佐用町 コメリホームセンター 佐用店

兵庫県佐用町にあります、コメリホームセンター 佐用店でございます。

わくわくする。
この言葉がぴったりのお店でございます。

convert_20140429164405.jpg

佐用店はとても広くて品揃えも良く、商品を見て回るだけでも楽しい。

探し切れませんでしたが、きっとメッケものの品もあることでしょう。
えっ、こんな大きな漬物樽、どうするの、とか。
こんな小さなドライバーどうすんの、とか。
そういうのを探してみるのもまた楽しかろうと思います。
スポンサーサイト

嵐山らすく ほうじ茶

京都のお土産でいただきました、嵐山らすくのほうじ茶でございます。

とっても美味しかった。
甘さの中にほうじ茶の香ばしさがあって、懐かしく上品、京都のお土産にぴったり。

convert_20140429163714.jpg

もう一枚食べたい欲求に駆られました。

……しかし一つ難を言えば、見目が悪い。
土を塗りたくっているような…そんな感じ。
勿論ほうじ茶ですから、お茶色で正解なんですけれども、…あっ、そうか。
この見目の悪さと味のギャップにまた感動するのか。
なんという計算されたお菓子。
してやられました。

幸せは、

あッ、という間の出来事です。

convert_20140518091829.jpg

さようなら、シュークリーム。

さようなら、アイスクリーム。

赤穂市 赤穂らーめん 麺坊

兵庫県の播州赤穂駅の駅ビル、プラット赤穂二階にあります、赤穂らーめん 麺坊の醤油ラーメンです。
先日、うまうましてきました。

convert_20140506184843.jpg

時折無性にラーメンを食べたくなりますよね。
そんな時はこちらへお邪魔。

あっさり、すっきりとしたラーメンのお店ですので、胃凭れ無く心地良い満腹感に浸れます。
ええ、こけみんはお年頃ですので、余り重いラーメンは食べることができないのであります。
ちょうどよろしい。

平治せんべい

これまたお土産でいただいた品です。
お土産をいただいた時、紙を剥がす時が一番楽しいですね。

べりべりべりっ。

convert_20140421201723.jpg

三重県のお土産らしいのですけれども、…渋い。
渋いな。

convert_20140421201744.jpg

箱を開きますと、笠が大量に。

convert_20140421201808.jpg

笠地蔵のように何かに被せたい衝動に駆られました。
キューピーさんがあれば乗せたのに。

お味は王道の美味しさでしたが、面白味に欠けます。
おちゃらけお土産として、笠地蔵愚連隊やら、笠キューピー大行列やら、そういう何か楽しいものを作ってはいかがでしょうか。
こけみんなら買って帰ります。

海ぶどう

沖縄土産でいただきました。

convert_20140429164536.jpg

歯触りがとてもよろしい。
三杯酢で美味しくいただきました。

ところで海ぶどうの中身って何が入っているんですか?

しまねっこ。

先日戴いた、島根のお土産でございます。

はて、このキャラはなんというのか。
食べてしまう前に気付くこけみんは、相当理性が強い人間ですね。
普通ならば食べてしまった後に気付くものです。

調べてみますと、しまねっこ、というキャラらしいのですけれども、有名なのでしょうか。
こけみんが知っているのは、くまもんとちっさいおっさんとふなっしー、なむあみだぶつくん辺りです。
ええ、これも名前はうろおぼえですけれども。

で、このクッキーの名前は結局探し当てる事が出来ませんでした。

convert_20140512175550.jpg

ゆるキャラは全国に一体何種類生息しているのでしょうか。
そして彼等の食い扶持は確保されているのでしょうか。
仕事があるキャラとそうでないキャラとの落差が激しいような気がします。
彼等はきちんと食べていけるのか。
芸能界の縮図を見るようです。

と言っている間に、全て食べ終えてしまったのですけれども。
食べ終えれば、もう忘れてしまうこけみん脳。
なんとも、幸せな事です。

お味はとても美味しかったです。
ご馳走様でした。

羽二重福つつみ

福井のおみやげでいただきました、羽二重福つつみ。
やわらかな羽二重餅に包まれた餡がとても美味しい。

福井と福を掛けておられるのですよね。

convert_20140429164509.jpg

福井と福を掛けておられるのですよね?

