赤穂市 ドリームカントリー

先日、兵庫県赤穂市にあります、ドリームカントリーさんへお邪魔いたしましたよ。
お花や果実、野菜の苗等々、沢山の品揃えを誇る素敵なお店です。

正確には有限会社米口グリーンナーセリー 直売店ドリームカントリー。
ガーデンカフェ「花いちりん」、播州赤穂地鶏と沖縄料理「赤穂や」も経営なさっておいでです。

convert_20131106175958.jpg

こけみんはだらしがないものですから、植物はすぐ枯らしてしまいます。
手入れの行き届いたお庭なんて夢なんですけれど、絶対雑草だらけにしてしまいそうです。
けれど、矢張り花が咲き乱れるお庭って女の子の夢ですよね。
えっ。もう、女の子じゃないって?

…すいません、そうなんです。
ちょっと見栄を張ってしまいました。
この年になりますと、お花よりも食べる事の出来る野菜や果実の方を植える方が余程建設的だと思ってしまいます。
スポンサーサイト

相生市 田口食品 相生デザート工場 直売所

さて先日、兵庫県相生市にあります、田口食品 相生デザート工場 直売所へお買い物に行きましたよ。
場所は相生駅から北へ約2km弱のところにございますので、車で行かれる方が良いかと思います。

少々分かりにくい場所にありますが、ナビさんのご案内に導かれて無事に到着。
大きな工場の入口の端っこに、小さな小さな建物。
この直売所では、アウトレットのお菓子が安価で売られております。

convert_20131126175358.jpg

店内は、10人は絶対に入り切らないだろうっていう狭いスペースです。
先客の御家族連れが楽しそうにお菓子を選んでおられました。

convert_20131126175416.jpg

棚にぎっちぎちにお菓子が並べられています。
全部安い。
ケーキに、アイスクリームに、シュークリームに、…もう、選り取り見取り。
あれもこれもと買ってしまいそうになります。

しかも1,000円以上購入するとおまけがついてくるようです。
1,000円なんて選んでいるとあっという間です。
でも太ります。糖尿病になります。
どうしよう、嗚呼、どうしたら。
暫く悩んだ末、理性の方が勝ちました。
ということで、購入したのはこの三品。

convert_20131126180138.jpg

ミルクレープ160円。
シュークリーム60円。
なんてお安い。
どの辺りがアウトレット品なのかさっぱり分かりません。
ミルクレープは生クリームがたっぷり挟まっており、とても美味しい。
シュークリームはいちごの酸味でさっぱりといただけます。

convert_20131126175452.jpg

りんごのシャーベット80円。
りんごの皮もしゃりしゃりとして美味。
我慢出来ずに車内でいただいちゃいました。

後から後からお客様が途絶える事無く来店されていました。
これだけ安ければ、大人買いしても大丈夫。

お菓子は人を幸せにしてくれるので、大好きです。

赤穂市 まごころ厨房信(のぶ)

先日、兵庫県赤穂市にあります、まごころ厨房信(のぶ)さんにお邪魔いたしましたよ。
場所はですね、播州赤穂駅から徒歩圏内の児島ビルの1階にございます居酒屋さんです。

convert_20131123210240.jpg

今年の夏に開店したばかりの新しいお店。
一体どんなお料理を出してくれるのかしらとどきどきしながら扉を開けます。

早い時間帯でしたので、他にお客様はいらっしゃいませんでした。
のんびり穏やかそうな年若な御主人がカウンタ内から声を掛けてくれました。
どうやらお一人で切り盛りをされているようです。

convert_20131123210351.jpg

テーブル席が2つ、カウンタ席が10席あるかどうかの小さなお店。
壁にはテレビ。
お洒落な内装ながら落ち着いた雰囲気も。
何気に寛げそうな感じ。

温かい御絞りをいただいて手を拭きつつ、飲み物を選びます。
こけみんはお酒が苦手ですので、ソフトドリンクを。
そして品書きから美味しそうな品を選びます。

convert_20131123210313.jpg

ドテ焼き、生ハムとチーズの…えーと。
一秒で忘れる残念な脳味噌ですいません。
チーズはオリーブオイルを掛けていただきました。

他に、稲庭うどん、トン汁、軟骨の唐揚げ、サラダ、ええと、ええと。
しらす丼、ええと、他にも頼んだと思うのですが、忘れてしまいました。
カメラを持つよりも先、お箸を手に取ってしまい、写真がございません。
お料理は全体的に優しい味です。
人柄が出るのでしょうか。

遅い時間帯からお客様が増えまして、男性3人、女性2人と賑やかに。
価格は良心的で、会計の折には長時間居座ったのにこの値段で申し訳ない、と思いつつ支払ったのでありました。

コースター代わりの紙を持ち帰りました。
その写真がこれ。

convert_20131123210433.jpg

裏はこれ。

convert_20131123210450.jpg

お店の名のとおりの雰囲気とお料理でした。
温かいお料理は心も温まりますね。
御馳走様でした。

相生市 第8回ど根性大根大ちゃんまつり

兵庫県相生市で開催されました、第8回ど根性大根大ちゃんまつりへ遊びに行かせていただきましたよ。
場所は、道の駅あいおい白龍城。

ど根性大根大ちゃんはご存知かしら。
アスファルトを押し上げて育った大根でございます。
那波野3丁目交差点近くの新幹線陸橋下辺りに生息していました。
ええ、其の当時、見に行きましたとも。
そして大変有名になって、相生市のキャラクターとなったのでございます。
第8回ということはもう8年前の事なのですね。
時の経つのは早いものです。

等と感慨に耽りながら到着。
週末はいつも賑わっていますが、今日は特別人が多い。

convert_20131126175719.jpg

出店の数もいつもより多いですね。
大ちゃーーん。
大ちゃあああああああああああああああああん。

どうやら今は居ない様子。
刻まれて食べられてしまったのかしら…。

convert_20131126175554.jpg

大根メインのおまつりではなく、牡蠣推しのおまつりという印象でした。
牡蠣はこれから旬になりますしね。
写真には載っておりませんが、殻つきの牡蠣も売られておりました。

convert_20131126175642.jpg

牡蠣のお好み焼きも売られていました。
一度食べた事がありますが、牡蠣の入ったお好み焼きでした。
えっ。
当たり前?

