プレミアム桔梗信玄餅吟造り

プレミアム桔梗信玄餅吟造りでございます。
なんとも豪華なお菓子。
お殿様気分になれること間違いなし。

convert_20140708203820.jpg

信玄餅といえば、きなこと黒蜜。
手順書も添付されておりましたが、きなこを上手にいただく方法が何気に難しい。

太宰治の斜陽に、
最後の貴族のお母さまがお食事を召し上がる様子が描写されています。
手でひょいとつまんで口に運ぶ描写等、品があってとても大好きなのですけれども、ああいうのは天性ですよね。

ということで、庶民であるこけみんは案の定、きなこを撒き散らかしたのでございました。
スポンサーサイト

宍粟市 道の駅ちくさ

先日、兵庫県宍粟市にございます、道の駅ちくさに行ってきましたよ。
清流千種川の傍にあり、建物の裏に回ると美しい川の流れを見る事が出来ます。

convert_20140729195356.jpg

道の駅としては小規模で、年季を感じさせる建物ですが、雰囲気がとても良い。
懐かしさ溢れる道の駅です。

convert_20140729195333.jpg

お土産コーナーも狭いけれど、色々売られていました。
末廣堂の和菓子に心惹かれましたが、理性を総動員して堪えました。
最近のこけみんの腹回りは危険な状況です。

この日は食事はしませんでしたが、随分前にレストランに入った事があるのですけれども、とっても美味しかった記憶があります。

convert_20140729195240.jpg

寒い日で、熱々の鳥の唐揚げが本当に美味しかったことが、ずっと心に残っています。
今はメニューは変わってしまったのかしら。
だんご汁、鹿肉、猪肉ののぼりが立っておりました。
次は是非とも名物料理をいただきたいと思います。

幸せの記憶を残す事が、旅の醍醐味ですね。

よいこのみんなへ。

今日はよいこにしておりましたので、ごほうびにビスコをあげましょう。

convert_20140729200543.jpg

よいこのみんなは、歯でクリームだけ、むしりとるようなことはしてはいけませんよ。

果たしてどの欲が勝るのか。

睡眠欲、食欲、性欲。

三大欲求とはよく申しますが、果たしてどれが一番強いのか。


あまいもんたべたい。


これが一番だと思うのですがどうでしょう。

…といいながら、今現在睡眠欲に蝕まれ、何を言いたいのか書いているのか分からない状況も、酷い。
睡眠欲も勝ち組です。

convert_20140713154757.jpg

北野梅林という京都のお菓子。
梅の香りが仄かに感じられる、美味しいお菓子。


結局何が言いたかったかと申しますと、

お菓子さいこー。

そういうことでございます。

穂の一

暑い日が続いておりますが、皆さまお元気でしょうか。
バテ気味なのですが、全く体重が減っていないのはどうしてでしょう。

convert_20140615093520.jpg

お米の最中クッキー、穂の一。
斬新で個性的なお菓子。
美味でございました。

あっ、
減っていないのはおやつを食べているからか。

赤穂市 木津地区のひまわり

明日、兵庫県赤穂市木津で、第一回 木津ひまわりまつりが開催されるそうです。
ということで本日、ひまわりを覗きに行ってきた次第でございます。

DSC_4186_convert_20140726213703.jpg

おお、満開のようですね。
用水路にはたっぷりと水が流れておりました。
とても暑い日でしたので用水路で泳ぎたくなったのですが、案外深そうなので断念しました。
こけみんの美ボディを披露するチャンスだったのですけれどもね、残念。

DSC_4187_convert_20140726213735.jpg

広場ではテントの設営が始まっているようです。
地元自治会主催のおまつりのようですから、色々と用意が大変そうですね。
明日は少々雲が出る予報、晴れると良いのですが。
かといって晴天だと干乾びる予感もします。