勝央町 勝央サービスエリア(上り線)

天気の良い連休の日、岡山県勝央町にございます、中国自動車道 勝央サービスエリア(上り線)へ行ってきましたよ。

休憩と食事を…と思っていましたが、人が多くて酔ってしまうほどでした。
こけみんは人混みが苦手なのです。

convert_20140506190446.jpg

狭い日本、皆、何処に行かれるのかしら。
と、いつも思ってしまうわけであります。

ドッグランもあるようですね。
こけみんも走り回りたいお年頃ですけれども、ぐ、と我慢いたしましたよ。

convert_20140506190352.jpg

ホルモンうどん美味しそう。
だけれども、スーパーで味付けホルモンを買ってうどんと焼いたら完成するんじゃないか…そんな貧乏性の脳味噌が購入を邪魔します。
こまった貧乏脳です。

ホルモンうどんは佐用町が有名かと思っていましたが、津山も有名なのかしら。
どちらがより有名なのかしら。

convert_20140506190540.jpg

中で食事を、と思いましたが大変混雑しておりましたのでおみやげものを見るだけに。
味見をしようと思ったら、箱はカラでした。
流石人の多い時期。

もう少し人が落ち着いてから再訪いたしましょう。
そう思った休日でございました。

ポン スパークリング

ポンジュースは馴染み深い飲み物です。
なんというか、田舎の気立ての良い娘さん…そんな感じの飲み物なんですけれども、

見て!
これ!!

convert_20140512175909.jpg

ポン スパークリング。

学校卒業後、汽車に乗って都会に行って…すっかり様変わりしてしまいました。
いまどきの娘さんになってしまいました。

けれども、やはりポンを冠している辺り、昔馴染みの懐かしさも残っております。


いまー。
はるがきてーきみはーきれいにーなったー。


年がバレますね。
あ、お味はとても美味しかったです。

花の季節。

生き生きと咲き誇る花の群、誰しも美しいと思う事でしょう。

convert_20140506184923.jpg

花の季節は短く、儚い。

こけみんは、だいぶ過ぎてからそれに気付きました。

テルマエ・ロマエⅡ

先日、テルマエ・ロマエⅡを観てきました。

どこに見応えがあったか。
それは、阿部寛氏の肉体美でございます。

convert_20140506185300.jpg

あの年齢であの筋肉。
ふつくしい……。
ウォータースライダーの場面、裸体を前から拝みたかった。

感想といたしましては、Ⅰも劇場で見ましたが、やはり新鮮味が欠けた分、Ⅱは面白さも半減しておりました。
いや、面白かったんですけれどもね。

松島氏や白木氏、似非浪越氏が分かるこけみんでありますけれども、松島氏がライオンだかに襲われた事件は一体何年前なのでしょう。
元気が出るテレビっていつの話…。

convert_20140506185320.jpg

恐らくこけみんも拾い切れていない笑いの場面も多くあったことでしょうね。
ていうか、曙氏が出てたなんて後で知りました。
全く気付かなかったわ…。

北村氏は素敵でした。
最後は感情移入が出来ませんでした。
えっ、ルシウス、そうだったの、みたいな。

面白かったけれども、期待したほどでもなかったな…とそれが素直な感想でございます。

赤穂市 さくら・ドゥ・アベニュー その7

兵庫県赤穂市にあります、日曜日の朝しか開かないパン屋さん、さくら・ドゥ・アベニューへ行ってきましたよ。
とても美味しいパンを焼いてくださいますので、皆勤状態で御邪魔させていただいております。

昨日は予約を済ませておりましたので、7時辺りに悠々と到着。
いつもでしたら売り切れ状態なのですけれども、昨日は少し余裕がありました。
みなさま、何処かにお出掛けなのかしら。

そしてゲットしたのは、予約の品、二種類。

convert_20140518091857.jpg

間違いない美味しさを誇る、クロワッサンとあんバター。
食べると病みつき。

そして以下の三品も購入。

convert_20140518091923.jpg

パンの間にチキンとたまご、レタスが挟まったバーガー。
これまた王道のクリームパン。
双方とも揺るぎ無い美味さです。

そしていちごのブラマンジェ。
下層にブラマンジェ、上層にいちごのムース。上にいちごのソース。
いちごうめー。
手作りの味がする…これ、美味しいよー!
来週はお店が休みだから、もういちごのデザートには会えないかもしれません。
もう一つ買えば良かった。
一つ惜しむらくは、ソースが緩かったのでカップを傾けると零れてしまう事かしら。
帰宅後泣きました。
美味いソースがああああ!

