和気町 岡山県自然保護センター

先日、岡山県和気郡和気町にあります、岡山県自然保護センターへ行ってきましたよ。
岡山県自然保護センターのホームページには、
「自然保護センターは、自然との触れ合いを通じて、県民の自然への理解を深め、自然の保護についての認識を高めるため、平成3年11月に和気町(旧佐伯町)にオープンした自然体験のできるフィールドを有した自然保護・学習施設であり、自然保護に関する指導者の養成研修、調査研究、情報の収集・提供、ボランティアの養成、関連施設とのネットワークづくり等の機能を併せもった施設です。」
とあります。
訪れる人はそんなにいないのでは…と思いながら駐車場に入ったら、まさかの満車状態で驚いてしまいました。
何とか車を置いて、駐車場からセンターへと向かいます。

初っ端、階段の洗礼が…。

convert_20170611175845.jpg 
ひいひいと息を切らしながら何とか昇り終えました。

池に沿って歩道を進みます。

convert_20170611175859.jpg 
すれ違う方々は殆どがシニアの方でした。
ベンチでお弁当を広げている方もいらっしゃいました。

convert_20170611175908.jpg 
皆さま、お元気ですねぇ。

タンチョウ飼育数日本一を誇る岡山県自然保護センターで、6月6日の夕方、タンチョウのヒナが一羽、誕生したそうです。

convert_20170611175926.jpg 
駐車場から1キロ以上歩き、ようやくタンチョウ棟に到着。
たくさんのカメラマンが集う中、こけみんもスマホを翳します。

convert_20170611175956.jpg 
茶色のちっこいのがヒナです。
親にエサを貰って食べたりしていましたよ。
あの小さいヒナが親鳥のような美しいタンチョウになるんですね。
なんだかすごいなあ。

タンチョウ棟は広々としており、たくさんのタンチョウがのびのび暮らしていました。

convert_20170611180029.jpg 
こけみんの部屋より広いです。

タンチョウの赤ちゃんを堪能した後は、センター棟へ行ってみました。

convert_20170611180048.jpg 
自然について学べるようになっています。
小さなお子さんが熱心に映像を見ていました。

自然保護センターの敷地面積は約100haもあるそうです。
昆虫の森や湿性植物園、野草園等もあるようです。
全部堪能しようと思うと1日かかりますね。

駐車場への帰り道、池のほとりでタンチョウらしき姿を発見。

convert_20170611180105.jpg 
放し飼いにされているのかな??
優美な姿でした。

最近思うのですが、シニアの方々の体力はすごいと思います。
こけみんボロ負け。
スポンサーサイト

赤磐市 天然温泉ツルの湯

先日、岡山県赤磐市にあります 天然温泉ツルの湯へ行ってきましたよ。
県道53号線を走っていますとノボリがありますので、方向音痴なこけみんでも辿り着くことができました。

まずは入口にある券売機で入浴券を購入します。
大人1人700円でした。
受付で券を手渡し、その横にあるロッカーに貴重品を入れてからお風呂へ向かいます。

convert_20170611180227.jpg 
脱衣所にはロッカーはなく、棚のみでした。
時間帯のせいか、先客はお一人だけでした。
小振りな浴槽は一つだけで内湯のみ、お庭はありますが露天風呂はありません。
お湯は薄く白濁していて、少々温めで夏にはちょうどいい感じ。
先客の御婦人は齢八十で、車を運転して来られているとのこと。
この温泉のファンなんですねえ。
御婦人が去った後はお風呂を独り占め。
ざぶざぶ遊んでみたり、ゆらゆら泳いでみたりと満喫しました。
湯上がりはさっぱりした感じで気持ち良かったです。

畳敷きの休憩所があり、テレビを見ながらのんびり寛ぐことができます。
自動販売機や無料のお水はありましたが、食べ物の提供はありませんので、一日過ごすなら何か持参すると良いかもしれません。

