれました。

店内は落ち着いた和風の内装となっておりました。
あれ、外では行列がまだあるのに、席が空いている…。
従業員さんの手が足りないのか、はたまた店内にお客様を詰め込まない主義なのか。
悩みながら席について、メニューを見ます。
琵琶湖特産 氷魚のかき揚げそば という季節限定のお蕎麦を頼む事にしました。

convert_20150315143100.jpg

待っている間に、お茶とお蕎麦のお菓子が届けられました。
お腹が空いていましたので、ほとんど食べてしまっていますが、お蕎麦をかりりと揚げた風味良いお菓子でした。
お茶と良く合っていました。

食べ終えた頃に、お蕎麦が届きました。

convert_20150315143112.jpg

温かいかき揚げはさくさくとした歯触りで、とても美味しい。
お野菜の歯応えが時折訪れて、飽きない。
氷魚はかき揚げの中とお蕎麦の上にあり、これまた美味しい。
あっという間に完食です。
ご馳走様でした。

ところでタラコやイクラ、いかなごやちりめんじゃこを食べた後、何匹殺生したのだろう、とふと思う事、ありませんでしょうか。

名古屋市 名鉄バスセンター

こけみんは田舎者でございますから、愛知県名古屋市の名鉄バスセンターに驚いたのでございます。

convert_20150315141541.jpg

ビルの中に、というか、百貨店や私鉄やホテルが入っているビルに、バスセンターがあるなんて。
最初にお考えになった御仁は凄いですね。

ビルの3階と4階がバスセンターになっており、乗り場にはガラス張りのホームドアが設置されています。

convert_20150315140341.jpg

3階や4階にあるバスセンターからどうやってバスが出て行くのか、入って行くのか、それは乗ってからのお楽しみでございますよ。

名古屋市 山本屋総本家 名鉄店

愛知県名古屋市の名鉄百貨店本店9階にございます、山本屋総本家 名鉄店へ行ってきましたよ。
名古屋に行ったならば、ご当地ものをどうしても食したい。
ということで、味噌煮込みうどん狙いで赴いたわけです。

百貨店の営業時間が終わった20時以降に行かせていただいたのですけれども、9階へ上がるエレベータが見付からない。
分かりづらい。
9階のグルメステーションの営業時間は23時までですから、エレベータで上がるしかないのですけれども、こけみんのような不慣れな人には少し分かりづらい位置にあります。
15分ほど彷徨ってしまいました。

そしてようやくエレベータに乗り込み、別嬪さんのエレベータガールにお願いして9階を目指したのであります。
ひつまぶしのお店などは行列が出来ていましたが、幸いにもこちらのお店には列が出来ておりませんでした。
うきうきしながら入店でございます。

席を案内される前、そばアレルギーはありますかと尋ねられました。
うどんなのにそば??と思いつつ、ありませんと答えました。
そばは何に使っているのでしょう。

メニューを手に取り、お料理を選びます。
お店の入口のディスプレイにお勧めと書いてあった、親子煮込うどんをオーダーすることにいたしました。
うどんでこの値段…結構お高めですけれども、旅先では少しくらいの贅沢はすべきでしょう。

そして届けられる前掛け。

convert_20150310195430.jpg

説明なく置かれたのですが、お洋服に汁が飛び散るからかしら。
近くのお客様を見ると、皆さま首からエプロンを掛けていらっしゃる。
汚れないためなのだろうと思って、首から下げる事にいたしました。

ほどなくして、熱々のお料理が到着。

convert_20150310195456.jpg

ぐつぐつと煮立っています。

ぱかり。

convert_20150310195526.jpg

確かテレビで、蓋はお皿代わりに使用する、と言っていた気がします。
店員さんからの説明はありませんでしたが、きっとそうなのでしょう。

手を合わせていただきます。

…………、むむ、麺が固い。
コシというか、団子を食べているような歯触りと申しましょうか。
そして具が少ない。
肉が少ないし卵もどこに入っているのか分からない。
ボリュームが少ない…。