ということで、来週は御休み。
次は六月開店。

convert_20140518091947.jpg

六月以降の開店日は上記の通り。
また通わせていただきますね。

赤穂市 花と緑のフェスティバル

さて昨日は、兵庫県赤穂市で開催されました、花と緑のフェスティバルへ行ってきましたよ。
バラが綺麗に咲くこの時期、二日間に渡って赤穂城南緑地公園で開催されるのであります。

convert_20140517211452.jpg

お花を売っているお店が大盛況。
皆様可愛いお花を手にしてえびす顔。
ステージもあるようですが、休憩中のようでした。

新聞の折り込みチラシを持参しますと、クジを引く事が出来ます。
勿論こけみんはハズレでしたが、あぶらかすを一袋いただきました。

他にフリーマーケットも出ていました。
良い品は早く売れてしまいそうですね。

convert_20140517211354.jpg

フリーマーケットは売っている方との会話もまた楽しいものです。

露店もたくさん出ていました。
マッサージ屋さんもあれば、似顔絵、アクセサリーなど。
バラエティに富んだお店が並んでいました。

convert_20140517211533.jpg

馴染みのあるお店もあれば、みたことのない食べ物のお店も。

convert_20140517211557.jpg

本当に天気が良くて良かった。
少し暑いぐらいでしたが、とても気持ち良い。

convert_20140517211630.jpg

ご当地グルメのお店も。
お店が多過ぎて目移りしちゃいます。

convert_20140517211657.jpg

こけみんは甘味好きですので、マロンパイとマドレーヌを購入。
美味しそう。

convert_20140517212537.jpg

お祭り会場の直ぐ傍には、城南緑地公園バラ園があります。
ちょうど見頃です。

convert_20140517212509.jpg

お手入れもきちんとされていますね。
RSKバラ園に比べますと規模がまるで違いますが、ほのぼのとした良いバラ園でございます。

convert_20140517212648.jpg

良い香りが周辺に満ちて、うっとりといたします。

convert_20140517211423.jpg

アーチに絡まるバラの美しさ。
お姫様気分に浸ることができます。

convert_20140517212606.jpg

しかしながら、出来ることならば、もう少し工夫をされた方が良いような気もします。
せっかく美しく咲いているのですから、見せ方の工夫を。
来園された方が満足出来るバラ園であってほしいものです。

いのちみじかしこいせよおとめ。

いちごの最盛期が過ぎようとしています。
廻るものとは知っていますが、矢張り淋しいものがあります。
過ぎ行く季節に思いを馳せながら、…………完食。

convert_20140506185622.jpg

間近で見ますと、いちごって少々アレですよね。

美作市 湯郷鷺温泉館

さて今回は、岡山県美作市にございます、湯郷鷺温泉館へ行ってきましたよ。
湯郷温泉はいつも傍を通るだけで湯に浸かった事が無く、良い日帰り温泉施設があるとの情報を入手いたしましたので、ドライブがてら行ってきたのであります。

美作観光ナビのホームページを見ますと、
「その昔、円仁法師が西国巡礼の途中に、白鷺が足の傷を癒しているのを見て発見したと伝えられる湯郷温泉は、別名「鷺の湯」と呼ばれ、およそ1200年前から人々に親しまれてきました。ラジウム気泡を含む塩化物泉で湧出温度は40~43度。無色透明の湯は肌がつるつるになると評判なことから別名「美人の湯」とも呼ばれています。1分間に450L湧出しています。ホタルが生息し清流が流れる温泉街には、和の情緒豊かな宿からモダンな宿まで大小のホテル、旅館、民宿が約20軒立ち並び、観光、湯治、地元客とさまざまなお客さんで賑わいます。」
とあります。
昔から親しまれている湯治場なのですね。