DSC_4189_convert_20140726213815.jpg

ひまわり達も余りの暑気に項垂れ気味。
暑いよ、暑いよ、そんな呟きが聞こえてきそうな姿でした。

くいだおれ。

わいはくいだおれたろうや。

きんつばやのうて、ぎんつばや。
まちごうたらあかんぞ。

convert_20140615093506.jpg

まちごうたら、たいこのばちで あたま かちわったるぞ。

俺は、



心で泣いても背中で笑う。





そういう強い男に、


俺は、なりたい。


convert_20140713155542.jpg

e.g. 蟹の甲羅。

赤穂市 大津すいかまつり

先日、兵庫県赤穂市で開催されました、大津すいかまつりへ行ってきましたよ。
9時からなのですが、先に8時より整理券を配布するとのこと。
600円から2000円ですいかが買えるとのことで、毎年とても混雑するようです。

場所は、赤穂精華園の駐車場。
9時ちょっと過ぎに到着して会場へと向かいます。
………。
あの行列はもしや。

convert_20140723190524.jpg

炎天下の中、たくさんの方が並んでいらっしゃいました。
皆、いついらしたのかしら…。

同時に、露店も並んでおりましたよ。
お野菜にお菓子に散らし寿司に、いろいろ。

convert_20140723190623.jpg

すいかの試食があったので、一切れいただきました。
子供の頃、種を飲み込んだら大変なことになりそうで、凄く注意して食べていたことを思い出します。
あの頃は可愛かった。
何十年前のことだろう…感傷に浸りながら、ぷぷぷぷぷ、と蟻の行列のように黒い種を吐き出しました。
アディオス、黒き種たち。

すいかを買うためには、まずは整理券をいただいて列に並びます。
一人ずつ順番にすいかを選んでいくみたいですね。
おひとりさま一個限りみたいなので、みなさま吟味されている様子。

convert_20140723190542.jpg

ぽんぽん、と叩いても素人では分かりませんよね。
直感で選ぶしかありません。

そして赤穂市のゆるきゃら、陣たくんもいましたよ。

convert_20140723190653.jpg

頑張って営業なさっておられるようです。

じんた


誰が中に入っているのでしょう。
着ぐるみの中、咽喉からから状態で汗まみれになりながら西瓜を売る気持ちを思えば、お仕事お疲れ様、と声を掛けたくなったこけみんでございました。

佐用町 南光ひまわり館

先日、兵庫県佐用町にあります、南光ひまわり館へ行ってきましたよ。
佐用町はひまわりでとても有名で、丁度今が見頃となっております。
ただ、ひまわり館はひまわり畑からかなり離れたところにございますので注意が必要です。

convert_20140721203640.jpg

ということで到着。
ホームページによりますと、
館内では、ひまわり油の製造はもちろんひまわり商品を中心とした特産品の販売・喫茶軽食のコーナーのほか、
お餅の加工も行っています。工場見学などお気軽にお問い合わせください。
とありまして、まさしくひまわりのための施設となっています。

convert_20140721203758.jpg

入口では可愛らしいひまわりがお出迎えしてくれました。

convert_20140721203655.jpg

ひまわりの関連商品が売られておりました。
へえ、こんなものも作っているんだ。

convert_20140721204005.jpg

軽食もいただけるようです。

convert_20140721203711.jpg

ひまわりのコーヒーもあるようですね。

convert_20140721203743.jpg

今回は軽食はいただかず、ひまわりの飴を購入。
食いしん坊のこけみんは早速車で食べようと思って包装を解いたのですけれども、にちゃりとくっ付いて包装が剥がせない。
夏場だから飴がとけてしまったんでしょうね。
温度管理に気を付けてとけないようにしなくては駄目ですよ。

ということで、以前赴いた佐用町のひまわり畑の写真をどうぞ。

convert_20140720211151.jpg

一面に広がるひまわりはとても美しく、力強く。
見る人を元気づけてくれることでしょう。

ただ、見る向きを間違えますと、

convert_20140721213220.jpg

こんな感じになりまして、そっぽ向かれる物悲しさを味わうことになるでしょう。

宍粟市 ちくさ高原ゆり園

一昨日の土曜日、兵庫県宍粟市にございます、ちくさ高原ゆり園へ行ってきましたよ。
ちくさ高原は冬場はスキー場で有名ですが、去年からは夏はゆり園として、開園しております。