ニガい。味噌辛い。
出汁の味がしない…。
薄味に慣れているこけみんの舌には合いませんでした。

他のお客様を見ると、追加でごはんを頼んでおられました。
スープの中に入れるのでしょうか。
こけみんは具と麺だけ啜ってご馳走様をいたしました。
スープが大量に残りましたが、食する気になりませんでした。

地域によって色々と味の好みが変わるものなのですね。

彦根市 オーミマリン 竹生島めぐり

先日、滋賀県彦根市にあります彦根港から、竹生島めぐりへ行ってきましたよ。

竹生島は琵琶湖に浮かぶ島でして、船でしか行く事ができません。
琵琶湖の各港から船が出ていますが、こけみんは彦根港から行くことにいたしましたよ。

JR彦根駅から港まで、徒歩では厳しい距離です。
無料シャトルバス、もしくはレンタサイクルを利用すると良いでしょう。

この日は晴天に恵まれました。

DSC_0360_convert_20150315142122.jpg

彦根港から片道40分、竹生島での滞在時間は70分の船旅です。
日曜日でしたので、御家族連れやら老夫婦等、たくさんの方々がお待ちでした。

待合所はレトロ感溢れる場所でした。
近代的ではない辺りがまたよろしい。

DSC_0369_convert_20150315142146.jpg

乗船時間となり、皆さま船へと向かいます。
振り返って誰もいなくなった待合所を ぱちり。

こけみんが乗ったのは、前の船です。

DSC_0366_convert_20150315142135.jpg

チケットを手渡して乗り込みます。

DSC_0375_convert_20150315142216.jpg

船の中から写真を一枚。
良いですね、このレトロ感。

船の中もレトロ感溢れる内装かと思いきや、リフォームされたのでしょうか、とてもきれい。

DSC_0373_convert_20150315142201.jpg

木目調の壁等が御洒落です。
窓際の席に落ち着きまして、出航を待ちます。

二階が操舵室ですので、客室の前方の窓からは、風景が楽しめます。
船内にはお手洗いもありまして、快適な船旅を満喫できます。

出航!
―――――…と、思ったら、

convert_20150315142233.jpg

風で揺れる揺れる。
大きな飛沫を立てて高速で船が進みます。
硬い波を砕き、早い速度を保ちながら目的地へと向かいます。

そしてこけみんは酔いました。
ぐったり。
しかし周囲の御子達は元気、もしくは寝ているという状況でした。
最近の御子は、乗り物に強いのでしょうか…。

40分、船から出られないと考えたら泣きそうになったので、ひたすら前方の景色を眺めていました。
酔い止めを飲んでおくべきだった。
何とか最悪の事態を回避し、島に到着でございます。

convert_20150315142249.jpg

こけみんのお船の他に、色々な港からのお船も集合しておりました。

70分はあッという間に過ぎて行きました。
再び40分の船旅が始まる前に、手持ちの酔い止めを飲みました。
そして出航。

convert_20150315143021.jpg

偽薬効果かもしれませんが、帰りは全く酔いませんでした。
風も落ち着いて船も揺れませんでしたので、帰りは快適な時間を過ごしました。

擦れ違う船は、次の便のものでしょうか。

convert_20150315143034.jpg

竹生島については後ほど別記いたしますが、とても見応えのある場所でした。
心に残る旅をすることができました。

桑名市 なばなの里 ベゴニアガーデン

先日、三重県桑名市にあります、なばなの里のベゴニアガーデンへ行ってきましたよ。

なばなの里のホームページの紹介には、
大輪の花ベゴニアをはじめ、世界各国から集めた数百種・1万2千株の絢爛たる花々が4棟から成る大温室で常時栽培・展示しております。まるで絵画の中に足を踏み入れたかのようなベゴニアの花の美しさは、見る人を虜にすること間違いなしです。咲き誇る花々をバックにした記念撮影スペースもあり、素敵な思い出を持ち帰ることができます。
とあります。