ということで、今より美人になるために、いざ。
無料駐車場に車を置いて乗り込みます。

convert_20140506190657.jpg

おお、綺麗な施設。
小洒落た感じが良いですね。

convert_20140506190737.jpg

扉を入って先ずは靴箱に履き物を入れ、自販機でチケットを購入します。
大人一人600円。
フロントで靴箱の鍵とチケットを渡して脱衣所の鍵を貰います。

お風呂場は清潔で広く、湯質もとても良いものでした。
週末ということもあり、お若い方がとても多かったです。
ええ、こけみんもその一人ですね。

お風呂を十分堪能した後は、椅子が並ぶホールで寛ぐ事が出来ます。
二階もありますが、そちらはお金を出さないと入れない場所となっております。
家族湯、大広間があるようですね。
売店は小さく、お土産好きのこけみんにとっては少々不満でしたけれども、皆、アイスクリームや珈琲牛乳を飲んで楽しんでらっしゃいました。

全体的に満足出来る温泉施設でした。
湯郷で日帰りするならば、この温泉施設で決まりです。

赤穂市 赤穂精華園祭

先日、兵庫県赤穂市で開催されました、赤穂精華園祭に御邪魔させていただきましたよ。
赤穂精華園は障害者支援施設・知的障害児施設でございます。
年に一度この時期に行われまして、今回で37回目…ということは、37年前から開催しているのですね。

10時半頃に赴いたのですけれども、道が大変混雑しておりました。
駐車場に停める車が溢れて中々前に進みませんでした。
限られた敷地ですから、仕方のないことですね。
こけみんは待ち切れずに一旦帰ることにいたしました。
播州赤穂駅から無料シャトルバスが出ておりますので、それを利用すれば良かったなあと後から思った次第です。

ということで、お昼過ぎに再度訪問。
混雑も大分落ち着いておりましたので、スムーズに停める事が出来ました。

convert_20140512175734.jpg

入口でパンフレットをいただきます。
クジがついておりましたので、三角くじを引かせていただきました。
ハズレでティッシュボックス一箱をいただきました。

たくさんのお店が出ていますね。
利用者の方、地域の方、皆、とても楽しんでらっしゃいます。

convert_20140512175803.jpg

美味しそうなお菓子を売っているお店もありました。
たい焼き、たこ焼き、草餅、…。
矢張り食べ物に目が行ってしまいます。

convert_20140512175840.jpg

お花やフリーマーケット、色々なお店が並んでいました。
片付けているブースもあったような気がします。
来年はもっと早く行こうと思ったのでございました。

宍粟市 GRILL 柊

さて今回は、兵庫県宍粟市山崎町にございます、GRILL 柊 に御邪魔いたしましたよ。
場所は播州山崎花菖蒲園の近くでございまして、周辺は長閑な田園が広がっています。

convert_20140506190147.jpg

建物は洒落たログハウス風。
田んぼに囲まれたお店ですけれども、お客様は多く、若い御家族連れからお年を召した方まで、幅広い方々がお見えになっておりました。

先ずは靴からスリッパに履き替えます。
お店じゃなく、誰かの別荘にお邪魔している感じですね。

ログハウスの中は天井が高く、広々とした気持ちの良い空間が広がっていました。
とてもおしゃれ。
硝子張りの扉の外は、素敵なお庭。
外で食べる事も出来るのかもしれませんね。

convert_20140506190238.jpg

貸し切って結婚式の二次会や、ライブとかも出来そう。
パーティが似合う雰囲気。
しかし…グリルっていうぐらいだから洋食屋さんかと思いきや、実はうどん屋さんなのです。

convert_20140506185945.jpg

これがメニュー。
がっつりうどん屋さんでしょう?

そしてこけみんは、かま玉うどんを注文。

convert_20140506190126.jpg

麺はコシがあってとても美味しくいただきました。
ご馳走様でした。

おしゃれな空間で食べるおうどん、ショッピングモールのフードコートで食べるおうどん、家で食べるおうどん。
たとえ同じおうどんだったとしても、雰囲気で味わいもすごく変わるのではないでしょうか。
ということで、このお店は其の辺り、成功しているのでは、と思います。

