今治市 道の駅多々羅しまなみ公園

こけみんは道の駅が大好きです。
遠出した際には出来る限り道の駅に寄っております。
ということで、今回は愛媛県今治市大三島にあります多々羅しまなみ公園でございます。

convert_20131115144703.jpg

大三島ICを降りて直ぐにあり、海の傍という絶好のロケーション。
階段を降りれば、柵越しに海が見え、橋も間近に見る事が出来ます。

convert_20131115145443.jpg

かーん。かーん。
何処かで鐘が…どうやら幸せの鐘というものがあるらしく、かぽーが鳴らしている模様。
きっと楽しいのでしょう、うきうきしているのでしょう。
幸せっていいですね。

むむ。
なんぞ、あれは。

convert_20131115145718.jpg

左隅の真ん中辺りに注目。
何故か自衛隊のヘリコプターが飾られています。

convert_20131116081943.jpg

なんなのでしょう。
疑問がふつふつとわきましたが、一秒もすれば忘れてしまいました。
年を取るっていうのは便利でよろしい。

そして恒例の土産物漁り。
此処では塩バターのどら焼きを購入。

convert_20131115145521.jpg

ふんわり生地に挟まれた餡と塩バタークリームが絶妙にマッチ。
大三島には伯方の塩工場があるらしく、其れを使用しているようです。
塩が入ると、味に締まりが出てすっきりと味わえますよね。
スポンサーサイト

西条市 石鎚山サービスエリア(上り線)

愛媛県西条市にあります、石鎚山サービスエリア(上り線)でございますよ。
松山から坂出まで高速道路を走った際、休憩と昼食を兼ねて此方に寄らせていただきました。

綺麗な青空です。
建物の窓には、何気にバリィさんが貼られています。

convert_20131114200818.jpg

売店も気になりますが、先ずは腹ごしらえ。
ということで、フードコートへ直行。
食券なのですが、ここには三社入っているようで、それぞれ券売機が違います。
慣れないうちは、目的の券売機へ向かうのに少し戸惑います。

convert_20131114200728.jpg

こけみんは悩んだ末、せんざんき定食を頼みました。
せんざんきって何でしょう…。
見た目は鶏の唐揚げです。
味も鶏の唐揚げです。

convert_20131114200755.jpg

普通に美味しかったです。
ですが、せんざんきって何だったのかが最後まで謎でした。

腹が満ちれば次は物欲です。

convert_20131114200702.jpg

お楽しみの売店コーナー。
が、しかし…こけみんは運転疲れで愉しむ余裕はありませんでした。
もう少し体力があれば良いのにと思いつつ、よたよたと品を物色します。

おお、ばら売りで美味しそうな品を見付けました。
餅入り最中だって。

convert_20131114200924.jpg

香ばしい最中の皮の中は、求肥と餡子がぎっしり。
柔らかでもっちりとした求肥の歯ごたえがとても美味しい。
一六タルトで有名な一六本舗の商品。

ところで一六本舗といえば、道後温泉本館の近くでバリィさんのたまごボーロなるものを購入しました。
どーん。

convert_20131114203836.jpg

みかんの味がするのかと思ったのですが、みかんたまご使用とのことでした…。
こけみんたら粗忽者。
味は、濃厚。
たっぷりぎっしり卵を使っているな、っていうそういう感じです。

他に、坊ちゃん団子を買いました。

convert_20131107181550.jpg

王道です。
そしてこけみんの大好物です。

convert_20131107181713.jpg

まあるい団子っていうのはどうしてあんなに美味しそうに見え、実際美味しいのでしょうか。
団子で不味いっていうのは聞いた事がありません。

あの丸い形。
人は其れに安心感を抱くのでしょうか。
肥満誘惑罪だと思います。

今治市 道の駅しまなみの駅御島

愛媛県今治市の大三島にあります、道の駅、しまなみの駅御島でございます。
大山祇神社に隣接しておりますので、お参りの折には、こちらの駐車場へ停めさせていただくのが良いかと思われます。

レンタサイクルセンターがあり、シャワー室等もあるようです。
自転車で旅をしている方にとっては休憩場所にぴったりでしょう。

施設にはお食事処はありませんが、特産品売り場は充実しておりました。
柑橘類を中心にした豊富な品揃えで楽しめます。

convert_20131113193937.jpg

どれにしようかな。
こうして迷っている時間がとても楽しいですよね。
結局二つの品を購入いたしました。

先ず一つ目が、しまなみタルト、いよかんあん。
ポン、というのが何処につくのか少し分かりませんが…。

convert_20131113193746.jpg

餡の中には、細かく刻まれたいよかんの皮が入っています。
小さな皮を噛むと、ふわりと風味が広がります。
ほんのり蜜柑の風味が乗る餡は美味でした。
売り場には他にレモン等、色々な餡のバリエーションがありました。

そして次は、わらびもち。

convert_20131102222340.jpg

中にはパウチされたわらびもちが入っておりました。
わらびもちには仄かな蜜柑の香りと風味が閉じ込められています。
大豆の香りたっぷりの黄粉を塗して召し上がれ。

今治市 大山祇神社と宝物館・海事博物館(葉山丸記念館)