温室管理されており、ウィンターイルミネーションの時期もベゴニアを楽しむことができます。
温室への扉をくぐると、色とりどりの花が目に飛び込んできます。

convert_20150315140642.jpg

初めて入るお客様は、きっと驚くことでしょう。
圧巻と呼ぶにふさわしい花が温室いっぱいに咲き乱れています。

convert_20150315140705.jpg

きっちりと手入れをなさっているのでしょう。
全てが見頃のお花です。

convert_20150315140729.jpg

自分のカメラやスマホでベゴニアの前で写真撮影をしてくれるサービスもあり、行列ができていました。

convert_20150315140746.jpg

なばなの里の入場料のほかに、ベゴニアガーデンは1000円が必要となっています。

convert_20150315140803.jpg

ウィンターイルミネーションの時期は2100円の入場チケットに、里内で使える1000円の金券がついていますので、それを使用されると良いでしょう。

convert_20150315140818.jpg

一面ベゴニアの温室から移りますと、何やら熱帯地方の雰囲気の温室に。

convert_20150315140834.jpg

温室は一つだけかと思っていましたら、いくつか繋がっているようです。

convert_20150315140852.jpg

こちらも手入れがきちんと行き届いています。

convert_20150315140908.jpg

しかし後で気付きましたが、昆虫の気配が一切ありませんでした。

convert_20150315140925.jpg

温度設定的に昆虫の適温ではないのでしょうか。

convert_20150315140944.jpg

それとも日々職員さんが網で捕獲なさっているのでしょうか。

ウィンターイルミネーションの寒い時期は、点灯までの待ち時間、温室に逃げ込んで待つのも良いかもしれません。

convert_20150315141002.jpg

ただし同じ考えの方々で混み合うかもしれませんね。

convert_20150315141021.jpg

こちらの温室のベゴニアも素晴らしい。

convert_20150315141046.jpg

ここだけで一体何株あるのでしょう。

convert_20150315141108.jpg

温室内にカフェもありました。
簡単な飲み物を注文できるようです。

そして出口付近。
「振り返って、今一度ベゴニアをご鑑賞ください」とメッセージボードが出ていました。
振り返ると、

convert_20150315141129.jpg

池に浮かぶ花弁たち。
美しく咲くベゴニアの花々。

素晴らしいお庭を散策することができました。

桑名市 なばなの里 ウィンターイルミネーション

先日、三重県桑名市にあります、なばなの里へ行ってきましたよ。

毎年10月末から3月の終わりまで、ウィンターイルミネーションが開催されています。
とても有名な催しでして、ずっと行きたくてようやく今年、夢が叶いました。

イルミネーションの点灯は日没でして、時期によって時間が変わります。
こけみんがお邪魔した日は、18時過ぎが点灯時間となっておりました。
その少し前にゲートを潜りました。

convert_20150315140543.jpg

平日でしたが、カップル、ツアーのお客様、家族連れ等、たくさんの人が来られていました。
こけみんは事前にコンビニエンスストアでチケットを買い求めていましたので、並ばずに入る事ができました。