JA兵庫西 農産物直売所 旬彩蔵 上郡 と 赤穂

ついつい立ち寄ってしまう場所、JA兵庫西の農産物直売所、旬彩蔵 上郡 でございます。

convert_20140421201910.jpg

季節ごとに売り物も違いますし、お手製のお菓子もございます。
今日は何が出ているのかな、と寄り道してしまうのでございます。

そして、旬彩蔵 赤穂。

convert_20140512175639.jpg

おもんない。
面白くないのです。
店舗の広さは余裕がありますし、立地条件も悪くありません。
売り物に面白さが無い…。

野菜と少しのお菓子…。
おもんない。
もっと工夫すれば集客できると思うのですけれども、勿体無いなあといつも思うのであります。

上郡町 御菓子司 大黒屋丹治 上郡店

先日、赤穂郡上郡町にあります、御菓子司 大黒屋丹治 上郡店へ行ってきましたよ。
上郡駅を降りてすぐの場所です。
大黒屋丹治さんはたつの市新宮町にございますが、なんと上郡町にもあるのでございます!
本店は売り切れの品もございますけれども、こちらはのんびりとお買い物が出来ますので、とても良い穴場だと思います。

convert_20140512175442.jpg

今回のお目当ては、いちご大福なのです。
いちご大福絶品!と美容院の先生がおっしゃっておりましたので、ええ、ベタな情報源ですけれども、それでこちらにお邪魔させていただきました。
今がいちごの最盛期ですから、きっとあるはず。
このために長い間待っていたのです。

こんにちは。

お店には、たくさんの美味しそうなお菓子が並んでいました。
どれにしようかな………、これも美味しそう、あれも……、

………、
あ、いちご大福目的だった。

しかしいくら探してもありませんでしたので、お店の方に伺いますと…、

「1月から3月の販売です。」

………、なんですって!
最盛期ですと、水分が多く含まれてお餅がびちゃびちゃになるからだそうです…。
こけみんの待っていた時間を返して……。

来年のお楽しみが増えたと思って今日は違うものを購入することに。
はっさく餅、柏餅、豆大福を購入しました。

convert_20140512175520.jpg

はっさく餅はいちご大福のはっさく版といったところでしょうか。
やわらかなお餅がとても美味い。
はっさくの酸味と白餡の甘さが丁度良く、とても美味しかったです。

因みに豆大福は写真を撮る前に我慢出来ずに食べてしまいました。
これは仕方のない事です。

赤穂市 御崎マルシェ

さて本日は、兵庫県赤穂市で開催されました、御崎マルシェへお邪魔させていただきましたよ。
毎月第二日曜日の九時から、赤穂御崎の通称「きらきら坂」にたくさんのお店が並ぶのでございます。
駐車場に四苦八苦しながら何とか駐車を終え、伊和都比売神社の境内を抜けますと…、

convert_20140511154759.jpg

たくさんの人がいらっしゃいました。
坂の左右にはお店が並びます。
おしゃれな雑貨やとれたて野菜、皆さまお好きなものを持ち寄ってお店を出されておりました。

convert_20140511154716.jpg

若い方々が主に出店されているようですね。
さくらぐみさんも出店されておりました。
ほとんど売り切れでしたけれど。

convert_20140511154655.jpg

元々は寂れた坂だったのですが、さくらぐみさんが移転してからは、徐々に人が増えてお洒落なお店も増えてきました。
近くには素敵なケーキ屋さんもあるし、本当に良いデートスポットになりました。

convert_20140511154626.jpg

ガラス細工のお店もありました。

convert_20140511154557.jpg

お洒落な雑貨屋さんも。

convert_20140511154534.jpg

そしてこけみんは矢張り購入してしまいました。
美味しそうなお菓子は見逃す事は出来ません。

ということで、あこうパンの御崎マルシェ特製パン。

convert_20140511155146.jpg

御崎マルシェ限定だって。
買わなきゃ。

続いて太陽のプリン。

convert_20140511155100.jpg

すんごい美味しかった。
なに…このプリン…。

とても楽しかった。
わくわく出来る素敵なイベントになっています。
次の開催日が待ち遠しいですね。

姫路市 安志加茂神社

さて今回は、兵庫県姫路市にございます、安志加茂神社へ行ってきましたよ。
お正月には初詣客で賑わうというこの神社、季節外れという事もあってか、休日というのに閑散とした雰囲気でございました。
それはそれでゆっくりと過ごせますから、こけみんとしては嬉しい限りでございます。

convert_20140506190919.jpg

参道に飾られた大干支が有名な神社です。
潜るのが楽しみです。

誰もいない神社までの道を歩きます。
丁度良い季節。
過ぎる風が気持ち良いですね。

convert_20140506190943.jpg

おや?
あじさいの里?
梅雨の時期は、あじさいが綺麗に咲くようですね。
今は葉を茂らせ、すくすくと成長中のようです。

さあ、お参りに行きましょう。

convert_20140506191008.jpg

鳥居をくぐりますと、立派な木が。

convert_20140506191039.jpg

木肌に左の掌を添えて元気を貰います。
オラにちからを!