行った日は生憎の小雨模様。
かみなりさまもゴロゴロ。
山の天気は移ろいやすい。
でも涼しくて気持ち良い。

無料駐車場に車を置いて、チケットを購入。
大人一人1000円です。
ゲートの美人係員さんに手渡して、いざ。

convert_20140721095737.jpg

おお、
広々としたゲレンデに、ゆりがいっぱい。

convert_20140721094554.jpg

満開です。
とても良い香り。

convert_20140721095800.jpg

ゆり苗販売所もありました。
育てるのって難しいのかしら。

convert_20140721100001.jpg

普段はリフトでお山の天辺まで連れて行ってくれるのですが、落雷で止まっておりましたので、徒歩で散策。

convert_20140721100040.jpg

一面の、ゆり。

convert_20140721095942.jpg

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。

convert_20140721095924.jpg

美しい花畑を歩きますと、美人さんになったような錯覚。
あ、いや、錯覚じゃありませんとも。

convert_20140721100020.jpg

小さな雨粒に濡れて、生き生きとしていますね。

convert_20140721100100.jpg

花より団子、という言葉がございます。

convert_20140721100118.jpg

ということで、お食事タイム。
レストランがございますので、そちらで腹ごしらえを。

くま笹を使用した笹うどん(600円)。

convert_20140721095909.jpg

緑色のおうどんなんて珍しい。
笹の風味が仄かに香って美味。

ゆり御膳(1000円)。

convert_20140721095855.jpg

ゆり根の天麩羅がほくほくと美味。

そして夏野菜カレー(800円)。

convert_20140721095841.jpg

外で食べるカレーって何故こんなにおいしいのでしょうか。
お腹いっぱいになって満足。

雨は降ったり止んだり。
ゴロゴロとかみなりさまもお忙しそう。

突然の轟音、そして停電。
雷が近くに落ちたみたい。
大丈夫かしらと思っていたら、程無く復旧。
これでは今日はもうリフトは無理ね。

convert_20140721095825.jpg

お待ちになっていた皆様も帰宅準備。
そして外に出ると、

convert_20140721100156.jpg

ちぐみんという、ちくさ高原のゆるきゃらが、黄昏ていました。
雨よ、何故今降るのだ…。
隣の係員の方と、空を見て案じておられました。

何とも哀愁漂う一場面に遭遇いたしました。

赤穂市 山野製菓

先日、兵庫県赤穂市にあります、山野製菓 へ行ってきましたよ。
狭い路地が入り組む街中のお店なので、車では少し行き難いですが…こけみんのドライヴィングテクニックミ★で何とか辿り着きました。
とはいっても、車が擦れ違う事の出来る道幅なんですけれどもね。

convert_20140713154522.jpg

このお店のお赤飯はいただいた事はあるのですけれども、実際お店にうかがうのは初めてです。
こんなところにあったんですね、知らなかった。

ということで、こんにちは。

ケースの中には美味しそうなお饅頭が並んでおりました。
どれにしようかな。
大人買いしたいのを、ぐ、と堪えて、何とか選びました。

convert_20140713154554.jpg


左から、柚子饅頭、くるみ饅頭、麦饅頭。
賞味期限についてはそれぞれ、3日程度、一週間程度、今日中、とのこと。
女性の方が丁寧に説明してくださいまして、期限は大丈夫ですか、と問い掛けてくれましたが、全て今日中にいただきますのでご心配なさらず、と言い掛けて止めました。

そして帰宅して早速麦饅頭をいただきました。

…懐かしい。
実に懐かしく、そして素朴な味わいでした。

甘みが身体に、優しく染み入るような心地に浸れました。
他のお饅頭も美味しかった…。
有難うございました。

智頭町 みたき園

さて先日、鳥取県八頭郡智頭町にあります山菜料理のみたき園へお邪魔させていただきましたよ。
場所は鳥取自動車道の智頭南ICをおりまして、20分程度車を走らせた所にございます。