里内には無料で楽しめる足湯がありました。

convert_20150315140557.jpg

冷えた身体には嬉しいですね。
里内には有料のお風呂の施設もあるようです。

暗くなる前の里内風景。

convert_20150315140611.jpg

手入れされた草木がきれいですね。

お食事できるところもたくさんありました。

convert_20150315140626.jpg

でもたくさんの人がいらしていましたので、並ぶ事になるでしょうね。

そして点灯の時間です。

convert_20150315141144.jpg

里内が光に包まれます。

アイランド富士という展望施設から庭園を見下ろしたかったのですけれども、人の多さに負けました。
左端に写っている円盤がアイランド富士です。

見物客も一気に増えました。
里内は一方通行で、流れに身を任せて先へと進みます。
徐々に人口密度が濃くなります。

平日でこの多さならば、休日やらクリスマス、お正月なんて満員電車並であったことでしょう。
等と考えていると、視線の先に光が見えてきました。



光のトンネルです。

convert_20150315141204.jpg

素晴らしかった。

convert_20150315141222.jpg

本当に光に包まれたトンネルでした。
皆さまも余りの美しさに絶句されていました。

長く続く光のトンネルを十分に堪能した後は、メイン会場へ。
今年はナイアガラの滝をモチーフにしたとのこと。

convert_20150315141234.jpg

色が次々と変わって行きます。

convert_20150315141246.jpg

これだけ美しいものを作るには、大変な準備作業があったのでしょう。

convert_20150315141257.jpg

作り手の皆様に拍手をお送りしたい。
人の波に負けて程無く場を離れましたが、美しさに浸る事ができました。

メイン会場の先には、お花畑のトンネルもありました。

convert_20150315141309.jpg

トンネル内では小鳥のさえずりも聞こえます。

convert_20150315141328.jpg

緑だったり、ピンクだったり、変化する色合いで季節を感じる事が出来ます。

convert_20150315141344.jpg

癒しの効果もあるのでしょうか。
気持ちが安らぎました。

鏡池という場所がありました。

convert_20150315141402.jpg

静かな水面が鏡のように木々を映しています。
とても幻想的でした。

ツインツリーです。

convert_20150315141414.jpg

光の雲海。

convert_20150315141428.jpg

ちょうど梅の時期でしたので、梅苑のライトアップも美しかったです。

convert_20150315141441.jpg

夜の梅は色気がありますね。

convert_20150315141456.jpg

和装の美女が似合いそう。

convert_20150315141511.jpg

美しい場所を堪能できて満足です。

料金は大人一人2100円です。
チケットには里内で使える1000円の金券がついています。
おみやげものやベゴニアガーデン、お風呂等に使うと良いでしょう。

convert_20150315141529.jpg

交通手段ですが、ツアー、自家用車の方が安心できます。
バスを使いますと並ぶことになりますので時間が読めませんし、無事駅まで戻る事が出来るのか不安になります。
特に名古屋方面直通バスは30分に1本しかなく、長島温泉発ですので座席が埋まった状態で来ます。
高速道路を使いますので、座席分のお客様しか乗る事が出来ません。
しかしこけみんの時は臨時バスが出てくれましたので、何とか戻る事が出来ました。
くわばらくわばらでございます。

相生市 カスタネット

先日、兵庫県相生市にありますパン屋さん、カスタネットへ行ってきましたよ。
炭水化物が大好物のこけみん、美味しそうなパン屋さんがあると聞けば、どこへでも参る所存でございます。

convert_20150301172837.jpg

店内に並べられていたパンは少々種類が少なめでございました。
しかしどれも素朴ながら美味しそうなパンでございまして、選ぶのに難儀いたしました。

で、選んだのがこの子達。

convert_20150301173003.jpg

うむ、美味しい。
真直ぐで実直なパンの味わいでございました。

ご馳走様でした。

ポンカン

運動の後等、咽喉が乾いた時に食べる くだものは最高ですね。

convert_20150301173055.jpg

だけれども思うのです。

みずみずしいくだものも、数日経てば水分を失って果実はしわしわに。
ああなるほど、人間も年を取るとしわしわになるもんなあ、と、鏡で自らの顔を眺め、納得するわけであります。

何事も自然の摂理。
仕方のないことでございます。(嗚咽)

名古屋駅 みそかつ&えびふりゃ~

名古屋駅のキヨスクで駅弁を買いました。
せっかく名古屋に来たのですから、みそかつ&えびふりゃ~というベタなお弁当を買って夜にいただいたのですけれども、

convert_20150310195740.jpg

しょっぱい。

convert_20150310195756.jpg

おかずの塩辛さに比してごはんの量が圧倒的に足りない。
元々薄味を好むものですから、この尋常じゃない味噌味といいますか、塩辛さは耐え難いものがありました。
後で咽喉が乾いてしまいました。
名古屋の方々は本当にこの味噌加減でお食事なさっているのかしら…。
それとも意図的に強調されたお味なのかしら…。
謎だわ。

ところで食べてしまった後に気付いたのですけれども、カロリーが1212kcalもあったのですけれども!
がっつり完食してしまったこけみんは、1キロ太ったのでありました。

桑名市 長島温泉 湯あみの島

先日、湯治と称しまして、三重県桑名市にございます、長島温泉 湯あみの島へ行ってきましたよ。
名古屋駅からバスを利用いたしました。
高速道路を使いますので、50分程度で到着することができました。
お得な企画乗車券もありますので、利用すると良いでしょう。
しかしながら一番良いのは自家用車を使うことでしょうね。
時間を気にせずゆっくり出来ますし、広い駐車場もありますから。