由緒正しき神社の雰囲気。
おふざけしてすみません。
御賽銭を入れて、二礼二拍手一礼で参拝いたします。

convert_20140506191108.jpg

清々しい気持ちで車に戻ろうといたしましたら、何やら池が見えましたので寄り道を。

convert_20140506190831.jpg

弁天様をお祀りしているようですね。

convert_20140506191222.jpg

橋の上から下を見ますと、外来種のカメがうようよ。
誰かが捨てたのでしょうか。
鯉も元気に泳いでおりました。

convert_20140506191337.jpg

今の季節、本当に気持ち良くてうっとりとします。
木々も生き生きとして喜びに溢れているように見えます。

…って、あれ。
参道に飾られた大干支なんてなかったじゃないか。
そりゃそうですよね、時期外れ。こけみん失敗ミ★

相棒 -劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ

先日、相棒 -劇場版Ⅲ- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へを見てきました。
相棒については特にファンというわけではありませんし、テレビのチャンネルが合っていれば見る、程度でした。

convert_20140506185211.jpg

見終わった感想ですけれども、なんだこりゃ。
なんですか、この、ぷんぷんとにおうメッセージ臭。
テレビドラマもこんな感じなのでしょうか?
こんなのを見に来たわけではないのです。
ハラハラドキドキとしたミステリーが見たかったんですけれど。
そういうのは相棒には余りないんですね、知りませんでした。

convert_20140506185233.jpg

最後の遣り取り、伊原氏の言葉の方が余程納得出来ます。
伊原氏の方法は間違っていたにしろ、右京氏の言葉は何の解決にもなっておりませんし、同意なんてできません。
監督は何を悪と置いたのか。
監督の狙いは何なのか。
とても腹立たしい思いをした映画でございました。

姫路市 日本一たい焼  姫路因幡街道林田店

国道29号の田園地帯をひたひたと車で走っていますと、大変混雑しておりますお店がありました。
えっ、何、何なの、てな具合で引き返す事にいたしました。

大きな看板には、日本一たい焼き、と記載されておりました。
兵庫県姫路市にあります、日本一たい焼き 姫路因幡街道林田店 でございました。

convert_20140506185720.jpg

聞いた事の無いたい焼き屋さんだなあ。
なになに、天然モノ?

convert_20140506185649.jpg

周囲にお店も何も無いところなのに車がたくさん駐車しており、店内を覗くとこれまたたくさんの人が待っておりました。
絶対買わなけれなならないと思いました。

中に入りますと、若い店員さんがフル稼働でたい焼きを焼いていました。
五、六人ほど待っていらっしゃるようでした。
早速たい焼きを三つお願いいたしました。
一つ165円だったかな、少々お高めですけれども、美味しければ値段なんて関係ありません。

どうやら釜が違うようですね。
少しずつしか焼けないようです。
待合所があるのを考えますと、待ち時間は必発のようです。
ということで、御多分に漏れずこけみんも待ったわけでございます。

そして入手いたしましたのが、これ。

convert_20140506185827.jpg

感想としては、
マジ美味かった。
何より、皮が違う。

こけみんはたい焼きやモナカアイスの皮、安価なソフトクリームのコーン等、あのふにゃりとした生臭い皮が嫌いなんです。
たい焼きもあんこだけ食べたい派だったんですけれども、これは皮も美味かった。
尻尾まであんこがぎっちぎちに入っていました。
あんこも美味い。

総評としてマジ美味かった。
この一言でございました。
丁寧な接客も好感が持てました。
御馳走様でした。

赤穂市 さくら・ドゥ・アベニュー その6

先日も行ってきました、美味しいパン屋さん、さくら・ドゥ・アベニュー。
皆勤賞ものですね。

ちょっぴり早い時間に赴いたのですが、すごく混雑しておりました。
日曜日の朝六時半に、皆、何してんのよ。寝てなさいよ。
同士という名の敵に向けて心の中で呟きます。

パンは飛ぶように売れておりましたが、こけみんは予約させていただいておりましたので、安心です。

convert_20140506185400.jpg

これらが予約の品々。
食パンにあんバター、クロワッサン。
あんバターとクロワッサンは、二台巨頭です。
購入して間違いありません。

食パンにはじゃがいもを練り込んであるとのこと。
ふんわりもっちり、とても美味しいパンでしたが、じゃがいもッ、という風味は無かったような。
もっちり具合を出すために練り込んであるのかしら…?