あら、あちらではイベントが始まっている。
どうやら紙芝居の様子。
海の勇者マガキが主人公らしいですよ。

convert_20131126175620.jpg

司会のお兄ちゃんは実に流暢な喋り方でございました。
普段何をしている方なのだろう…。
こけみんはどうでも良い事が気になるタチなのです。

牡蠣はこれからの季節、本当に美味しい時期です。
毎年、相生、赤穂、日生にかけて牡蠣祭りが開催されます。
とても楽しみにしているイベントです。
こけみんは牡蠣フライが一番美味しいと思うのですが、いかがでしょうか。
焼き牡蠣も牡蠣鍋も美味しいですけれど、一番はフライでしょう。

と、誰かに言いたかったけれど話相手がおりませんでしたので甘味の物色に没頭いたします。

convert_20131127182106.jpg

で、見付けたのが、これ。
ふんわり生地にゆず餡が挟まった、ゆずドラ(100円)。

そしてクッキー達(各100円)。

convert_20131126180315.jpg

障害者支援施設 野の草園のクッキー。(手前)
精神障害者通所授産施設グリーン お菓子工房グリーングラスのクッキー。(後ろ二つ)
とってもとっても美味しかった。

相生市 Books&cafeトキシラズ

先日、兵庫県相生市にあります、Books&cafeトキシラズさんにお邪魔いたしましたよ。
こけみんはブックカフェという小洒落たところなんて初めてでございますから、少々緊張いたします。

場所は旭大橋交差点を西へ渡り、北へちょっぴり行ったのところの、光ビル2階。
駐車場は、井上歯科医院の真向かいにある、集合駐車場の一番奥がお店のスペースです。
一応は駐車場入り口に看板が出ています。
が、ブロック塀と同化していて分かり辛いという。

convert_20131126175749.jpg

最初は迷ってしまうかもしれません。
ええ、それもまた楽しみの一つといえましょう。

ビルの入り口には看板が。
平日は19時から23時、休日は13時から23時まで。
お店の方は普段別のお仕事をなさっているのかもしれませんね。

convert_20131126175921.jpg

さて、参りましょう。
勿論エレベータなんてありません。
レトロな階段を一段一段上がって行きます。

convert_20131126175845.jpg

階段途中の踊り場に、黒板が。
なになに。
えーと。本の買い取り販売もしているとのこと。
本好きには堪らない場所でしょうね。

convert_20131126175938.jpg

今日のケーキは、
スイートポテトスコーン
チーズケーキ
パウンドケーキイチジク

わくわく感が半端ありません。
2階へ到着。
窓の外には旭大橋の風景。
この虹色の建物を通る時はいつも何の建物だろうって思うのですが、常の如く加齢のため一秒後には忘れています。

convert_20131126180006.jpg

どうやら2階は全てお店スペースのようです。
左手には、レトロな扉が見えます。

convert_20131126180105.jpg

ゆっくりと扉を開きますと、書棚、そして広々とした店内が視界に入ります。
店主は年若い男性の方でございました。
ソファにカウンター席等、座る所に迷いつつ着席し、ケーキはお腹の具合の関係上、次回のお楽しみにしまして紅茶(ニルギリ400円)のみを注文いたしました。

こけみんの他にはカップル連れが一組。
こけみんの後から女性二人。
皆様御喋りも少なく、ゆったりまったりと過ごされていました。

大好きな作家さんの特集雑誌が目に留まりましたので、一時間程度、読み耽りました。
なんて贅沢で素敵な時間の過ごし方でしょう。
いつまでも居たいと思える場所でございました。

頁を一枚一枚捲る楽しさを思い出し、帰宅後、久方振りに本を手に取りました。
ペーパーレス化が進んでおりますが、矢張り本は手に重みを感じてこそ、だと思いました。

ひらり、ひらり。

先日、所用で立ち寄った先のイチョウがとても綺麗でしたので、ぱちり。

convert_20131123210223.jpg

黄金色の葉が美しい。
静寂の季節の訪れを感じます。

過去も今も、この先長く。
幸せがずっと、ずっと続きますように。

赤穂市 周世もみじ祭り

兵庫県赤穂市で開催されました、周世もみじ祭りに行ってきましたよ。

場所はですね、赤穂ふれあいの森高雄山荘及びその周辺、なのですが。
山奥の兵庫県道457号の脇から、細いぐねぐね道を進んだ先にございます。
少々入口が分かり辛いですが、そこさえ間違わなければ一本道。
何処まで続くの、このぐねぐね道、っていう先の先にぽっかりと駐車場がございます。
市役所の方がボランティアなのでしょうか、車の誘導してくださいました。

車を降り、こんな山奥でイベントがあるのかしら…なんて思いつつ、細い道を進みます。
イベントが無ければ、こんな山奥に出掛ける人は恐らくいないと思う程の場所です。
あ、音楽が聞こえる。

convert_20131123205944.jpg

道の先は、本当にお祭り会場でした。

入口で缶ジュースをいただきました。
えっ、くれるの?おっちゃん、なんて太っ腹!
しかもカップ麺も無料で振る舞ってくれていました。
なんて太っ腹な…。

もみじは綺麗に紅葉していました。
ログハウスと広場があり、四方ではドラム缶で火を焚いてくれており、暖が取れます。
燃えカスの白いお粉が雪のように散っていました。
あっ、これも舞台演出の一つか。

convert_20131123205706.jpg

ステージでは、赤穂出身の妙齢の御婦人の歌手が熱唱なさっておいででした。
デビューしてから二年程らしい。
遅咲きの方なのですね。

convert_20131123205729.jpg

とってもほのぼのとしたお祭りです。
近くの自治会の方でしょうか。
妙齢の御婦人方が売り子として大活躍。
ほっこりとした大好きな雰囲気で癒されます。

次のステージは、小林千恵さん。
この方はステージに慣れていらっしゃる。

convert_20131123205841.jpg

ステージ前のトークが関西のノリです。
次々に握手をし、皆を盛り上げてくれていました。

そして美しい歌声を披露してくださいました。
カメラ小僧めいて、激写。

convert_20131123205859.jpg

こちらの方も赤穂出身の方のようでした。
いやあ、本当にほのぼのとした良いまつりです。

少し遅めに赴きましたので、色々が売り切れていたような感じでした。
肉まんか焼き芋か迷いましたが、焼き芋を購入。

convert_20131123205802.jpg

100円。
ほっくりと美味しかった。
直後に売り切れておりました。
バラ寿司、おはぎ、も購入したかったけれど見当たりませんでした。
次は早めに行こうと心に決めて帰宅したのでございました。

上郡町 第20回白旗城まつり

さて、今回は兵庫県赤穂郡上郡町の赤松地区で開催されました、第20回白旗城まつりに行ってきましたよ。
毎年11月23日に開催されるとのこと。
初めて行く場所なので、入念に調べて赴きます。

あれ。
誰もいない。
赤松公民館に行ったら誰もいません。
何故だ、と思って近くを通った御仁に尋ねると、ここじゃない、って…。
なんですって!!
詳しい場所を聞いて改めて其方に向かいます。