ということで到着。
ゲートを潜りましょう。

convert_20150310195902.jpg

まずはロッカーに靴を入れ、フロントで手続きを済ませます。
リストバンドを受け取り、お風呂へと向かいます。
館内は全てバーコード処理となっており、最後に一括精算するシステムのようです。

ロッカーに荷物を入れて、お借りした浴衣に着替え、脱衣所へ。
広いので、人が多くとも然程窮屈に感じる事はありませんでした。
ふくよかな裸体を晒しながら、湯殿へと向かいます。

たくさんの種類のお風呂がありました。
主に屋外にお風呂があり、木々の中、川の傍、山の近く、自然溢れる場所にありましたので、とても気持ち良いです。
色々と趣向を凝らしており、お風呂好きの方にとっては長時間楽しめる場所となっています。
こけみんも豊満なボディを外気に晒しつつ、全てのお風呂に入りました。
最初は屋外で寒かったですけれども、最後の方は茹って熱いぐらいでした。

お風呂を十分堪能した後は、お食事です。
大広間がありまして、そちらで自由にお食事が出来るようになっています。
こけみんは和風カフェテリアで助六寿司とサラダをチョイスいたしました。

convert_20150310195922.jpg

周囲は妙齢の方々で溢れています。
どこかの年金友の会のツアーのお客様のようでした。

convert_20150310195946.jpg

大広間では歌謡ショウが一日に二公演開催されており、無料で鑑賞する事が出来ます。
この日は小金沢昇司ショウでございました。
お食事をいただきながら鑑賞したわけでございますが、

感動いたしました。
ちょっと涙が出そうになりました。

さすがプロと申しましょうか。
否、プロでも手を抜く方もいらっしゃいますが、小金沢さんはきちんと丁寧に歌っておられました。
トークもお上手で、お歌ももちろんお上手で、素晴らしい45分間を過ごさせていただきました。
大満足です。
あんなに上手に歌ってみたいものです。

そしてのんびりと映画を鑑賞。

convert_20150310200009.jpg

ちょうどリトルフォレストという映画が上映されていました。
時間の都合で最後まで見る事が出来なかったので、帰宅してからツタヤで借りることにいたしました。

湯あみの島は一時間、二時間の滞在ではなく、半日以上滞在すべき場所でございます。
まだまだのんびりと過ごしたかったこけみんでございます。

名古屋市 ナナちゃん

愛知県名古屋市にて、異星人らしきを発見。
否、これは今流行の、巨人なるものか。

convert_20150310185317.jpg

リヴァイ兵士長を呼ばねば。

等と取り乱してしまいましたが、この大きなマネキンは、名鉄百貨店のアラフォーの広報部員、ナナちゃんだそうです。
名鉄百貨店のホームページを覗きますと、

●いる場所…[メンズ館]1階エントランス前
●生年月日…S48.4.28
●体重…600kg
●バスト…2m07cm
●ウエスト…1m80cm
●ヒップ…2m15cm
●素材…FRP硬質塩ビ樹脂
●デザイン…スイス(シュレッピー社)

とのこと。
スタイルが良いのかどうなのか、ちょっと判断がつきません。

季節によって色々と御召し物を変えているようです。
赴いた折には、名古屋ウィメンズマラソン2015 ランナーナナちゃんヴァージョンでした。
実際ナナちゃんがマラソンに出たら、ちょっと怖いかもしれませんね。

convert_20150310185349.jpg

せっかくなので、足の間を通り抜けてみました。
何かご利益がありそうです。

新幹線

滅多に乗らない新幹線。
憧れの超特急でございます!

convert_20150309183820.jpg

びゅわーん、びゅわーん、はしるー。
あおいひかりのちょうとっきゅう。
じそくにひゃくごじゅうきろー。

思わず童謡の「はしれちょうとっきゅう」を口ずさんでしまいました。

convert_20150309183838.jpg

平日の早朝、新幹線の乗客はほとんどがビジネスマンでした。
きっとデキる男たちなのでしょう。
ご家族のために頑張っているのでしょう。
心の中でそっとエールを送りました。

ちょっと、

旅に出てきますね。

convert_20150227212544.jpg

良き週末を。

相生市 コール ドゥ (Coeur Doux)