そして調理パンとメロンパン。

convert_20140506185423.jpg

ハズレなしです。
美味しいなあ。
いいなあ、こんなパンが作れたら、好きな時に好きなだけ食べられるよね。
いいなあ…。

convert_20140506185457.jpg

そしてお店が開く日にちがこれ。
これからは非日常ではなく日常的イベントになりますので、日記としては、その6で終了。
以降、皆勤させていただきますよ!!

美作市 道の駅 彩菜茶屋

さて今回は、岡山県美作市にあります道の駅、彩菜茶屋へ行ってきましたよ。
交通量の多い県道51号沿いの道の駅で、お客様も多く立ち寄ってらっしゃいます。
活気のある道の駅は品揃えも豊富で嬉しいですね。

convert_20140506184723.jpg

駐車スペースを探すのにうろうろしましたが、運良く直ぐ傍に空いた場所を見付けまして、素早くこけみん車を入れたのでございます。
第二駐車場もあるようですね。

convert_20140506184649.jpg

新鮮なお野菜、御土産物、地元の名産品、苗もの、たくさん売られていました。
ここは当たりの道の駅でした。
地元農家の方が作られているのでしょう、苗ものもとても元気がよろしい。
メダカも売られておりました。
既に何十匹も飼っているのにまた購入しそうになりました。
何とか理性で押し留めました。
こけみんはとても理性的な人間なのです。

丁度お昼時でございましたので、レストランに行く事にいたしました。
食券を購入して席で待つセルフタイプのレストランです。
席は多くはありませんが、回転率が早いので、然程待つことなく食事をする事が出来ます。

メニューは割合豊富で、定食ものも充実しておりました。
そして全体的に安い。
こけみんは、彩菜おこわ定食 670円 にいたしました。

convert_20140506184607.jpg

豪華です。
安い割に、内容がとても豪華でした。
茶碗蒸しもあるし!
写真の右奥には野菜の胡麻ドレッシング和えもあります。
どれも美味しく、お腹いっぱいになりました。
凄く満足いたしました。

こけみんはこの上ない幸せに浸る事が出来ました。
有難うございました。

宍粟市 老松酒造 老松蔵開き

兵庫県宍粟市で現在開催中の、老松酒造の老松蔵開きに行ってきましたよ。
少々入り組んだ場所にございましたが、従業員の方の案内を受けてスムーズに駐車出来ました。

老松酒造さんのホームページの案内によりますと、
創業246年江戸中期より酒造りをしている蔵に残る「陣笠」・「打掛」・「お雛さん」・「ミシン」等を展示します。
景観形成にも指定されている蔵の中の見学や、きき酒をお楽しみいただけます。
今年は、清酒・善次郎カステラ・善次郎まんじゅうなどの販売に加え、昨年よりお世話になっておりますひまわりの皆さん方の作品展示と即売会等も行います。名もないたくさんの作家さんを知っていただく機会になればと思います。
「山崎こけし」の西川さん、「石ころアート」の山崎さん、「宍粟市の木の工芸」の方たちの作品の展示、即売会もあります。
また、安富でかかしを造られている岡上さんの、ほのぼのとしたかかしが、老松の蔵の中いたるところに出現し皆様を楽しませます。
とあります。

ええ、決して利き酒が目的はありませんよ、決して。

ということで、お邪魔させていただきましょう。

convert_20140505142728.jpg

杉玉がたくさん下がっています。
歴史を感じますね。

convert_20140505142903.jpg

キリンビール?