convert_20140713160920.jpg

芦津渓谷という山の中を走らせた先に、とても風情の良い建物が見えてくるはずです。

convert_20140713160852.jpg

周囲は山に囲まれ、自然溢れる場所となっております。
おみやげ処もありますね。

convert_20140713163530.jpg

後で購入させていただくとして、

convert_20140713162839.jpg

園内を少し散策させていただきましょう。

convert_20140713162859.jpg

みたき園は山菜料理を味わう事が出来る場所となっております。
以前お邪魔させていただいた折には、素朴で懐かしい、味わい深いお食事を堪能させていただきました。

convert_20140713162915.jpg

広い敷地内、点在する茅葺民家等でお食事が出来ます。

convert_20140713162931.jpg

カフェもございまして、美味しい珈琲などもいただくことができます。

convert_20140713162945.jpg

本当に素晴らしい場所です。

convert_20140713163000.jpg

一日いても飽きない。

convert_20140713163211.jpg

天空の滝も敷地内。

convert_20140713163014.jpg

立派な滝。

convert_20140713163043.jpg

滝へは、板敷を渡って近くに行く事も出来ます。

convert_20140713163057.jpg

下を流れる川も美しい。

convert_20140713163112.jpg

滝の傍には、ほこらもありました。

convert_20140713163128.jpg

休憩所もあります。

convert_20140713163143.jpg

滝は癒されますね。
マイナスイオン。

convert_20140713163156.jpg

メダカの群もすいすい。

convert_20140713163027.jpg

でも従業員さん曰く、この滝はポンプで吸い上げているとのこと。
えっ、マジで。

convert_20140713163225.jpg

軽くショックを受けるこけみん。
作られた自然だったか。

convert_20140713163254.jpg

しかしそんな事はどうでも良い。
そう思わせる風情の数々。

convert_20140713163239.jpg

暑い日だったけれど、冷房がなくてもとても涼しい。

convert_20140713163307.jpg

全てが自然と馴染んでいます。

convert_20140713163319.jpg

懐かしさを堪能できる場所。

convert_20140713163334.jpg

遊び回った、子供の頃を思い出します。

convert_20140713163406.jpg

流れる小川では、ビールやラムネを冷やしてありました。

convert_20140713163353.jpg

従業員は皆、御高齢の方々。
作務衣姿が馴染んでおられます。

convert_20140713163421.jpg

ここと街では、時間の流れ方が違うような気がします。

convert_20140713163434.jpg

ここに来ると、いやなことやわずらわしいことを忘れる事が出来ます。

convert_20140713163501.jpg

お客様は、若い方からお年を召した方まで様々。
たくさんの方々がお見えになっておられました。

convert_20140713163514.jpg

そしておみやげ処で、手製のこんにゃくと、ラムネを購入。
ラムネはビー玉を押し込んで開けるタイプでした。
手が濡れ濡れに。

convert_20140713160730.jpg

園内では鶏が自由に闊歩なさっておられました。
ええ、考えてはいけません。
この鶏、いつ食べられてしまうんだろう、そういうことは、野暮の極みです。

西粟倉村 道の駅あわくらんど

先日、岡山県英田郡西粟倉村にあります、道の駅あわくらんど へ行ってきましたよ。
この道の駅は大きく、楽しいので、よくお邪魔させていただいております。

以前の来訪記にも書きましたが、鳥取自動車道が開通いたしましてから人の流れががらりと変わり、賑わいは多少落ち着いております。
しかしそれでも人の多さは変わりません。

以前は駐車場に車が入りきらないほどでしたが、今はスムーズに停める事が出来ます。
ということで、何はともあれ、ごはんタイムです。

convert_20140713161254.jpg

って、なに。
ひげプリン。
めちゃくちゃ興味があるけれども、これからごはんなの。
今、食べたら、ごはん食べられない。
ああっ、食べたい、気になる…でもごはん。
うん、そうだね、まずはごはんだね。
ごはん…ごはん……プリン…。
と、何度もごはんを呟いてレストランへ。
後ろ髪を引かれるとはこの事でしょう。

そしてレストランで頼んだ品はこれ。

convert_20140713161319.jpg

そば定食。
夏といえど、腹を冷やしてはなりません。
温かな食事で身と心を満たしましょう。

お味は美味しく寛ぐ事が出来ましたが、如何せん、煙草の煙で好感度が急降下です。
喫煙室のようなものがありますが、衝立だけで何の役にも立っておりません。
分煙をなさるならば、きちんと間仕切りをして煙が漏れないようにしていただきたい。
そうすれば喫煙なさる方も気楽に吸えるというものです。

煙草の煙に咽喉をいがいがさせつつレストランを出てお土産ものを漁ります。
眺めているだけで楽しいですね。

convert_20140713160544.jpg

で、購入したのがこれ。
梨チョコインクッキー。
カロリーメイトのチョコレート味のようなクッキー生地の中に、梨風味のクリームが入っております。
最初は、うん?と微妙な表情をしてしまいましたが、二つ…三つと食べ進めますと、段々と美味しさが倍増します。
不思議だ。

えっ、
結局何個食べたって?