先日、兵庫県相生市にありますケーキ屋さん、コール ドゥ (Coeur Doux)に行ってきましたよ。
大通りから少しばかり離れた所にあるケーキ屋さんでございます。

ちょっと迷いながらもなんとか到着。
駐車場が見当たりません…。
お店の前に仮置きしまして、ぱぱっ、と購入する事にいたしました。

convert_20150301172910.jpg

焼き菓子、ケーキ、色々とありました。
ケーキの品数は少々少なかったですが、どれを買おうかとても迷ってしまいました。
色鮮やかなケーキは見ていて飽きません。

結局、いちごとチーズのケーキと、焼き菓子の詰め合わせを購入いたしました。

convert_20150301173033.jpg

焼き菓子の詰め合わせはお遣い物、ケーキはこけみん用でございます。
こけみんの荒々しい運転でケーキは箱の中で転んでしまったようです…可哀想に…。

やんわりとした生地と程良い甘さが美味しいケーキでございました。
ベリーの甘酸っぱさが良く合っておりました。
もう一つ買えば良かったと後悔したのでございます。

春近し。

自宅のお庭の梅が綺麗に咲き始めました。

convert_20150304212221.jpg

うぐいすが梅の蜜を啄んでいました。

春が近いと、何かそわそわしますね。

赤磐市 岡山農業公園 ドイツの森

先日、岡山県赤磐市にあります、岡山農業公園 ドイツの森に行ってきましたよ。
岡山の市街地から車で約一時間、ドライブがてらに丁度良い場所にあります。
ご家族連れにぴったりの公園でございます。

convert_20150222121139.jpg

混み合う事もなく、無料駐車場も広いのでお勧めの遊び場所です。
ただ、入園料が大人800円となっておりまして、少々お高い。

convert_20150222121157.jpg

広大な土地を管理しようと思えば、致し方ないかもしれませんね。
花等が咲かない冬場は半額の金額になっています。

閑散としております。
ちょっと経営的に気になりますが、こけみんは人混みが嫌いですので結構お気に入りの場所だったりします。

convert_20150222121213.jpg

ドイツに行った事はありませんが、何やらドイツの世界みたいな感じがします。

convert_20150222121234.jpg

きっとこんな田園風景が広がっているのでしょうね。

convert_20150222121258.jpg

いや、待てよ。

convert_20150222121316.jpg

日本だって忍者屋敷が立ち並んでいるとかそう思われていないかしら。
だったら本当のドイツもこの風景ではないのでは…。

convert_20150222121337.jpg

等と訝しみながらも、街らしき場所に向かいました。

convert_20150222121406.jpg

お土産物屋さんやら、ワイナリー等がありました。

convert_20150222122242.jpg

ワイナリーでは、200円で試飲が出来ました。
ひとつひとつ確かめて、一番美味しかったワインを購入しました。
後でディスプレイを見ると、人気ナンバーワンのワインでした。
飲みやすいはずです。

convert_20150222121423.jpg

これ里ワインキャンベル・ロゼ(甘口)、口当たりがとても良かったです。

次に、バームクーヘン工房。

convert_20150222121438.jpg

噛り付きたいのをぐ、と我慢いたしました。

春になるとお花畑になりそうな予感。

convert_20150222121454.jpg

チューチュートレインで園内を一周できるみたいです。

convert_20150222121510.jpg

電動かしら…ディーゼルかしら…。

等と、どうでも良い事を考えながら、牧場へ。
牧場の入口に、こんなものが。

convert_20150222121529.jpg

羊の毛が。
こけみんは未知のものは必ずにおいを嗅いでしまう人間ですから、鼻を寄せて嗅いでみました。
羊臭が半端無い。
持って帰るのは断念いたしました。

牧場にはお馬さん等がいらっしゃいました。

convert_20150222121545.jpg

か、噛むんですって…。

牧場の近くにもお花畑がありました。

convert_20150222121601.jpg

何が咲くのかしら。

うさぎと触れ合える広場もありました。

convert_20150222121616.jpg

うさぎは隙間に挟まっていました。

convert_20150222121634.jpg

そ、と触るとふわふわでした。

うさぎの近くに、ぶたさんが。

convert_20150222121651.jpg

パンフレットにはミニブタと書いていたのですけれども、これって…ミニ…?