convert_20140505143129.jpg

…も、取り扱っているということかしら。
看板にも歴史を感じます。

かかしの皆々様方が御出迎えしてくれました。

convert_20140505142950.jpg

蔵の中では、展示、即売会が行われておりました。
蔵の奥へと行ってみますと、

convert_20140505143445.jpg

何とも趣き深いお雛様がいらっしゃいました。
三人官女の右端の女性は若しや明石家さんま氏でしょうか。

convert_20140505143044.jpg

明石家氏から視線を剥がし、別の蔵へと向かいます。

convert_20140505143322.jpg

豪華な打ち掛けが飾られていました。
結婚式もさぞや盛大なものだったのでしょうね。

並ぶ酒蔵。

convert_20140505143239.jpg

右上にいるのはカカシです。
リアルですね。
お上手に作られています。

たっぷりと蔵見学をした後は、小さなお酒を一本、購入いたしました。
ええ、こけみんは下戸なんですけれども、こうして手間暇掛けて作られたお酒を少し味わってみたくなったのです。
きりりと冷やして後日いただくことに。

カカシなのですけれども、あちこちに飾られておりました。
そしてカカシかと思って覗き込んだら、法被を着込んだお店のお婆様でございました。
驚きました。

宍粟市 大歳神社 千年藤 

今日は、兵庫県宍粟市にございます、大歳神社の千年藤を見てきましたよ。
ちょうどお祭りをしているとのことで、周辺は大変混雑しておりましたが、案内の方の誘導でとても近くの駐車場に置く事が出来、神社へと赴く事が出来ました。
露店等が出ており、若い子供連れの方からお年を召した方まで幅広い方々がいらっしゃっていましたよ。

しそうツーリズムガイドによりますと、
山崎町上寺の大歳神社境内にある藤は、兵庫県の指定文化財(天然記念物)に指定されており 、天徳四年 (960年)に植えたと伝えられています。
幹回りが約3.8mもある大木から枝が四方に伸び、境内一面に広がる藤棚は約500㎡にも及びます。4月下旬から5月上旬の開花期には、約60cm~1mの花房が垂れ下がり、境内を埋め尽くす様は壮観です。 平成13年には、環境省の「かおり風景100選」の一つに選ばれました。
とあります。

壮観、

その一言がこの千年藤にぴったりでございましょう。
これで三度目の来訪ですが、初めて見た時は本当に驚きました。
一本の藤がこんなに立派に、美しい花を咲かせているなんて、信じられませんでした。

convert_20140504180925.jpg

嗚呼、なんて美しいのでしょう。

convert_20140504180626.jpg

とても、良い香り。
千年以上、神社と共にここで生きている。
人々の営みを見、移り変わりを眺め、生きてきた藤、なんとも感慨深いものがあります。

convert_20140504180840.jpg

足元には板が敷かれており、踏み締める事で土が固まらないように配慮されています。
これからも長く咲き続けて欲しいですね。

あ、しまった。
藤に見蕩れてしまって、神社に参拝するのを忘却していた。
ということで、御賽銭を投げ入れて、

convert_20140504180744.jpg

二礼二拍手一礼で参拝させていただきました。

これからも千年藤は神社の境内から皆を見守っていくのでしょうね。

佐用町 ふれあいの里上月

先日、兵庫県佐用郡佐用町にあります、ふれあいの里上月に行ってきましたよ。

姫新線上月駅に隣接している特産物直売所でございまして、軽食も食べる事が出来る場所となっております。
上月三叉路という所にございますので、休憩場所に丁度良いのです。

convert_20140429164450.jpg

お店の中はこじんまりとしており、様々な地元産の食材、野菜等を販売しております。
人で溢れることはありませんが、いつもどなたかお客様がおられ、のんびりとお買い物が楽しめます。

軽食メニューは本当に軽食だけで、余り此処で食べる意味は無いような気がします。
お腹が空いているならば佐用まで車を走らせて、ホルモンうどんを食べるのが良いかと思われます。
コーヒーで一服、てな感じは良いかも知れません。

小さなお店ですけれども、とても好きなお店でございます。
ここを通る度に立ち寄ってしまいます。
季節ごとに、何か掘り出し物があるかもしれませんね。

夢の世界

夢の世界に行ってきました。
おとぎの国です。

convert_20140429165010.jpg

何でも揃っています。

こけみんのもっさりした部屋も、美しく変身する事間違いなし。



誰かお金をくれませんか。
そこだけは夢ではなく、現実世界。