場所はですね、国道373号をひた走っていると分かります。
河野原円心駅のちょい南の国道の直ぐ傍ですね。
駐車場は農道を進んだ先の川の傍にあります。
丁度河川敷の工事中でして、広場になっておりました。

convert_20131123205002.jpg

消防の方々の誘導を受けて停車し、そこから3分程度歩き、おまつり広場へと向かいます。
凄く混み合っているなあ。

convert_20131123205224.jpg

おお、賑わってる、賑わってる。
思ったよりも人が多いです。

convert_20131123205416.jpg

模擬店がたくさん。
わくわくしますね。

丁度、鎧兜披露イベントの最中でした。
愛らしいおちびさんの武者もいますね。

convert_20131123205304.jpg

えいえいおー。
雄叫びを上げて何処かへ出陣なさいます。

convert_20131123205527.jpg

ぞろぞろ。
一体何処に出陣なさったのでしょう。

さて、腹が減っては戦は出来ぬ。
ということで、買い食いいたしましょう。

convert_20131123205437.jpg

うどん。
お出汁はちょっぴり甘め。
おあげさんの味が染み出ているからかしら。

フランクフルト。

convert_20131123205559.jpg

こけみんは大人ですから、マスタードもお願いしました。
うんまーー。

シフォンケーキ。

convert_20131123205617.jpg

ふわふわ。
とってもお上手なお手製ケーキ。

お腹いっぱい。
大変満足してこけみんも出陣…はしませんでした。
戦の後は、お昼寝じゃあー。

ぐりこ・や Kitchen アーモンドチョコレート<ココア仕上げ>

東京のお土産で、ぐりこ・や Kitchenのアーモンドチョコレート<ココア仕上げ> をいただきました。

東京なんて、あーた。
おっとろしい街ですよ。
のんびりしていると連れ去られて売られてしまいますよ。
そんなトーキョーシティのお土産、何が入っているのだろうとドキドキしながら開封いたします。

convert_20131030200356.jpg

開封いたしますと、中にはぎっしりとアーモンドチョコレートが詰まっておりました。
ココアがたっぷりと塗されたチョコレートを一つ摘まんで食べますと、それはそれは香ばしい味わいが口いっぱいに広がり、流石トーキョーといった感じです。

もぐもぐと無心で貪り、あっという間に食べてしまいました。
誰に御裾分けする事もなく、独り占めで食べてしまいました。
美味しい以上に、何か洒落た気分にもなる事が出来て、とても良かったです。

麻花兒「マファール」 よりより

先日、職場の方に御土産をいただきました。
とっても固いお菓子で、歯に自信の無い人は食べないようにと言われまして、受け取ったのが、これ。

convert_20131117145730.jpg

入っていた袋を見ますと、長崎中華街のお菓子、麻花兒「マファール」と書いてありました。
「よりより」とも呼ばれているそうです。
なるほど、ねじねじしているからよりよりなんですね。

見る限りでは岩石のような固さは無いようですが…。
どきどきしながら袋を開きます。

簡単に折り取る事が出来ました。
ひとかけらを口へと運びます。
歯が欠けたらどうしよう…と思いましたが、杞憂でございました。
少し固い程度で歯は無事。
安心して咀嚼します。

味わいは実に素朴。
小麦粉と砂糖、塩のシンプルな味わい。
そう、まるでうどんを素揚げしたようなそんな感じ。
とても美味しかった。
飽きの来ない味とはこの事でしょう。

赤穂市 ディスカウントドラッグコスモス

こけみんの精神は脆弱で崩壊寸前なのですが、身は頑丈です。
ですから、お医者様のお世話になることは稀です。
そして常用している薬もございません。

ドラッグストアは縁遠い存在だったのです。
しかし此間初めて兵庫県赤穂市にあります、ディスカウントドラッグコスモスのピンク色の建物に惹かれて立ち寄ってみました。

convert_20131106180148.jpg

えっ。なんで冷凍食品とか酒とかうどんとか売ってるの。

驚きました。
今時のドラッグストアって何でも売っているんですね。
しかも凄く安いし。

思わず色々と買ってしまいました。
ええ、薬じゃなく食材を。

肉、野菜等はありませんが、其の他は全て揃っているようです。
ドラッグストア…すみません、侮っておりました。

赤穂市 し・あ・わ・せフェスティバル~フクシふれあいまつり~

11月17日、兵庫県赤穂市の赤穂市総合福祉会館で開催されました、しあわせフェスティバルに行ってきましたよ。
おお、人がいっぱい。
とても賑わっております。

convert_20131117151146.jpg

看板を飾るお手製の紅白の花といい、万国旗といい、何処となく懐かしさを感じます。
美味しそうに焼きそばやら食べている方々がいらっしゃいます。
嗚呼…もぐもぐしたい。

convert_20131117151710.jpg

皆様、手に袋を下げていらっしゃいます。
何を買ったのかしら。
見せて見せて、と尋ねたいのをぐ、と我慢します。

convert_20131117151639.jpg

親子連れの方も多く、色々な年代の方々がいらっしゃっていました。
皆、楽しそう。

建物の前では、コンサートが行われていました。
小学生が演奏をしておりましたよ。

convert_20131117151104.jpg

津軽海峡冬景色が演奏されておりました。
小学生には渋過ぎる選曲です。

移動動物園も来ていました。
触れ合いたかったのですが、良い年をした大人がはしゃいでいる姿はありませんでしたので、遠くから見るだけに。

convert_20131117151456.jpg

それに何気に頭突きされそうな気配もむんむんしておりましたので。

convert_20131117151440.jpg

鋭い双眸でこけみんを狙っていたのです。
え?
被害妄想?

赤穂市 JAふれあい農産物フェア(JA兵庫西ふれあいフェスタ2013)

11月16日に兵庫県赤穂市の赤穂ライスセンターで、JAふれあい農産物フェア(JA兵庫西ふれあいフェスタ2013)が開催されるというチラシが新聞の中に入っておりましたので、遊びに行く事にいたしましたよ。

毎年楽しみにしている催事です。
えっ、何が楽しみって?
そりゃ決まってますがな。
ふふ、あとのお楽しみ。

ということで、車を走らせて会場へ。
ところがとんでもなく混み合っておりました。
会場は車で行かなければ難しい場所ですので、どうしても渋滞してしまいます。
天気も良かったので、大変な混雑振りでございました。
が、こけみんは運が良く空きが出たので、場内駐車場に停める事が出来ました。
ラッキー。