決まっています。
全部です。

たつの市 道の駅みつ

先日、兵庫県たつの市にあります、道の駅みつに行ってきましたよ。
海と山に囲まれた道の駅、何度行っても良い所です。

convert_20140713155156_201407171824285cc.jpg

海に降りる事も出来ます。

convert_20140713155218_2014071718243053a.jpg

童心に返って、拾った石で水切りでもしてみましょうか。

convert_20140713155250_20140717182432b1a.jpg

出来るだけ平らな石を選んで、と。
横投げで構えて…、

やあ!!

ぴ、ぴ、
と二度跳ねました。

そして肩を壊しました。
こけみんは本日引退いたしますが、我が巨人軍は永久に不滅です。
あら、元ネタが古い?

ということで、買い物でもいたしましょう。

convert_20140713155321_2014071718243390c.jpg

夏野菜やら特産品やらたくさん並んでおります。
お魚もいらっしゃいます。

convert_20140713155351_20140717182434d08.jpg

ハッ、と気付くと良い時間が経過しておりました。
道の駅って素晴らしい。

佐用町 上月駅

先日、兵庫県佐用郡佐用町上月にあります、西日本旅客鉄道(JR西日本)姫新線の駅、上月駅に立ち寄ってみました。
兵庫県最西端の駅とのことで、ここより西は岡山県になります。

駅には、こうづきふれあい特産物直売所が併設されており、地元特産品が販売されております。
ここで電車に乗る事はないですけれども、車ではよく立ち寄ります。
上月三叉路という要所にありますので、休憩にぴったりなのです。

そしてこの日も、美味しそうなものがありましたので、購入。

convert_20140713155807.jpg

もち大豆 豆乳プリン。
真っ白でふるふるした感じに惹かれました。
ということで、我慢出来ず駅の待合で食べる事に。

溢れる唾液を嚥下しつつ、匙を入れて掬い上げます。
純白のプリン…、陶酔の心地で、ひとくち。

あっ、豆腐!!!

まさしく、豆腐でございました。
豆腐を滑らかにして甘くした感じ。
豆腐好きには堪らない一品でございましょう。
ただ、こけみんは忘れておりました。
豆腐が苦手だったことを…。

そして待合で食べていると、かんかんかん、と遮断機の下りる音が。
滅多に来ない、電車が来たようです。

convert_20140713161002.jpg

一日平均利用人数は五十人未満のようです。
本数が少なく不便ではありますが、お車を持たない方々にとっては重要な交通手段に違いありません。
無人駅ながらきちんと清められた構内は気持ち良く、皆さまが大切になさっておられるのだな、とそう思った次第でございます。

赤穂市 さくら・ドゥ・アベニュー

暫く間が空いておりましたが、兵庫県赤穂市にあります日曜日の早朝にだけ開店している美味しいパン屋さん、さくら・ドゥ・アベニューへ行ってきましたよ。
何故行っていなかったか…そうです、御寝坊していたのですね。
早起きして行かないと、すぐに売り切れちゃうもの。
朝の7時には完売の勢い…。

ということで、今回は早起きしてお出掛けしたのでございます。
そしてお店が近くなるにつれ、嫌な予感が…。

お店の外までお客さんはみ出してるじゃない!