愛媛県今治市の大三島にございます、大山祇神社へ参拝させていただきました。
日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つというこの神社、しまなみ海道を走る際は是非立ち寄っていただきたい場所です。

convert_20131111205845.jpg

鳥居と山門を潜れば、清浄な空気に包まれた境内へと入ります。
掃き清められている塵一つ無き地。
何と心地良い場所なのでしょうか。

境内では大きな楠に気付くはずです。

convert_20131111210208.jpg

立派な楠です。
看板には下記のような説明書がされておりました。
--------------------
乎千命御手植の楠(天然記念物)
御島(大三島)に祖神大山積大神を祭った乎千命の御手植楠(樹齢2600年)と伝えられ古来御神木として崇められている。
--------------------
神々の時代からこの地を見守っているのですね。
私達が知らないだけで、木々達はもっとアクティブなのかもしれません。
意志を持ち、思考し、地下水脈のネットワークで繋がり、人よりもずっとずっと物事を知っているのかもしれませんね。

そして朽ち果てようとしている楠を発見。

convert_20131111210326.jpg

看板にはこう書いてありました。
--------------------
河野通有兜掛の楠
弘安四年蒙古来襲に当り通有は当社に参詣祈願し、三島水軍を率いて筑前に進発し当神社の神使白鷺の導により勝利を得る。其の出陣の際兜を掛けたと伝う。
--------------------
こういった言い伝えは何処までが真実なのかは判別がつきませんが、其れに関するような何かがあったのでしょう。

もう一つ、楠。

convert_20131111210019.jpg

看板には、
--------------------
能因法師 雨乞の楠(天然記念物)
日本最古の楠(樹齢3000年)で後冷泉天皇の御代(900年前)伊予国守藤原範国は能因法師を使者として祈雨の為参拝させた。
其の時「天の川苗代水にせきくだせ天降ります神ならば神」と詠じ幣帛に書付け祈請したところ伊予国中に三日三夜雨が降った(金葉和歌集)と伝えられている。
--------------------
とあります。
雨が降ったのは事実でしょう、しかし其れはたまたま、偶然、が重なったのでしょう。
しかし当時にしてれみれば、祈願成就に違いなかったのでしょうね。

そして漸く参拝です。

convert_20131111210244.jpg

二礼二拍手一礼の作法で祈らせていただきました。
それにしてもこんな由緒正しき神社がこの島にあるなんて全く知りませんでした。
もっと勉強すべきですね。

神社に隣接するように宝物館と博物館があります。
先ずは宝物館へ。

convert_20131111210447.jpg

建物は三階建、渡り廊下で別館のような建物が一つ。
国宝・重要文化財の指定を受けた武具類が多数収蔵、展示されています。
立派な刀、甲冑等、見応えのある武具は、圧巻としか言いようがありません。
興味の無い方も是非見ておくことをお勧めします。

次に博物館。

convert_20131111210753.jpg

此処は違った意味で見所満載です。
昭和天皇の海洋生物研究のための御採取船「葉山丸」を永久保存するために建設されたもの、らしいですが。
入ると確かに、大きな船を中心に据えた二階建ての構造となっております。
展示品もなるほど、海洋に関するものばかり。

……と思っていたら、ハチの巣やら動物のはく製やら余り関係の無い展示品も多く、突っ込み所満載の博物館です。
そして最大の謎。
入って右手、一階の展示品の中に…どう見ても宇宙人の干物だろう、っていうものが陳列されております。
全長三十センチ程度。
宇宙人グレイのような形状のモノが飾られています。
深海の生物とか何か書いていましたが、どう見ても宇宙人です。
行った方、どうかあれの本当の正体を教えてください。

今治市 大漁とせとうち茶屋

先日愛媛県今治市の大三島へ赴いた折、お昼ご飯に悩みました。
大漁っていうお店が有名とのこと。
なんでも海鮮丼が380円とか、激安なんです。
だがしかし、とっても混み合うらしく、待ち時間が半端無いとのこと。
よし、偵察して駄目だったら他の所に行こう。
そういう予定を立てまして、お店に赴いた結果が、これ。

convert_20131108195402.jpg

道路まではみ出てるじゃん!

ということで、あっさり諦めまして、近くにあるせとうち茶屋さんに御邪魔いたしましたよ。

convert_20131108195024.jpg

こちらのお店は、観光客のためのお店といって良いでしょう。
バスが何台も駐車出来る駐車場、充実した御土産物屋さん、広い食事処。
二階もあるようです。

convert_20131108195139.jpg

お昼の少し前に到着いたしましたので、席は選り取り見取り。

品書きを見ますと、結構お高いお値段設定。
鯛飯御膳を注文いたしましたら、待ち時間無く運んでくれました。
鯛飯は団体客を見込んでいるのでしょうか、恐らくせいろにか何かに入れて準備していたのでしょう。
熱々です。
そして何故かたまねぎのスープ。

convert_20131108195058.jpg

量は腹八分目、せいろの関係でしょうか、御飯の入れ物の底が上がっております。
もう少し安く設定出来るのでは、と思うのですが、人件費、団体客其の他諸々を考えるとこの値段設定なのでしょう。

食事の後は恒例の御土産物漁り。
味見もさせていただきます。ぱく。

convert_20131108195234.jpg

ザ★観光客向け、という施設です。
御土産物選びには困らないでしょう。
お買いもの好きの方には堪らない場所となっております。