convert_20131117150958.jpg

いやはや、今年も多いですね。
シニア世代の方々に混じって、家族連れもちらほら。

convert_20131117150611.jpg

色々な出店があるようです。

convert_20131117150944.jpg

うどんとか食べてる…おいしそう。
心惹かれますが、最初に行くべき場所があるのです。

そうです、
ここに並ばなくてはならないのです。
前方にずらーり。

convert_20131117150817.jpg

後方にもずらーり。
凄まじい列です。
そうです、毎年つきたてのお餅を無料で振る舞ってくれるのです。

convert_20131117150723.jpg

長い行列の為、搗き上がるまで二度待ちました。
妙齢の女性が上手にお餅を返し、妙齢の男性が杵を振り上げてお餅を搗きます。

convert_20131117150507.jpg

間近で待っていた為、飛び散ったもち米がこけみんの顔に幾度か飛びました。
ありがたやありがたや。

そして搗きたてのお餅を貰い、無料の甘酒も貰っていただきました。

convert_20131117150011.jpg

美味しい。
本当に美味しい。
柔らかいお餅に熱々の甘酒、至福です。

他に、大根の煮物、サツマイモのスティックを無料で振る舞ってくれておりましたが、残念ながら打ち切られておりました。
次回は是非とも味わいたい。

ステージでは、妙齢の御婦人方の大正琴演奏会が開催されておりました。
渋い音色が響き渡ります。

convert_20131117150221.jpg

聞き入っている方々も渋い年代の方々ばかりでした。

其の傍らで、無料福引抽選をしておりました。
新聞のチラシを持って行くと、一回くじを引くことが出来るのです。

convert_20131117150347.jpg

カニスキ、みかんが貰えるようです。
当たりますように、と念じましたが、ハズレでお菓子をいただきました。

ハズレでしたが大変満足して漸く露店巡りに出ます。
そそられるものばかり。
おや、これは美味しそうだ。
ということで、たこの唐揚げを購入。

convert_20131117150119.jpg

すいません、半分以上食べてしまった後の写真です。
美味しくて我を忘れてしまいました。

そして大好きなゆずのお菓子。

convert_20131117145915.jpg

ゆず大福。ゆずマフィン。ゆずクッキー。
相生市小河ゆず栽培組合の品。

大福の漉し餡の中には果汁を入れているのでしょうか、柚子の香りと味わいがほんのり。
マフィンには漉し餡が入っております。生地は柚子風味。案外さっぱりとした味わい。
クッキーは生地にゆずを練り込んであるのでしょう。柑橘系の仄かな風味が爽やかな味わいとなっております。

うん、美味しかった。
そして楽しかった。
来年も行くぞー。

赤穂市 大石神社骨董市

毎月15日、兵庫県赤穂市にあります大石神社の駐車場で、骨董市が開催されます。
仕事の関係上、今まで行く機会が無かったのですが、今回御休みが取れましたので、いそいそと赴いた次第です。

時間は8:00から15:00とのことですが、早めに行った方が良いですね。
こけみんが訪れたのは正午辺りでしたが、良い品は売り切れていたような気がします。

convert_20131117140747.jpg

午前中は雨も降っておりましたので、少し賑わいは遠かったのですが、何とも色々な品が売られていました。

えっ、こんなのが売り物になるの、みたいな。
アンティーク、骨董品に興味の無い人にとっては、そう感じられるかもしれません。
古びた人形とか誰が買うのだろう…。
煤けたマネキンとか、納屋に放置されていたような品とか。

convert_20131117140826.jpg

しかし見る人が見れば、垂涎の掘り出し物もあるのでしょう。
しゃれおつの品は残念ながらありませんでした。
次はもっと早く行くべきだと思いました。

そして参拝を。
赤穂義士に興味のある方は、大石神社と花岳寺は訪れるべきでしょう。

convert_20131117141133.jpg

近くには赤穂城址もあります。
毎年12月14日には赤穂義士祭が開催されます。
其の折、赤穂城址には「幻の天守閣」が現れます。
天守閣を模したイルミネーションで、闇に浮かぶ姿は幻想的で美しいです。
まだご覧になっていない方は是非とも訪れていただくと良いと思います。

赤穂市 焼肉レストラン大門

さて、今回は兵庫県赤穂市にあります、焼肉レストラン大門に御邪魔いたしましたよ。
唐突にお肉を食べたくなったので、るんるん気分で入店いたしました。
えっ。るんるん気分は古いですって?
あらそう。なら、顔文字でもつけておきますね。
(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)

convert_20131116154437.jpg

このお店はランチメニューがとってもお得なんですよね。
どれにしようかな。

こけみんの中ではカルビ定食かレディース定食の二択です。
まあ、あれです、こけみんはレディなんで、ね。
レディース定食をお願いいたしました。

convert_20131116154510.jpg

土休日でもランチメニューがあるのはとても嬉しい。
食後にはコーヒーもしくはシャーベットが付くとの事。
お得ですよね。
こけみんは無類の甘味好きですから、食後のサービスはシャーベットをお願いいたしました。

そして程無くして御膳が到着。
ボリューム満点です。

convert_20131116154542.jpg

このお値段でこの品々。
多くはないですが、焼肉もついています。
絶対お得ですよね?
ね?ね?ね?

とってもお腹いっぱいになって一息。
あ、そうだ。シャーベットもあるんだった。
店員さんに頼んで持ってきてもらいました。

convert_20131116154607.jpg

オレンジのシャーベットです。
さっぱりで、とても美味しかった。
〆に最適。

お腹いっぱいで暫く寛いだ後、お会計。
焼肉屋さんらしく、飴を一ついただきました。
薄荷の味を楽しみながら、ドライブの続きを楽しみました。

今治市 道の駅多々羅しまなみ公園

こけみんは道の駅が大好きです。
遠出した際には出来る限り道の駅に寄っております。
ということで、今回は愛媛県今治市大三島にあります多々羅しまなみ公園でございます。

convert_20131115144703.jpg

大三島ICを降りて直ぐにあり、海の傍という絶好のロケーション。
階段を降りれば、柵越しに海が見え、橋も間近に見る事が出来ます。

convert_20131115145443.jpg

かーん。かーん。
何処かで鐘が…どうやら幸せの鐘というものがあるらしく、かぽーが鳴らしている模様。
きっと楽しいのでしょう、うきうきしているのでしょう。
幸せっていいですね。

むむ。
なんぞ、あれは。

convert_20131115145718.jpg

左隅の真ん中辺りに注目。
何故か自衛隊のヘリコプターが飾られています。

convert_20131116081943.jpg

なんなのでしょう。
疑問がふつふつとわきましたが、一秒もすれば忘れてしまいました。
年を取るっていうのは便利でよろしい。

そして恒例の土産物漁り。
此処では塩バターのどら焼きを購入。

convert_20131115145521.jpg

ふんわり生地に挟まれた餡と塩バタークリームが絶妙にマッチ。
大三島には伯方の塩工場があるらしく、其れを使用しているようです。
塩が入ると、味に締まりが出てすっきりと味わえますよね。

西条市 石鎚山サービスエリア(上り線)