なんということでしょう。
いつもより早く到着したのにこの状況。
侮っておりました。

人波に揉まれつつ、何とかパンをゲット。
こんなにお客さんがいるなんて…みなさま、なんて食いしん坊なんだ!!

convert_20140713155501.jpg

戦利品がこれ。
めんたいこサンド、クロワッサン、ハムマヨ、クリームパン。
どれも揺るぎ無き美味さでした。
朝食として全ていただいてしまいました。

好みの関係もあると思うのですけれども、今までのパン屋さんの中で一番美味しいんですよね。
あんな美味しいパンを作る事の出来る人が家族だったらなあ、といつも思うわけであります。
おねだりし放題だもの。

convert_20140713155441.jpg

ということで、カレンダーを載せておきますね。

姫路市 神戸クック ワールドビュッフェ

先日、兵庫県姫路市にあります、神戸クック ワールドビュッフェへ行ってきましたよ。
日本最大のバイキングチェーンでございまして、たくさんの種類のお料理が食べ放題となっております。
週末はきっとお客様が多いでしょうし、何より平日の方がお安くてお得っていうのもありまして、平日の少し遅いお昼の時間帯に行かせていただいたのでございます。

DSC_3881_convert_20140713155855.jpg

中に入ってびっくり。
なんて広いのかしら…。

DSC_3872_convert_20140713160437.jpg

こんなに広いですけれども、週末はきっと待つことになるのでしょうね。
平日の昼下がりはテスト帰りの高校生、マダム、色々な客層の方が楽しんでらっしゃいました。

DSC_3875_convert_20140713160405.jpg

席に余裕がありますと、忙しく無くて良いですね。
皆様、お喋りに興じてらっしゃいました。

DSC_3880_convert_20140713155933.jpg

さて、お食事にしましょう。

お料理のコーナーも広く、種類に富んでいました。
和洋中、何でもあります。
少しずつお皿に取って行っても、食べ切れない量でございます。

DSC_3878_convert_20140713155951.jpg

ひとまわりして取ったお料理の品がこれ。
普通ですね。

お味は推して知るべし、
其処に期待をしてはいけません。

一皿目はぺろりと完食。
二皿目は、同じボリュームを盛り付けて、後はデザートを少し。
元々食が細いため、それでギブアップ。

支払額分は絶対に食べ切れておりませんが、実に楽しかった。
あれこれと迷い、吟味する楽しさは十分味わえました。
御家族連れにはぴったりでしょう。
大人も童心に戻れる場所となっております。

佐用町 道の駅宿場町ひらふく

さて先日、兵庫県佐用町にあります、道の駅宿場町ひらふくへ行ってきましたよ。
道の駅って楽しいですから、通り掛かりますと必ず寄ってしまいますよね。
ということで、案の定こけみんも立ち寄ったわけでございます。

convert_20140713161153.jpg

駐車場はいっぱいでした。
道の駅大好きっ子は巷に溢れているようですね。

すいかやトマト、お野菜が安価で売られていました。
中に入りますと、色々な特産品が並んでいました。
見ているだけで楽しいですね。

convert_20140713161229.jpg

特産品とは全く関係の無いポテチを買いまして、外へと出ますと、

convert_20140713161125.jpg

しかコロッケの屋台が。
夏の暑い日ですが、これは食べなくてはなりません。
ついでに牛肉メンチカツも買いました。

convert_20140713160609.jpg

ということで、帰宅後袋を紐解いた次第でございます。
そして分かった事は、作り立ては作り立てのうちにいただく。
これが鉄則であるとしみじみ思いながら完食いたしました。

ご馳走様でした。

姫路市 エコパークあぼし

さて先日、兵庫県姫路市にあります、エコパークあぼしにお邪魔いたしましたよ。
エコパークあぼしのHPによりますと、

日々排出されるごみの安全・安定的処理と循環型社会形成の拠点として、平成22年4月1日に『エコパークあぼし』がオープンしました。
『エコパークあぼし』では、積極的なバイオマス発電を導入したごみ焼却施設、ごみのリサイクルを図る再資源化施設のほか、ごみ・環境問題を楽しく学び、体験することができる環境楽習センターを整備しており、これらの施設を「めぐりルート」というコースで回遊しながら見学できます。
また、ごみの焼却熱を利用した温水プールなどを備えた健康増進センター、さらには広大なグラウンドゴルフ場を主体として大芝生広場や緑豊かな遊歩道などを整備し、人と環境に優しい未来型都市空間を創出しています。