年を取ると温泉の良さが身に沁みますね。
気持ちの良いお湯でしたので、また行きたいと思います。

和気町 こっくんおかんの店

先日、岡山県和気郡和気町にありますパン屋さん、こっくんおかんの店へ行ってきましたよ。
周囲には何も無い、自然豊かな場所にあります。
行く道中、この先は行き止まりです、の看板が何度も出るので、本当にお店があるのか心配になりましたが、お店の表示が出てものすごく安心しました。

convert_20170611175610.jpg 
11時の開店に合わせて訪れてみました。

convert_20170611175626.jpg 
一番乗りかと思いましたが、上品そうなお母さまと娘さんが既に開店を待っていらっしゃいました。

convert_20170611175653.jpg 
こけみんが到着したと同時に扉が開きました。

convert_20170611175718.jpg 
お店は3人も入ればいっぱいになる位の広さでした。
開店直後だったためか品数は少な目でしたが、ここぞとばかりに好きなものをたくさん買ってみましたよ。
…しかしながら御婦人の籠を見ると、パンが山盛り積まれており、大人買いとはこういうものだという事を教わりました。
しかも御婦人はお目当てのパンが無く、焼き上がりが一時間後とのことでお庭の席でそれまで待つとおっしゃっていました。
余程のパン好きなのでしょうね。
購入した大量のパンは誰がどのように召し上がるのでしょう。
御婦人も御嬢さんもすらりとしたスタイルなのに…。
食べても太らない体質なのかしら…等といろいろと考えていましたら、こけみんのお会計の番になりました。

よもぎあんぱん。

convert_20170611180313.jpg 
中にはつぶあんがぎっしり。

ダブルチーズとくるみパン。

convert_20170611180332.jpg 
ダブルチーズうまッ!

メロンパン、クロワッサン、あんぱん。

convert_20170611180352.jpg 
全体的にパン生地の香りを強く感じる品々で、どれも美味しくいただきました。
コスパも良かったので、また訪れてみたいと思います。
御馳走様でした。

和気町 岡山和気ヤクルト工場 工場見学

先日、岡山県和気郡和気町にあります、岡山和気ヤクルト工場の工場見学へ行ってきましたよ。
工場見学は予約制になっています。
こけみんは午前の一番早い時間帯に予約を取り、行かせていただきました。

convert_20170611175507.jpg

9時半開始でしたので人は少ないかと思いきや…たくさんの人が来られていて、びっくりしました。 
団体さんも来られていましたよ。

一階エントランスにはヤクルトの歴史が分かる資料が展示されていて、二階にはお子様が遊びながら学べる場所がありました。

convert_20170611175520.jpg 
お馴染みのヤクルトボトル。

こちらが二階の遊び場。

convert_20170611175536.jpg 
工場見学の集合場所もこちらになっています。
全体的な色合いもヤクルト色ですねえ。

convert_20170611175553.jpg 
小さい頃、ヤクルトがぶがぶ飲んだなあ。
1本じゃ足りなくて何本も飲んで、飲み過ぎだと注意された記憶がよみがえります。

そしていよいよ工場見学開始です。
時間は約60分となっています。
まずは講義室のような場所に移動します。
各席にはヤクルトが置かれており、乾杯の音頭と共に工場見学の始まりを祝います。
隣の全く見知らぬジェントルマンとヤクルト乾杯し、試飲させていただきましたよ。
次に映像による商品の説明が行われます。
内容はお子様でも分かるようにアニメ仕立てになっていました。
20分ほど見た後は講義室を出て、少人数のグループに分かれて製造過程を見に行きます。
広い見学専用通路が設置されていますので、とても分かりやすく製造過程を見る事が出来ました。
宿題なのでしょうか、小学生の女の子が熱心にノートをとっていたのが印象的でした。

最後におみやげをいただきましたよ。

convert_20170611180245.jpg 
ミルージュと、オープナー。

convert_20170611180258.jpg 
小さなお子さんにはオープナーの代わりに定規がもらえるみたいです。

ということで、中々楽しめた工場見学でした。
シロタ株の乳酸菌を摂取するため、久々にスーパーでヤクルト製品を買いました。

津山市 つゝや

先日、岡山県津山市にあります和菓子屋さん、つゝやへ行ってきましたよ。
こちらの和菓子屋さんは五大北天まんじゅうで有名なお店です。

convert_20170607190603.jpg 
訪れたのは平日だったのですが、次々とお客様が来る来る来る。
しかも店内、棚を見ると…五大北天まんじゅうしか置いてません。
何個入りかだけが違うようで、商品は全て五大北天まんじゅうのようでした。
潔いですね。
そして皆さん五大北天まんじゅう狙いということですね。

ということで、10個入り550円を購入しました。

convert_20170607190719.jpg

おまんじゅうは平べったく、皮は黒糖生地で、中にこしあんが入っています。
実に食べやすい、懐かしさ溢れる味でした。
気を抜くと何個でも食べてしまう危険性を孕んだ美味しいおまんじゅうです。
御馳走様でした。