愛媛県西条市にあります、石鎚山サービスエリア(上り線)でございますよ。
松山から坂出まで高速道路を走った際、休憩と昼食を兼ねて此方に寄らせていただきました。

綺麗な青空です。
建物の窓には、何気にバリィさんが貼られています。

convert_20131114200818.jpg

売店も気になりますが、先ずは腹ごしらえ。
ということで、フードコートへ直行。
食券なのですが、ここには三社入っているようで、それぞれ券売機が違います。
慣れないうちは、目的の券売機へ向かうのに少し戸惑います。

convert_20131114200728.jpg

こけみんは悩んだ末、せんざんき定食を頼みました。
せんざんきって何でしょう…。
見た目は鶏の唐揚げです。
味も鶏の唐揚げです。

convert_20131114200755.jpg

普通に美味しかったです。
ですが、せんざんきって何だったのかが最後まで謎でした。

腹が満ちれば次は物欲です。

convert_20131114200702.jpg

お楽しみの売店コーナー。
が、しかし…こけみんは運転疲れで愉しむ余裕はありませんでした。
もう少し体力があれば良いのにと思いつつ、よたよたと品を物色します。

おお、ばら売りで美味しそうな品を見付けました。
餅入り最中だって。

convert_20131114200924.jpg

香ばしい最中の皮の中は、求肥と餡子がぎっしり。
柔らかでもっちりとした求肥の歯ごたえがとても美味しい。
一六タルトで有名な一六本舗の商品。

ところで一六本舗といえば、道後温泉本館の近くでバリィさんのたまごボーロなるものを購入しました。
どーん。

convert_20131114203836.jpg

みかんの味がするのかと思ったのですが、みかんたまご使用とのことでした…。
こけみんたら粗忽者。
味は、濃厚。
たっぷりぎっしり卵を使っているな、っていうそういう感じです。

他に、坊ちゃん団子を買いました。

convert_20131107181550.jpg

王道です。
そしてこけみんの大好物です。

convert_20131107181713.jpg

まあるい団子っていうのはどうしてあんなに美味しそうに見え、実際美味しいのでしょうか。
団子で不味いっていうのは聞いた事がありません。

あの丸い形。
人は其れに安心感を抱くのでしょうか。
肥満誘惑罪だと思います。

今治市 道の駅しまなみの駅御島

愛媛県今治市の大三島にあります、道の駅、しまなみの駅御島でございます。
大山祇神社に隣接しておりますので、お参りの折には、こちらの駐車場へ停めさせていただくのが良いかと思われます。

レンタサイクルセンターがあり、シャワー室等もあるようです。
自転車で旅をしている方にとっては休憩場所にぴったりでしょう。

施設にはお食事処はありませんが、特産品売り場は充実しておりました。
柑橘類を中心にした豊富な品揃えで楽しめます。

convert_20131113193937.jpg

どれにしようかな。
こうして迷っている時間がとても楽しいですよね。
結局二つの品を購入いたしました。

先ず一つ目が、しまなみタルト、いよかんあん。
ポン、というのが何処につくのか少し分かりませんが…。

convert_20131113193746.jpg

餡の中には、細かく刻まれたいよかんの皮が入っています。
小さな皮を噛むと、ふわりと風味が広がります。
ほんのり蜜柑の風味が乗る餡は美味でした。
売り場には他にレモン等、色々な餡のバリエーションがありました。

そして次は、わらびもち。

convert_20131102222340.jpg

中にはパウチされたわらびもちが入っておりました。
わらびもちには仄かな蜜柑の香りと風味が閉じ込められています。
大豆の香りたっぷりの黄粉を塗して召し上がれ。

今治市 大山祇神社と宝物館・海事博物館(葉山丸記念館)

愛媛県今治市の大三島にございます、大山祇神社へ参拝させていただきました。
日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つというこの神社、しまなみ海道を走る際は是非立ち寄っていただきたい場所です。

convert_20131111205845.jpg

鳥居と山門を潜れば、清浄な空気に包まれた境内へと入ります。
掃き清められている塵一つ無き地。
何と心地良い場所なのでしょうか。

境内では大きな楠に気付くはずです。

convert_20131111210208.jpg

立派な楠です。
看板には下記のような説明書がされておりました。
--------------------
乎千命御手植の楠(天然記念物)
御島(大三島)に祖神大山積大神を祭った乎千命の御手植楠(樹齢2600年)と伝えられ古来御神木として崇められている。
--------------------
神々の時代からこの地を見守っているのですね。
私達が知らないだけで、木々達はもっとアクティブなのかもしれません。
意志を持ち、思考し、地下水脈のネットワークで繋がり、人よりもずっとずっと物事を知っているのかもしれませんね。

そして朽ち果てようとしている楠を発見。

convert_20131111210326.jpg

看板にはこう書いてありました。
--------------------
河野通有兜掛の楠
弘安四年蒙古来襲に当り通有は当社に参詣祈願し、三島水軍を率いて筑前に進発し当神社の神使白鷺の導により勝利を得る。其の出陣の際兜を掛けたと伝う。
--------------------
こういった言い伝えは何処までが真実なのかは判別がつきませんが、其れに関するような何かがあったのでしょう。

もう一つ、楠。

convert_20131111210019.jpg

看板には、
--------------------
能因法師 雨乞の楠(天然記念物)
日本最古の楠(樹齢3000年)で後冷泉天皇の御代(900年前)伊予国守藤原範国は能因法師を使者として祈雨の為参拝させた。
其の時「天の川苗代水にせきくだせ天降ります神ならば神」と詠じ幣帛に書付け祈請したところ伊予国中に三日三夜雨が降った(金葉和歌集)と伝えられている。
--------------------
とあります。
雨が降ったのは事実でしょう、しかし其れはたまたま、偶然、が重なったのでしょう。
しかし当時にしてれみれば、祈願成就に違いなかったのでしょうね。

そして漸く参拝です。

convert_20131111210244.jpg

二礼二拍手一礼の作法で祈らせていただきました。
それにしてもこんな由緒正しき神社がこの島にあるなんて全く知りませんでした。
もっと勉強すべきですね。

神社に隣接するように宝物館と博物館があります。
先ずは宝物館へ。

convert_20131111210447.jpg

建物は三階建、渡り廊下で別館のような建物が一つ。
国宝・重要文化財の指定を受けた武具類が多数収蔵、展示されています。
立派な刀、甲冑等、見応えのある武具は、圧巻としか言いようがありません。
興味の無い方も是非見ておくことをお勧めします。

次に博物館。

convert_20131111210753.jpg

此処は違った意味で見所満載です。
昭和天皇の海洋生物研究のための御採取船「葉山丸」を永久保存するために建設されたもの、らしいですが。
入ると確かに、大きな船を中心に据えた二階建ての構造となっております。
展示品もなるほど、海洋に関するものばかり。