とあります。
つまり、ごみ焼却関連施設のようです。
場所は海を埋め立てた島にあり、市街地からは少々離れております。

convert_20140712212803.jpg

施設は新しく、立派で、清潔でした。
こちらは環境楽習センター。
見学ツアーもあるようですが、時間が合わず、今回は見合わせました。
広い建物内は、勿体無いな、というような印象の展示施設でございました。

convert_20140712212842.jpg

そしてこちらが、健康増進センター。
隣接するように、広い緑地帯があります。
グラウンドゴルフを楽しんでらっしゃる御婦人方がいらっしゃいました。

convert_20140712212913.jpg

そして無料の足湯。
湯加減は少し熱めで、気持ちが良かったです。
足を漬けるだけでも疲れが癒されます。

ただ、風向きの具合だったのか、外気に仄かに臭気がございました。
工場地帯、田園、焼却施設、何れかは分かりませんでしたが、それさえ気にしなければ、とてもゆったりとした時間を過ごすことの出来る施設となっております。

若者へ。

若者へ。

今だけですよ、焼肉で胃が凭れないのは。
年を取るとぐっすり眠る事が出来ません、何度も起きてしまいます。
全速力で走る事が恐ろしくなります。
自転車を立ち漕ぎするのも辛くなります。

convert_20140708203808.jpg

小さな文字を読めなくなります。
漫画やゲームが楽しいと思えなくなります。
暗記が出来なくなり、忘れん坊になります。

なので、今を謳歌なさってくださいませ。

稀に、

稀に咽喉が乾くんですよね。
普段はコップ一杯の水分でも飲めないのですけれども。

convert_20140615093345.jpg

ハッ。
だからお肌がカサカサしているのでしょうか。
小皺が目立ってきているのでしょうか。

お手製、

お手製のおやつをいただきました。

convert_20140708203831.jpg

美味しい…。

こけみんはその方に、惚れました。
これが胃袋を掴まれる、そういうことなのですね ミ★

赤穂市 第9回赤穂元禄ゆかたまつり

先の土曜日、兵庫県赤穂市の大石神社で開催されました、第9回赤穂元禄ゆかたまつりへ行ってきましたよ。
梅雨時でございましたが雨も降らず、暑気も酷く無く、おまつり日和でございました。

17時からのおまつりでございましたので、赤穂城から大石神社へ続く歩行者専用道路には、紙灯篭が並んでおりました。
暗くなってお出掛けされた方が、情緒があって良いかも知れません。

convert_20140707212013.jpg

赤穂城を抜けて大石神社へと向かいます。
屋台も並んでおりましたよ。

convert_20140707211659.jpg

門をくぐりますと、一層賑やかでした。

convert_20140707211731.jpg

さすが、浴衣を着てらっしゃる方が多いですね。
無料で浴衣の着付けとメイクをしてくれるイベントもあるようです。

convert_20140707211802.jpg

「私のゆかた自慢コンテスト」もあるようですけれども、まだ始まっておりませんでした。

convert_20140707211828.jpg

こけみんも艶姿を披露すれば良かったかしら。
えっ、興味無い?

convert_20140707211854.jpg

会場では、ちびっこがヴァイオリンコンサートをしていました。
お上手ね。

convert_20140707211933.jpg

そしてお参りを。
御賽銭を投げ入れまして、二礼二拍手一礼で拝礼いたします。

この幸せが、長く続きますように。

有馬 金泉焼き

有馬温泉のお土産、金泉焼。

もっちりとした生地と仄かな香ばしさが美味しかった。
御醤油が焦げたような香りと味わい。
渋好みの味です。

convert_20140615093225.jpg

飽きが来ませんので、知らず知らずリピートしてしまいそうなお菓子。
自分も買いたい…。

が、如何せん残念なことに、有馬まで気軽に行ける距離ではないので、誰かが買ってくれるまで、お口を開いて待っているしか出来ないのです。

カルピスシュークリーム

こけみんはカルピスが大好きなので、こういったカルピス関連のおやつは見掛ければ必ず購入します。
そして先日このような品を見掛けましたので、迷わず購入。

convert_20140706180210.jpg

カルピスの独特の酸味、甘さが味わえるシュークリームとなっており、とても美味しゅうございました。

でもあれですね、やっぱり氷水で割った冷たいカルピスが一番美味しい。
オーソドックスな頂き方が一番良い。

♪カルピス…カルピス…モスクワーの味。
…あ、パルナスだった。
えっ、パルナス、知らない?