奥には羊たちが。

convert_20150222121711.jpg

めぇえええ、めぇえええ!!
人と酷似した声で鳴き叫んでいました。

羊さん、

convert_20150222121729.jpg

すみません、

convert_20150222121747.jpg

こけみん、餌を持参しておりません。

convert_20150222121802.jpg

そうお声をかけると、あちらに行ってしまいました。

convert_20150222121823.jpg

ちょうど牧羊犬による追い込みショーが始まるとのことで行ってみました。

convert_20150222121848.jpg

お姉さんとお兄さんが担当なさっておられました。
お若いけれどアルバイトかしら…農業系の学生さんかしら…。
年を取ると、どうでも良い事が気になって仕方ありません。

convert_20150222121905.jpg

羊はこうしてちょんと座らせると、身動きが取れなくなるそうです。
毛刈り等の際には必ずこうして座らせるそうです。

そして牧羊犬が登場。
お利口そうなわんちゃんです。

convert_20150222121922.jpg

お兄さんが犬笛と棒を使って指示を出し、それに従って犬が行動します。
犬は逃げる羊を綺麗に纏めながら、目的地まで誘導します。
あっぱれです。
人の力では難しい作業を、わんちゃんは軽々とこなします。
なんてお利口さんなんだろう。
因みに犬笛は購入可能だそうです。
…………一瞬買いそうになりました。
犬を飼っておりませんが。

他にヤギ等も寛いでいました。

convert_20150222121940.jpg

増えた家畜は捌いて食べるのかしら…。
年を取るとこんなことばかりが気になります。

アルパカもいらっしゃいました。

convert_20150222121955.jpg

髪型がすごいです。

convert_20150222122012.jpg

イキっていますよね。

convert_20150222122028.jpg

身だしなみには気を付けている模様。

ボートも楽しめるようです。

convert_20150222122043.jpg

看板を見ますと、緊急時に大人は飛び込んで大丈夫と書いていました。
水深120cmとのこと。
こけみん、微妙に背丈が足りません…。

convert_20150222122059.jpg

機関車で池を一周することもできるみたいですね。

ゴーカートも楽しめます。

convert_20150222122113.jpg

そしてこけみんはいい大人なのに乗りたくて乗ってしまいました。
どえらい怖い。

convert_20150222122128.jpg

しかしながら傍から見れば、駆け足程度の速度だったことでしょう。
実に楽しかった。
童心に戻るのは楽しい。

小腹が空いたので、村らしき場所へ。

convert_20150222122144.jpg

実にのんびりしています。

convert_20150222122200.jpg

石釜パンを買ってみました。
残念ながら焼き立ては売り切れており、昨日焼いたパンを購入いたしました。
1000円を700円に負けていただいたので逆に良かったかも。

convert_20150222122214.jpg

くるみ入りで素朴な味わいでした。
トーストすると香ばしさが際立ち、美味しかったです。

ソーセージ、コーラも飲みましょう。

convert_20150222122227.jpg

美味しいですね。
普段の二倍増しで美味しい。

convert_20150222122256.jpg

入園料の他に、乗り物代、御食事代等お金がかかってしまいますが、中々良い所であります。
混み合うことがありませんので、小さなお子様連れは自由に走り回れたりして良いかと思います。
一日のんびり楽しめることでしょう。

神戸ケトルチップス しょース味

カルビープラス神戸ハーバーランドumie店限定土産とのことで、神戸ケトルチップス しょース味なるものをいただきました。

しょース味っていうのが、おしょうゆとソースのいいとこ取り調味料だそうです。
パッケージを開くとふわりと香る仄かなソースのかおり。
食べるとなるほど、ソースの中におしょうゆの味わいがありました。

普段食べているポテトチップスよりも硬めで歯応えがありました。
美味しかったです、御馳走様でした。

convert_20150227212558.jpg

まるで関係ありませんが、ポテチを食べる時、指に粉がつくのが余り好まないものですから、いつも箸でいただいています。

たい焼き

120円で釣ったった。

convert_20150301172937.jpg

活きの良いたい焼きを食ったった。