……と思っていたら、ハチの巣やら動物のはく製やら余り関係の無い展示品も多く、突っ込み所満載の博物館です。
そして最大の謎。
入って右手、一階の展示品の中に…どう見ても宇宙人の干物だろう、っていうものが陳列されております。
全長三十センチ程度。
宇宙人グレイのような形状のモノが飾られています。
深海の生物とか何か書いていましたが、どう見ても宇宙人です。
行った方、どうかあれの本当の正体を教えてください。

岡山市 岡山城

岡山県岡山市にあります、岡山城でございます。
別名に烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)とも呼ばれています。
黒漆塗の外観のため、烏を連想するためだと言われております。

岡山駅からは徒歩30分弱ですので、バス、路面電車を利用されると良いかと思われます。
後楽園からは橋を渡って直ぐの位置あります。
写真は、後楽園の南出口からの風景。

convert_20131109105710.jpg

貸ボートに乗って川で遊ぶ事も出来ます。

そして橋から見た岡山城。
秋空に映える烏城の美しさ。

convert_20131109105757.jpg

雪が積もればまた違った趣がありそうですが、この地域は滅多と雪は降りません。
晴れの国岡山、とも言いまして、降水量自体少ないのです。

convert_20131109105904.jpg

橋を渡り、廊下門を経由して不明門から入ります。

convert_20131109110007.jpg

ボランティアの方々が沢山いらっしゃいます。
歴史など、詳しく知りたい方は声を掛けていただくと良いのでは。

本段から見た烏城。
石垣が見えていない分、直接にょきっと飛び出たようなそんな姿に見えちゃいます。

convert_20131109110039.jpg

間近の天守閣。
昭和の時代に再建されたとのこと。
鉄筋コンクリート、内部にはエレベータも設置されております。

convert_20131109110349.jpg

丁度秋季特別展をしていたものですから、通常300円のところ、800円の入場料となっておりました。
少し高い。
今回は、「江戸の遊び心―からくり、寄せ絵、遊戯具から―」でした。
昨日までの開催期間だったようです。

天守閣は六階建てになっており、地階から四階まではエレベータで行き来できます。
五階、六階へは階段を使わなければなりません。

convert_20131109110146.jpg

此処が最上階。
岡山の街が一望出来ます。
お殿様もこうやって見下ろしたのかしら。

convert_20131109110123.jpg

金の鯱を発見。
反っております。

景色を堪能した後は階下へ。
特別展を鑑賞した後、無料着付け体験が出来るコーナーを発見。
思わず足が止まりましたが、年齢的にアレですので、諦めました。

地階には、備前焼体験、御土産物屋、喫茶店があります。
岡山ではパフェを推しているようで、此処でもお城パフェを前面に出しているようです。
心惹かれましたが、此れ以上太ってはいかんとのことで、断腸の思いで誘惑を振り切りました。

convert_20131109110216.jpg

しかしどんなパフェなんだろう、お城パフェ…。
帰宅後も気になって仕方ありませんでした。
次は食べるしかない。
そう、心に決めたのでありました。

最後に。
後楽園南口から橋へと向かう途中、店の屋根の上で寛ぐ猫を発見して写真をぱちり。

convert_20131109110303.jpg

分かります?
ほら、緑の屋根の上。

convert_20131111062330.png

にゃあにゃあ。

備前市 キウイズカフェ (KIWI's cafe)

今回は岡山県備前市にありますキウイズカフェ (KIWI's cafe)に御邪魔いたしました。
海の直ぐ近くにあるカフェでして、間近に瀬戸内海が迫ります。

convert_20131109111107.jpg

階段を上がると、ボードがありました。
ランチタイムを過ぎていますが、まだ大丈夫かな。

ツナとみず菜の和風パスタが美味しそう。

convert_20131109111029.jpg

お店に入りますと、南国の音楽がゆったりと流れています。

convert_20131109111007.jpg

海が見える窓辺に座りましょう。

convert_20131109110936.jpg

カウンタ席に座りますと、窓の外には美しい海。

convert_20131109110709.jpg

ランチはまだ可能でしょうかと尋ねましたら、大丈夫とのこと。
ちょっとお安いミニサイズも選べるらしく、こけみんは太っておりますので、ミニサイズをお願いいたしました。

テーブルの上には双眼鏡が置いてありました。
待ち時間の間に海を眺めてみましょうか。

そして程無くしてプレートが到着。

convert_20131109110748.jpg

窓から見える風景が一層お料理の味を美味しくしてくれます。

お食事の後は、ミニデザート。
美味しく頂戴いたしました。

convert_20131109110840.jpg

雰囲気の良いカフェです。
気を抜くと何時間も居座ってしまいそうになります。
流石人気店、納得でございます。

岡山市 後楽園

先日とっても良い御天気でしたので、岡山県岡山市にあります後楽園へ行ってきましたよ。
平日でしたので人は少ないかと思いましたが、駐車場には観光バスがたくさん停まっておりました。
普通車は河川敷に駐車スペースがあるようです。
1時間100円とのことなので、岡山城の駐車場よりも安めの設定でございます。
ということで、こけみん車を河川敷に停めまして、いざ。