赤穂市 土曜夜店

さて、今日は兵庫県赤穂市で開催されました、土曜夜店に行ってまいりましたよ。

毎年6月、7月の毎週土曜日には花岳寺通り商店街で夜店が開催されるのでございます。
随分昔から催されており、子供連れで遊びに来ていた親の世代もきっと昔、楽しんだのではないでしょうか。

まだ17時過ぎの早い時間帯でしたので、人も少々疎らでございます。

convert_20140705224428.jpg

しかし子供さんが駄々を捏ねている見慣れた光景が繰り広げられておりました。
こけみんも、子供の頃は屋台がやたらと楽しかった思い出がございます。
あれも、これも、と、楽しくてわくわくして、…………、

convert_20140705224458.jpg

って、りんご飴の屋台が無いやないかい!

こけみんの大好物のりんご飴が。
何故か分かりませんが、こけみんは未だにりんご飴だけには執着がございます。
りんご飴…。
りんご飴………。

お、おおおお、おおおお!
こけみんも子供と同様に、駄々を捏ねたのでありました。

赤穂市 白十字

週末であるからして、
週末であるからして、
兵庫県赤穂市にありますケーキ屋さん、白十字へ行ってまいりましたよ。

岡山を支点に、広島、兵庫と店舗を持っている美味しいケーキ屋さんでございます。
以前からファンだったんですよね。
だって美味しいんだもの。

convert_20140704202643.jpg

店員さんは皆様若く、丁寧な接客でこちらが恐縮してしまいそうな感じ。
それにしても若いっていいわね…。
動きがこけみんと違って俊敏だわ。

若干感傷に浸りながら購入した品がこれ。

convert_20140704202658.jpg

季節限定、満天のレモンパイン。
抹茶のピュアアマンド。
美味しいわー美味しいわーー。

レモンパインは酸味が心地良く、夏にぴったりのデザート。
抹茶はメレンゲ生地でさっくり、中はふんわり。
美味しいわー美味しいわーー。

幸せの余韻を噛み締めて完食したのでございます。
そして手許に残ったのが、白十字の手提げ袋。
しっかりとした素材で出来ている為、何かに使えそうです。
実際、白十字の紙袋を使っている人を最近よく見掛けます。

いつか、

いつか東京に出て一旗揚げてやるんだ。

convert_20140626172555.jpg

ではなく、はとバスツアーの旗を目印に、東京観光をしてみたいものであります。
スカイツリーにのぼってみたい。

たつの市 まいどおおきに食堂 龍野堂本食堂

先日、兵庫県たつの市にございます、まいどおおきに食堂 龍野堂本食堂へ行ってきましたよ。
場所は龍野インターをちょいと東へ行ったところにございます。
以前、昼食を…と寄らせて貰おうと思ったのですが、その時は大変混雑しておりまして駐車出来ず、今回リベンジと相成ったわけでございます。

まいどおおきに食堂っていうチェーン店らしいですね。
支店もたくさんあるようですが、こけみんはお初です。
さて、何をいただきましょうか!!!

convert_20140702182726.jpg

店内に入りますと、カウンターにずらりとおかずの小鉢が並んでおりました。
トレイを持ち、好きなようにおかずを組み合わせて選ぶシステムで、セルフサービスになっております。
何にしようかな、……最後まで見てから、もう一度戻って見直します。優柔不断なんですよね。
どれも美味しそう。
しかもヘルシーです。

おかずが決まりましたら、最後にごはん。
こけみんは小盛りにしていただきました。
そしてお会計です。

convert_20140702182758.jpg

ということで、煮込みハンバーグ、トン汁、二品小皿(里芋とお浸し)のこけみん定食が完成。
美味しそう。
いただきます。
小盛りといいながら、てんこ盛りじゃないのか…なんて思いながらも、美味しく頂戴いたしました。
完食でございます。

お味も大変よろしく、胃も全く凭れず、まるで家で食べているようなそんな感覚でございました。
気楽に美味しくいただけるので、劣化したこけみんのすっぴん顔で赴いても誰も咎めるなんて事は無いでしょう。
良いお店を見付けました。