団体客が多い。
しかもシニア世代。
なんて思いながら、窓口へ。
観光案内サイトで見付けた割引チケットを提示し、400円を320円に負けて貰い、中へと入ります。

convert_20131109104704.jpg

日本三大庭園の一つと言われている、後楽園。
綺麗です。
お手入れも行き届いています。
広がる芝生、池、美しく配置された建物。
いずれも素晴らしく目を引きます。

余りの心地良さに、暫く、ぼう、と佇みます。

……。
……。
……。

あ、いかん。
ハッと意識を戻して散策開始でございます。

convert_20131109102736.jpg

延養亭から能舞台・栄唱の間へと向かいます。
おや、今日は結婚式があるのですね。
幸せな事は良い事です。
あやかりたいものです。

近くに蓮の池がありました。
時期的に枯れておりましたが、水を湛えて花咲く様はきっと美しいでしょうね。

convert_20131109102827.jpg

それにしても気持ちの良い御庭です。
丁度良い広さの敷地面積、急ぐ事無く自分のペースで散策が楽しめます。

convert_20131109102925.jpg

今日は子供達もいました。
どうやら課外学習中の様子。

園内にはお茶屋さんもあります。
縁台に腰を下ろして御茶を楽しみながら御庭を愛でる事が出来ます。
因みに此処はさざなみ茶屋。

convert_20131109103037.jpg

お茶屋さんの近くに、唯心山というお山があります。
マダム達に塗れながら登りますと、素晴らしい眺望が視界に飛び込みます。

convert_20131109103126.jpg

やっほーーー。
と叫びたいのを我慢して、周囲を見渡すと、おや。

田んぼがありました。
向こうには茶畑もあります。
梅林もあるようで、関連の品をお茶屋さんで食べる事が出来るようです。

convert_20131109103207.jpg

菖蒲の御庭もあるので、時期になるととても美しいかと思います。

convert_20131109103408.jpg

とん、とん、とん。
池に落ちないように気を付けて渡りましょう。

convert_20131109103450.jpg

そしてこけみんお気に入りの場所を見付けました。
流店、という建物。

convert_20131109103309.jpg

水に包まれた造りです。
建物の中央に水が流れています。

convert_20131109103602.jpg

二階もあるようです。
写真の左上に穴が見えますでしょうか。
階段を下ろす事が出来るようです。

convert_20131109103725.jpg

いいなあ。
後楽園、こけみんの御庭にしたいなあ。
ここにずっといたいなあ。

………。
………。
………。

またもや長い時間のんびりとしてしまいました。
今日中に戻る事が出来るかしら。

convert_20131109103829.jpg

奥の方へと足を進めると、水が落ちる音が。
小さな滝がありました。
其の先には湖が。
鴨の群がのんびりと泳いでいました。

convert_20131109103947.jpg

茶畑です。
凄いなあ、こんなのも作っているんだ。
お手入れ、大変でしょうね。
新茶を飲んでみたい。

convert_20131109104241.jpg

と、そろそろ咽喉が乾いてきました。
休憩しましょう。
お茶屋さんが見えてきました。
福田茶屋です。

convert_20131109104146.jpg

綺麗ですね。
左上には岡山城も見えます。

抹茶を頼みました。
餡入りきびだんごも付けてくれます。

convert_20131109104031.jpg

至福の時間です。

convert_20131109104330.jpg

ゆっくり休んだ後は、再び散策へ。
異国の方もいらっしゃっていました。

convert_20131109104444.jpg

若い頃とはまた違い、年を取ってからの散策は色々と心に響くものがありますね。

お茶屋さんの近くに祠がありましたので其方に赴きました。
……。
あれ、何かぶら下がってる。

convert_20131109104534.jpg

目を凝らしてみますと、蓑虫でございました。
右上に見えますでしょうか。
ぶらーーん。

池の傍では鯉に餌もあげる事が出来ます。

convert_20131109104614.jpg

見所が尽きない御庭です。
結局数時間、一人で愉しんでしまいました。
周囲は岡山の市街地、都会です。
そんな真っ只中にこんな素敵な庭園。

人間関係に疲れた折、ちょっとした自然を楽しみたい時、ぼんやりと過ごしたい時に最適です。
岡山駅からバスが便利。徒歩なら30分程度。
路面電車も走っておりますので、利用するのも良いでしょう。

四季折々、雨の日、晴れた日、日々違った姿を見せてくれる庭園です。
是非とも。

今治市 大漁とせとうち茶屋

先日愛媛県今治市の大三島へ赴いた折、お昼ご飯に悩みました。
大漁っていうお店が有名とのこと。
なんでも海鮮丼が380円とか、激安なんです。
だがしかし、とっても混み合うらしく、待ち時間が半端無いとのこと。
よし、偵察して駄目だったら他の所に行こう。
そういう予定を立てまして、お店に赴いた結果が、これ。

convert_20131108195402.jpg

道路まではみ出てるじゃん!

ということで、あっさり諦めまして、近くにあるせとうち茶屋さんに御邪魔いたしましたよ。

convert_20131108195024.jpg

こちらのお店は、観光客のためのお店といって良いでしょう。
バスが何台も駐車出来る駐車場、充実した御土産物屋さん、広い食事処。
二階もあるようです。

convert_20131108195139.jpg

お昼の少し前に到着いたしましたので、席は選り取り見取り。

品書きを見ますと、結構お高いお値段設定。
鯛飯御膳を注文いたしましたら、待ち時間無く運んでくれました。
鯛飯は団体客を見込んでいるのでしょうか、恐らくせいろにか何かに入れて準備していたのでしょう。
熱々です。
そして何故かたまねぎのスープ。

convert_20131108195058.jpg

量は腹八分目、せいろの関係でしょうか、御飯の入れ物の底が上がっております。
もう少し安く設定出来るのでは、と思うのですが、人件費、団体客其の他諸々を考えるとこの値段設定なのでしょう。

食事の後は恒例の御土産物漁り。
味見もさせていただきます。ぱく。

convert_20131108195234.jpg

ザ★観光客向け、という施設です。
御土産物選びには困らないでしょう。
お買いもの好きの方には堪らない場所となっております。

坂出市 与島パーキングエリア

香川県坂出市にあります、与島パーキングエリアでございます。
岡山県と香川県を繋ぐ瀬戸大橋の中央にあり、螺旋状の道路をぐるぐると回って下り、駐車場へ入ります。

convert_20131107192957.jpg

建物の屋上には展望台もあるようです。
が、まずはお買いもの、と。

convert_20131107191918.jpg

さすが休日、多いですねぇ。
どれを買おうかな。

convert_20131107192044.jpg

あ、これこれ。
名物かまど。
美味しいんだよね。

convert_20131107191556.jpg

三個入りなので自分用です。
こういうバラ売りのお菓子って結構需要があると思うのですが。
少しだけ食べてみたいっていう人は案外多いと思いますので、箱売りと一緒にバラ売りも出来ればお願いいたします。

そして展望台へ。
階段を上がって屋上に出ると、素晴らしい眺望が視界に飛び込んできます。

convert_20131107182549.jpg

すごいなあ。
人間って凄いよね、こんな建造物作るなんて。

ずっと、ずーーーーっと先まで橋が伸びています。
橋の下には線路があり、電車が走っているのを見る事が出来ます。

convert_20131107192150.jpg

瀬戸内の海って、点在する島がとても美しい。
島、というよりも、水に浸かってしまって頭だけ出ている状態の山々って方が良いかも。

convert_20131107192252.jpg

本当に日本の景色の美しさは目を瞠るばかり。
まだご覧になってない方々、勿体無いですよ。

赤穂市 周世ふれあい市場14周年感謝祭

先日、兵庫県赤穂市にあります、周世ふれあい市場の14周年感謝祭に行ってまいりましたよ。
少し天候が悪かったのですが、入れ代わり立ち代わりたくさんの人がいらっしゃっていました。

convert_20131106175440.jpg

周世ふれあい市場は日曜日と木曜日の8時から16時まで開いているそうです。
なぜ木曜日なのかな、と思いましたら市内循環バス「ゆらのすけ」が木曜日運行となっているからなのです(多分)。
有年からバスに乗って、モーニングにいらっしゃる人もおられるそうです。
また、お弁当も作ってくれるそうで、お安い値段で配達もされていると聞きます。
地域密着型なのですね。

ということで、無料のお餅をいただきにまいりました。
ありがたやありがたや。

convert_20131106175609.jpg

ほかほかのお餅おいしそう。
早く食べたい…。

中もちょっと覗いてみましょう。
奥には狭いながらも座敷がある様子。
ここで歓談なさっているのでしょう。

convert_20131106175702.jpg

どのようなお弁当を用意してくれるのでしょうか…。
喫茶はどんなメニューなんでしょうか。
とっても気になります。

結局この日は申し訳無くも、お餅だけいただいて帰宅いたしました。
車に揺られてお餅が少しうねってます。

convert_20131106175525.jpg

きなことあんこのお餅。
とっても美味しかったです。
有難うございました。

赤穂市 パティスリー プリエール(PRIERE)

はっぴーはろうぃいいいん!!

あれ、遅過ぎましたか。
てなことで、先日お菓子をいただいたのであります。

兵庫県赤穂市にあります素敵な洋菓子店、プリエール製でございますよ。

convert_20131105195428.jpg

中身を開けるのが愉しみですね。
何が入っているのかな。

おお。
美味しそうな焼き菓子達。
どれから食べようかしら。
迷っちゃう。

convert_20131105195606.jpg

塩クッキーからいただきましょうか。
ほほう、和三盆と塩の組み合わs………、うまっ。

なになに、ふるさとマドレーヌ?
地産のものを使って…おお、優しい味だ…。

フィナンシェも王道で美味しい。
クッキーはシナモン風味が美味しい。

で、結局、一気に食べてしまいました。
こけみんは大満足いたしました。

松山市 つかさビューホテル

愛媛県松山市の道後温泉に赴いた折、つかさビューホテルさんに宿泊させていただきました。
お安いお値段なのですが、お食事も豪華。
広いお部屋、清潔な大浴場。
とても良い時間を過ごせるホテルでございます。

道後温泉本館から700m程の徒歩圏内ですが、ホテルは高台にございまして、戻りの坂が少々きついかと思われます。
夜はマイクロバスを走らせてくれますのでご利用いただけると良いかと思われます。

convert_20131104081943.jpg

宿泊させていただいたお部屋は広く、夜景が見えるお部屋でございました。

convert_20131104082337.jpg

チェックイン時には仲居さん頭(多分。女将さん風格)にお部屋までご案内いただき、美味しい御茶を淹れていただきました。
梅のお菓子(食べちゃった)、御煎餅、タルトをいただき、まったり。

convert_20131102222252.jpg

タルトが美味しかったものですから、売店で購入いたしましたよ。
どーん、

convert_20131102222152.jpg

売店では他に、焼き菓子を。
どーん、

convert_20131102222221.jpg

だけれど、この焼き菓子はちょっと失敗。
だって爪楊枝が刺さっているのですもの。
危ないです。

convert_20131104092615.jpg

ほら、ここここ ↑↑

で、これが夕食。
お部屋食でした。
わざわざ仲居さん頭(多分)がセッティングしてくれるのです。
とても手際良いし、道後温泉の情報もよくご存じで、出来る女性でございました。

convert_20131104082121.jpg

とても美味しかったのですがお腹いっぱいで食べ切れず、残してしまったのが心残り。
お風呂に入り、敷いて貰った御布団にばったり。
ぐっすり眠る事が出来ました。

朝はバイキング。
とても幸せな時間を過ごさせていただきました。
有難うございました。

尾道市 大浜パーキングエリア(下り線)

先日、しまなみ海道に行ってきました。
そして景色が良いと聞いていました、広島県尾道市にあります大浜パーキングエリア(下り線)へ寄り道をいたしましたよ。

convert_20131103174000.jpg

施設はこじんまりとした売店とフードコート。
看板を見ますと、ここから400m程度歩くと展望台に行けるそうです。
ふむふむ。
折角なので歩いてみましょう。

のんびりと高速道路沿いの小道を10分程歩きますと、確かに展望広場がございました。
が、木が生い茂って余り展望は宜しくない。
だけれど、綺麗な橋は見えましたよ。

convert_20131103174105.jpg

よくよく見ますと、自転車道路なるものが下方にございました。
しまなみ海道をサイクリングなさっている御仁は多いようですね。

convert_20131103173851.jpg

橋は結構アップダウンがあるものですから、疲れるのではないでしょうか。
お若い内ですよ、貴方様も、チャレンジ、チャレンジ。

そしてパーキングエリアに戻り、売店探索。
ほほう、狭い店舗ながら美味しそうなものが沢山ありますね。

convert_20131103173658.jpg

この辺りは柑橘類が名産とのことで、先ずはれもんケーキ。(158円)
ほんのりとしたレモン風味のカステラの上にホワイトチョコが掛かっております。

次に、はっさくパン。(300円)
二個入りです。

convert_20131102222319.jpg

外は柑橘風味のメロンパンのような生地。
中にちょっぴり本物のはっさくが挟まっています。

サービスエリア、パーキングエリア及び道の駅はこういったご当地の食べ物が沢山あるので、大好きなのでございます。

今治市 おみやげナガノ

実に惜しい事をしました。
先日、愛媛県今治市、大三島にありますみやげナガノさんに赴いたのですが、失敗しました。

みかん、十個入って、100円。
(13.10.26現在)

convert_20131102222403.jpg

小粒ながら皮も柔らかく、とっても甘くてジューシー。
凄く美味しかった。

何故もっと買わなかったんだろう。
惜しい事をした…。
10ネットくらい、買えば良かった…。

松山市 道後温泉

先日、愛媛県松山市にあります、道後温泉へと行ってまいりましたよ。
道後温泉といえば、日本三古湯の一つ。
そして夏目漱石の「坊ちゃん」でも有名でございます。

道後温泉には旅館やホテルが立ち並んでおり、その中心には道後温泉本館という千と千尋の神隠しにでも出て来たような建物があります。
本館は土産物屋等に囲まれてとても賑やかです。

convert_20131102210634.jpg

道後温泉本館は銭湯と休憩所が一つになった建物です。
宿泊は出来ません。
今回は入浴しませんでしたが、以前入った折には、ぎゅうぎゅうでまるで芋の子を洗うような感じでございました。
狭かったので、ゆったりと湯船に浸かり、疲れを癒す場所には非ず、です。
昭和の懐かしい銭湯に大勢の客が入り乱れている画を想像していただけると良いかと思われます。

convert_20131102210124.jpg

料金は四段階ございまして、多く金額を出しますと特典が付いてございます。
一番安価な金額は400円。
最上級になりますと、1,500円。

convert_20131102210316.jpg

何が違うのかと申しますと、休憩所が使えるという事と、お風呂がグレードアップするということでしょうか。
建物の二階と三階が休憩所となっており、一番お高いコースは、三階の個室が使え、更にお菓子の接待付きです。

convert_20131102205911.jpg

よくよく見ますと、休憩中でしょうか。
浴衣姿の殿方がいらっしゃいますね。
浴衣も貸し出ししてくれますので、風情を愉しめるかと思いますが。
ただ、時間制限がありますので中々ゆっくりは出来ないかと思われます。